12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Apr 27, 2013

AKB48グループ臨時総会 ~白黒つけようじゃないか!~
(HKT48&AKB48単独公演)

AKB48グループ臨時総会~白黒つけようじゃないか!~HKT48 Mobileが勤勉で昼夜ともチケットが取れたから今日は荒ぶるぜ!

でも、まったり昼から行っている場合ではない(`・ω・´) と向かった日本武道館、物販の生写真列の最後尾についたのは7時37分。チケットを提示して受け取った割り込み防止券は500番台前半、ともあれこれで買えなかったら暴れてやるщ(゚Д゚щ) と思うも、8時09分に販売開始→8時36分につつがなくHKT48の生写真をMAX5セット確保してグッズ列に転戦。

頗る捌けのよい生写真列からの観察は怠らなかったけど、種類が多いからしょうがないけれど、どう見ても牛歩だよなあ・・・と恐れていたら杞憂、9時49分に白黒グッズはBIGクロスにグループ衣装キーリング、HKT48グッズについてはマフラータオルとさっしーさくらめるの携帯ストラップと公式ペンライトを2本(白は完売orz)、あとはパンフレットに「おしゃれ総選挙!」「裏ヒストリーファン公式教本」をしなやかに購入。
私が並んだ8時43分時点ではブースの真横だったのに、田安門を抜けて靖国通り沿いの歩道の手前を折り返したところに浮かぶ最後尾札を傍観しながら日本武道館を一旦離脱、たった18,400円のリビドーを神保町駅のコインロッカーに隠匿してから書店街の喫茶店でまったりとモーニング。九段下のコインロッカーは使えないだろうし、駅のそばのロイヤルホストは確か、サブウェイは確実に全席禁煙だしね。そして、

はるっぴさっしーあーにゃみおたすしなもんオリチケさっしーと白黒つけるぜ!

と日本武道館に引き返して胡散臭い挙動→連行、というネタに走ることなくHKT48単独公演のオリジナルチケットと運転免許証と提示して入場。えーと、1階北西F列の○●番は・・・よかった、立ち上がってもモニターが見える!解説を熟読して、うーん・・・と思ってたけど、やっぱ杞憂だったよ!
そして、「やばい、楽しみすぎる」と呟いている隣のJCよろしく胸を高鳴らせて、さっしーの影アナにさらに高まって・・・「overture」でMIXを打って、

やばい、楽しすぎる。

チームBの公式ペンライトと、今日に備えて導入したKING BLADE X10を振り回して序盤から飛ばしたせいで噴き出す汗、パーカーを脱いでいた間のMCを、「それではあとは若い人に任せてw」と早々に引っ込んださっしーは直後の「渚のcherry」で登場、荒ぶるしか!
めるみおの「となりのバナナ」でさらに脳汁を分泌して、北西のせり上がるステージでの「狼とプライド」ではさくらの(自重)、もりぽしなもんなつキャップの「Blue rose」もかっけー!ていうか落ち着け>俺。
だから9曲続いたあとのMCで着席→水分を補給、さっしーが「亜○菜は正統派アイドルじゃない」と吐き捨てたことに爆笑しながら休憩。だからHKT48のオリジナルから再開したライブでも持ち堪えられたよ!

SKE48をやられたら死んでしまいます(AA略

で、タンスを用意して「タンスにゲン」まで演るのかw レスがもらえるほど近くはないけど、前方の外周のステージを、髪と衣装を揺らしてメンバーが駆けるのは最高だ!と11曲を堪能。なつみかんがさっしーに「おい」とメールを送ったとか、らぶたんの「ファンの人に『もう好きじゃないから』って言われて。どうして?って訊いたら『愛してるに変わったから』って」とかのMCも楽しんだあとの48Gメドレーは、SKE48やNMB48の楽曲はともかく乃木坂46まで!はるっぴの「おいでシャンプー」!そう、これは


HKT48にしかできないステージ。


最後がキャップの号泣と「初恋バタフライ」だったことも素晴らしく、「HKT!」「48!」の歓声のあとではじまったアンコール、白黒Tシャツとデニムパンツに着替えたメンバーがステージに現れての1曲目はさくらが歌い出しの「大声ダイヤモンド」。
自分たちの力じゃない。今日のステージは支えてくれたすべて人たちのおかげ。ここからはじまる。
そんな感謝や決意に溢れるMCを経て、ほんとうの最後の曲はもちろん「スキ!スキ!スキップ!」。

ああ、楽しすぎた・・・神公演だった・・・と、みな高まったままであろう人波に身を委ねて清水門から退場、また神保町まで歩いて昼食をとりながら、高まっているのはいいけど喉と右手と右腕をAKB48単独公演までに癒やさないと・・・と粛々と休憩→よし、どうにか。じゃあ、はるきゃんと白黒つけるか!

ともちんこじはるぱるるみるきーオリチケと日本武道館に帰還したら、何、この行列。16時30分を回っているのにまだ開場していないのか。まあ今度は通路の脇の席、遅めに入場しようと思っていたので生写真のトレーディングに勤しむ人たちの活況を眺めたり館外のトイレで用を済ませたりしてから、16時45分の開場後の混雑が多少緩和されたあとで、あ、スタッフさんに連行されてる人がいるwとかやりながら入場。えーと、2階北西R列の○●番は、と。

モニターの正面なのはいいけど、うん、ステージのメンバーは豆粒だね。でも、中央ステージでのフォーメーションが俯瞰できるのは悪くないね。とりあえず荒ぶろう。
実際、「AKB参上」「AKBフェスティバル」「AKB48」ではじまったセットリストに会場内は初手から最高潮。チーム毎の演目、「チームB推し」では「超絶かわいい!」と叫ぶしか!

AKB48の単独公演は2008年のリクエストアワー以来という話題、今日の意気込みを語る総監督やゆうこ中心のMCはオカロがいじられたことも楽しく、再開したライブではみるきーゆきりんゆいはんの「口移しのチョコレート」、まゆゆこじまこみきちゃんの「パジャマドライブ」におおっとなったり、「永遠プレッシャー」の歌い出し、ぱるるの生歌にみんなが爆笑したり・・・いやいや、私はそんなことは。
そうして19曲が連続したあとの、じゅりなとみるきーを除く兼任メンバー4人のMCは、AKB48とSKE48が共演するときはきたりえが両方のお弁当を食べるという話題にウケて、これはいい企画だね、と。

翌日への伏線だったとは。

再開したライブの1曲目は「Sugar Rush」、演るだろうと言われていた曲がここで。でもそのあとが誰でも知ってるシングルばかりだったのはどうなんだろう。私は在宅歴が長いからいいけど、楽しいけど!
最後の曲はメンバー全員での「掌が語ること」、本編の幕が閉じてほどなく「AKB!」「48!」のコール。やがてモニター、中央ステージに映し出された映像は


まさか。


いや、まさかじゃなくて、今日という日をよくよく考えてみればそうなんだけど。
はた迷惑すれすれに荒ぶっていた前方のふたり組は曲が始まっても座ったまま、その隣のカップルも何やらひそひそ。歓声もおざなりで、立ってはいてもペンライトを振らない人が少なくなくて。曲調が曲調とは言えるけど、まあ。めーたんやさえの登壇はサプライズとは言えるけど、まあねえ。

だから「enjoy your life」からのアンコールの再開にみな気を取り直すしかなくて、いや、改めてちゃんと楽しんだけれど、きっと地下板にはスレが立って、公演の出来は支店と本店で白黒ついたなwとか揶揄されるんだろうなあ・・・いや、これが48Gなんだから今日は!そう、じゅうぶんに堪能したよ!と、20時45分に日本武道館をあとにしました。

(13/4/29 21:55更新)

Apr 21, 2013

『アリスと蔵六』第1巻発売記念 今井哲也先生サイン会

アリスと蔵六 1 (リュウコミックス)サイン会に参加するのは実に久々、漫画家さんのそれならまさにCOMIC ZINの旧店舗で開催された私屋カヲルさんのとき以来。

整理券が配布された3/30(土)は寝坊をぶっこいたorzけれど無事確保。
ただ整理券番号はあとのほう、17時開始予定の第3部での参加だから出掛ける前の仕込みも万全、さらに秋葉原を徘徊しながらじっくりと、リクエストするイラストのキャラを熟考して。

で、担当編集者さんのTwitterでのサイン会実況によれば第1部では早苗と千佳が多いとか。じゃあヒネらずにヒロインをチョイスして、でも「わざとじゃない!」みたいな蔵六よろしくぶん殴りたくなる表情をリクエストしようかな、と思うもその紗名が盛り返してきたとのこと・・・なら!

そして25分ほど押して始まったサイン会の第3部に、3階でエロ本を眺めて時間を潰してから潜入、「よろしくお願いします」と氏名を記入してアンケートに回答した整理券と、『アリスと蔵六』の第1巻を差し出しながら私がリクエストしたのは『ぼくらのよあけ』の花香。
久々で今井さんが「うーん」と笑っていたから、「あ、単行本持ってきてますよ。でも要らないですよね」とほざいたのはジャブ、そうしたギャグをかまさないと気が済まない性分なので次はサイン会実況に触れた私、イラストのリクエストは女子高生が優勢で「カミングアウトしてくれない」とのツイートがあったから

 「ロリコンなんで(キリッ」

「四季賞PORTABLE」とボケたところ、周囲のスタッフさんたちもウケてくれたよ。よし、じゃあ次は仕込みのこれを!えーと、女子高生のリクエストが多いようなので

 私 「『トラベラー』のサエをお願いしようかとも思ったのですが」
 今井さん 「あ、その頃から・・・」

そう、バッグに忍ばせてきたのはアフタヌーンの2006年4月号の付録、四季大賞を受賞したデビュー作が掲載された「四季賞2005年冬のコンテスト」の冊子。これもスタッフさんたちがウケてくれてよかったよ!
「今日のために発掘しましたw」と私がウザいボケを重ねたのはともかく、冊子に視線を向けながら今井さん曰く「もう10年になるなあ」。なるほど、執筆したのは2004年とのこと。そして『ハックス!』『ぼくらのよあけ』、これからの展開には期待するしかない『アリスと蔵六』に繋がって・・・

河合花香は素晴らしいキャラクターです。そんな話をしながらさらさらと花香を描いてサインを入れて下さった単行本を、「あまり上手く描けなくてすいません」というお言葉とともに、「柏木ばりの神対応」と実況された通りの握手をしながら拝受して、「(来月は不参加でしょうけど)コミティアも楽しみにしています。応援しています!」と最後に言って、サイン会の参加者のために用意されたペーパーをスタッフさんに頂戴して退場、

うん、楽しかった!

だから、そのペーパーに描かれた4ページの漫画、『スポロンポルック電王戦』を読みながらファミレスで飲んだビールがとても美味しかった、夕暮れの日曜日でした。

Apr 14, 2013

サンシャインクリエイション59

サンシャインクリエイション59期末期初の社畜に新刊が用意できようか。(反語(死

で、でも、まどマギオンリーで作った評論本を2年ぶりに再版したよ!サンクリ初売りだよ!と誰かに言い訳をしながら向かった池袋、朝のカフェでまずは胡乱な打ち合わせ。
東方厨のスケブにほむほむを見つけたので説教したり、遅いと思ったら「申込書描き方漫画総集編」を買ってから来るとか→外道な指令を飛ばしたりしてからワールドインポートマートへ。

館外のカタログ販売所でスタンプラリーカードにスタンプを押して、スクールカレンダーを買って潜入したのはA23ホール、御座敷とその周辺の状況を確認してからA1ホールに移動、スペースの準備を

bolze.をめぐるアレな光景

がヲチしやすい配置で嬉しいな☆ミ と気分上々に粛々と。やがてやって来た相方に「初動は君が好きな汁や■リで構いませんがまるちらだけはどうか・・・AKB○○48ですから」とお願いをして、だから開場直前はアレな光景を粛々とヲチ。みんなたいへんだなあ・・・(外道

そんな人だかりはホール奥の業務用通路にほどなくドナドナ、列はその中央の階段を上っているはずの11時に上がった拍手、そしてホールドされたbolze.列。ペーパーのワンコインの頒布がはじまったのは11時02~03分で、「はーい、走らなーい!」というスタッフさんの制止が轟く中を雪崩れ込んで来た一般参加者のうちスペースに直行する人はまばら、みんな初めから階段を目指している風情で、さすが信者は訓練されてるね・・・て、ちょっと待て。なんか違う?

はたして一帯の通路を塞がんとしていたのはしとろんの杜。業務用通路に出る扉を挟んでbolze.の逆隣に配置されたここの人気は凄く、駆け付けたスタッフさんたちが評論島方向に速やかに人を流してパケット移動列を形成。bolze.を確保した人が流れ込んでくるようで列はなかなか縮まらなかったけれど、どうにかなってよかったですね、と。

のほほんと傍観に励む私に相方が届けてくれたまるちらのペーパー、はるきゃん(意訳)の漫画とかなんて俺得とほくほくしていた11時22分に携帯がバイブ、その彼に託した「マップをなくした!」との連絡が。
よくある話、そもそも何も言えようはずがなく、改めてのマッピングに励んでいたら「珍譜堂が完売してたorz」とA1ホールも捌いてくれた相方が、見つかったマップを手に帰還したのは11時41分で

●ね

とツッコむわけもなく売り子を替わってもらって私も巡回に。
託すのが憚れたアレな本等々を買って全巡回をしてスペース戻ったあとは、何故か手元にあるbolze.の紫音さんのアレなペーパーを

 私 「ほーらほーら、嫌だ嫌だ言ってても体は正直だな」
 @++さん・・・・・・ネタにされるから絶対見ない」

とかやって、はい、長い付き合いで私の性格を理解してくださっていて嬉しいです☆ミ とか、「気持ち悪い日記、いつも見てます(^^」と言われたので、ありがとうございます西武ドームお疲れさまですでも大きなお世話ですエビフライじゃなくて劇場盤ぶつけますよ(AA略)とか。私のスペースで声をかけてくれた、そんな見知ったたちには感謝しか・・・なので同人誌を傷めないようプチプチで梱包した48GのCD詰め合わせを進呈、

だって細客だけど同じCDがいちいち2桁枚数orz

そして私の本を買ってくださったみなさまに心からの感謝を!
SC60でスペースをもらえたら、6月下旬なら社畜ってないでしょうから新刊を絶対に!と思いながらやがてワールドインポートマートをあとにして食事をして、K-BOOKSの新店を眺めてから帰路につきました。

(13/4/21 10:45更新)

Apr 6, 2013

「永遠プレッシャー」劇場盤大握手会

細客ですから嵐が来る。

今日明日の列島を襲わんとしている低気圧はどうでもいい、選抜総選挙という春の嵐が、またやって来る。たとえば昨夜・・・俺たちのさっしーはやってくれた!

だから、雨風に殊更弱い京葉線を恐れるわけがないアケカスたちは幕張メッセに粛々と集結。8時30分に入場して、ひと息ついてから物販コーナーに並べばほどなく「(生写真付きの)裏ヒストリーは完売しましたー!」とのアナウンス→はい、解散(メ゚Д゚) 只今8時44分、44番レーンにもう並ぶとしましょうか。
はるきゃんも推す者としてアニヲタとして、「この涙を君に捧ぐ」のPVで気が散ることなくネタの復習、3枚の握手券を係員のお姉さんに渡して・・・さっしー、おはよー!

 私 「HKT48の武道館公演、当選したよ!」
 指 「おめでとー!」
 私 「そこで是非指原さんに見どころを教えていただきたいのですが」
 指 「全部!」
 私 「愚問でしたw でも、さっしーも企画とか考えるんでしょ?」
 指 「うーん、セットリストとかはねー」
 私 「村重をいじったりとかさ」
 指 「あ、村重はつまらないからいじらない。これからは田中

酷ぇwと返しているところで「間もなくでーす」の声が聞こえたので、剥がされる前に「じゃあねー。公演楽しみにしてるよ」と手を振って退場。在宅歴が長かったけど、握手会における体内時計がだいぶ効くようになってきたよ!
とはいえ今日の低レベルな目標は事故らないこと。芸人とニコ厨はまあまず大丈夫だろうけど、真面目なさくらやめるる、そして本店のセンター様相手にゆめゆめ醜態を晒さないこと。総選挙に敢えて触れない腹芸をさっきはやったけどね・・・でもニュースも飛び込んできたことだし、また3枚出しの第2部では!

 私 「今日(人差し指を立てて→)コレ、やる人多いでしょ」
 指 「多い~w」
 私 「ゆうこちゃんがさっき立候補して盛り上がってきたね」
 指 「お祭りだから盛り上げなきゃ!」

そう、これがさっしー!昨夜の立候補、パフォーマンスはネタ含みではあっただろうけど、あれはHKT48のメンバーへのメッセージだったはず・・・だけどそんなことは口には出さず、「みんな立候補するよ!」とのセリフを頂戴して、細客の分際で「ぶっ込むからね!」とほざいて手を振って退場。
だから上機嫌で、今日はGUCCIの黒ブチメガネにルミネエストで買ったグレーのパーカだけど狙ったわけではない!でも「可愛い」と言ってはいけないことくらい予習してあるよ!と次は20番レーンで初ぱるる、怖いのでもちろん1枚出し。

 私 「リクアワのペンギンのコスプレ、面白いね」
 ぱ 「あーそーですかー」

・・・・・・微笑んでくれたから塩じゃないよ!(震え声) 大体、この昼の部Cからの参加だから電池が切れているわけがないし!(震え声) でも、マジで可愛いな、さすがに。

で、昼食をとってひと息ついたあとの第3部は3人のハシゴ、初動は流石に45番レーンのさくらだろうな。
そうして列に並んでいたらモニターではガチ馬2の優勝者、もちくらさんのソロデビューのプロモーション。「ワンコイン」のくだりでは笑いが、会場の両端にいると思しき推しのグループからはしばしば拍手が上がって地味に盛り上がったあとは、さくらたん、こんにちわー!

 私 「関西人とのお昼ごはん、は楽しかった?」
 咲 「あははw 関西弁が飛び交ってましたー」
 私 「ところで今日は(服を見ながら)プチサプライズはないの?」
 咲 「あ、これ、パジャマなんですよ」

「はい?」と凝視したけどセクハラなんかじゃ!オフホワイトのワンピに見えるよ!

 私 「サプライズで貞子をやるんじゃないかと期待してたんだけどね」
 咲 「こえーだろが!」(意訳)

いや、それでめるるを脅かせばいいじゃんとか、武道館、楽しみにしてるよ!とか言いながら退場しようとした刹那、ぎゅっと強く手を握られて・・・初さくらだった「UZA」の個握では事故ったから知らなかっただけなのか、みるきーみたいなことするんだ、さくらたん・・・と動揺しながらブースを出て、ちょっと待て、と。じゅうぶん話したから3枚分の時間は経っただろうと退場したけど、剥がしはおろか「間もなくでーす」さえなかったわ。俺の体内時計、さすが。

とか言ってる場合ではないので、はるきゃんのレーンは近いけど次は62番レーンのめるる。おおっ、これがリアルタイムで話題になったオープンレーンか。はるっぴやみおの笑顔がよく見えていいね、と思いながら2枚を出してブース、もとい、机の前に立つや。

 芽 「あー!w」

めるるの関東の握手会は皆勤だけど何かの間違いだ認知されてるわけがない認知されてるわけがない

 私 「えーと、学校が始まって握手会もあって忙しいだろうけど元気?」
 芽 「はい!」
 私 「さっきさくらたんと握手したんだけどさ、貞子のサプライズで脅かせって言っといた」
 芽 「あれ、ほんとに怖かったんですよー」

で、また「武道館行くからねー」「ありがとう!」とかやりながら退場、うん、めるるはやっぱ良対応だよ。オープンレーンではみおに浮気はできないな。(認知されてるわけがない
そんなさくらとめるるで癒やされたあとはさあ、ニコ厨と3枚×2の連戦だ!と列が景気よく蛇行する48番レーンに吶喊。はるきゃん、「千本桜」観たよ!と言おうとするや、

 石 「あ、JINS PC」
 私 「そんな安物じゃねーわ!」(意訳)(暴言)

先手を取られたけど気を取り直さねば。でも、

 私 「劇場、女性客が9割で肩身が狭かったんだけどさ」
 石 「あれでも男性多かったんだって」
 私 「40人もいたかな?俺の観た回。でも、すっげーよかった!」
 石 「ありがとう!」

くらいの会話しかしてないのに剥がし、本店支店でなんか違ってないか?在宅歴が長かったし、HKT48のメンバー以外でははるきゃんくらいしか取らないからよく分からないけど。
ホールの外の喫煙所で、雨はまだ持ち堪えているな・・・と気を鎮めて、隣のみおりんをヲチしながら時間を潰して臨んだはずの、22分押しではじまった第4部、復習するまでもなく今度はAKB0048のネタで!

 私 「00終わっちゃったね」
 石 「そうですねー」
 私 「彼方的に3期とかSECOND KILALIVEとかどうよ」
 石 「やりたいんですよー!」
 私 「ところでキャラ設定のせいでさ、総監督に特別な感情が湧いたりしない?」
 石 「ねーよ!(意訳)

ていうかチームちげーし」(意訳)と返されてネタが不発、こっちもオープンレーンなのに超絶事故。さくらとの握手は上手く行ったのに好事魔多すぎ、カップリングがどうこうのアニヲタ脳は封印しよう・・・と、とうとう雨が降り出した幕張を撤収、風は大したことはなく「スカート、ひらり」を拝むこともなく、ちょうどやって来たわかしおに乗って帰京の途につきました。

「So long !」の個握では今度こそ(´;ω;`)