12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Mar 16, 2013

音樂劇 千本桜

音樂劇 千本桜ボカロ厨とアケカス、どっちが多いのかな?と間抜けなことを思案しながら向かった博品館劇場、13時の部の男女比は1:9 orz
考えてみれば尤もだけど肩身が狭い・・・ので、出演を寿ぐスタンド花が芳しいロビーの物販列に並んでがらがらの男性用トイレで用を済ませるや、まして若い人ばかりで賑やかな劇場内に潜入、座席に早々に。やがて照明は落ちて、ステージに現出したのは

大正兇変による平行世界。

千本桜は枯れ、終末を迎えようとしていた世界は、ドクターとその細君の犠牲で救われるのだが。
軍靴の音は高らかに、クーデターは秘めやかに。神憑特殊桜小隊は影憑を追って。
その先に在る結末ははたして。

未だそんな物語に突入しないプロローグのあとのオープニング、曲はovertureではなく勿論「千本桜」。嗚呼、はるきゃんが可愛すぎて辛い・・・のは当然だけどこら、アケカス。舞台をちゃんと観ろや。
ええ、己をそう律して、影憑が人を喰らうようにガチで楽しんできましたよ!

はるきゃんの桜大幣はどう見てもはたきです(^ω^)

それにしても靑音海斗役の加藤和樹さん、鬼龍院曾良役の岸祐二さんの歌唱、声量は凄まじい。
はるきゃんも上手いんだけど、迫力という点では・・・と思うもクライマックスのそれは圧巻。演劇には暗いけど、プロに伍して恥ずかしいものではない!と。
錬とのダンスを桜を揺らす春風のように軽やかに、綺麗な弧を描きながら踊ったみおりんも、そのクライマックスが衝撃で。

ふたつの物語が絡み合い、やがて迎える結末は哀しいけれど大団円。
エンディングでは思わずサイリウムを振りたくなって(振ってません持ってきてません)、二度に渡るカーテンコールでは出演者のみなさんと、未來と鈴に拍手を、主役の加藤和樹さんに喝采を贈って劇場をあとにしました。


(文中、ネタバレは背景色にしています)

入口のそばには株式会社AKSのもニコニコミュージカル第10弾『音樂劇 千本桜』
公演 2013年3月13日(水)~3月24日(日) 全17ステージ
主催 ドワンゴ
原作 黒うさP/一斗まる『千本桜』
演出 茅野イサム
脚本 三井秀樹
出演 加藤和樹 石田晴香 岸祐二 富田麻帆 市川美織 長谷川愛 高崎翔太 鳥越裕貴 湯澤幸一郎 小林健一

(13/3/17 18:20更新)

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

音樂劇 千本桜

コメント
コメントを書く