12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Feb 24, 2013

蒼い歌姫 2nd style&いけずなあなた様 おかわり

蒼い歌姫 2nd styleジャンルが如何に強かろうと今日ばかりは混むまいと馬喰横山駅からだらだらと、灰皿のある路地でニコチンを摂取してからちんたらと綿商会館を目指せば正面から隣のマンションを回り込んで延びている一般待機列。

ここってこれやっていいんだっけ。道路使用許可を取ったのかな?と10時10分に、希有な光景を横目に蒼い歌姫の最後尾に向かうと、同人誌即売会をしばしばサボる某同人誌即売会レポートブロガーが最後尾札を掲げている希有な光景が。

(私が執心してるのはむしろHKT48です)

俺のほうが出動が遅いとか・・・忸怩たる思いに駆られたのでスタッフさんからカタログを買うや速やかにマッピング。蒼い歌姫が4階と5階で、いけずなあなた様が6階か。綿商ではいくらなんでも・・・と思ったけれどこれなら杞憂、スペースの配置にも余裕があるね。

あとは見知った人たちとしばしの雑談、そんな日本橋に吹くビル風は冷たくて、列の移動が告知されていた10時45分を粛々と切望→予定通りに動いた一般待機列は「まず5階に行く人は車道側に並んでくださーい」とやがて分割。アナウンスに従って動けばこっちのほうが人数は少なくて、

 kawaiikuoさん 「5階からならRadioactiveのペーパーをよぶんに押さえておけや」
 私 「あ、あの、分担する必要があるのでしょうか><」

まあ悪い気分ではないよね。
そうして6階の列がまず消失、我らが5階の列も動き出して、ああ、やっと暖かな館内に・・・と思ったその刹那、うん?綿商会館のエントランスに女性がちらほら、ていうか1階のホールに列があるのは何?と。
またネイルやエステの催事かな・・・なら千早のほうはともかく、貴音のカタログの表紙イラストはちょっとアレげ、エレベーターの脇のポスターがカタギの目に触れるのは!と思うも1階のホールの貼り紙は「毒○ショー」、中を見やればお仲間で一件落着。階段を上って廊下を蛇行して、暖を取りながら立ち回りの最終確認をして11時、拍手が上がって今日も戦闘のはじまりです!

会場の左手はぎゃろっぷだいなで混雑するはず!と入場するや右に折れて、

 中の人 「はい、2冊ですね」
 私 「あ、折角ですから表紙の色違いで1冊ずつお願いします(`・ω・´)」

初動のオフィスちくわぶでウザいことをやってからRadioactiveに移動、再版といっしょに受け取ったのに「すいません、恐い人に命令されたもので」とペーパーをもう1枚頂戴するとか、さらにウザいことをやってPennyLane(意訳)で僕だけのアリスのカタログを買ったところで5階を離脱、浜松町のそれのように


フロアを上ったり下りたりの即売会は燃える!


いけずなあなた様 おかわりので6階にダッシュ(走ってません)してこ○はがもちろんいないことを光速で確認、知らないサークルさんの列に乱入するのも何だかなので音速で離脱、4階へと駈け降りれば(走ってません)何、この列。CIAさんに訊いて「このヌルヲタが」と蔑まれたり、今週もサボった人の発注を受けた人はたいへんだなあ・・・とそれはもう

他人事のように同情

しながらその列をかいくぐってruxk STUDIOの新刊を買ったりn○cohicaの不在を確認したりした11時07分に基本的なミッションは終了。

先週の失態で私は信用されてません(´;ω;`)

・・・とか流石に早過ぎ、ヌルヲタ過ぎなので某スケブ厨をヲチしながら全フロアを巡回、新規開拓のサークルさんは確認している人の背後から本を覗き込むといまひとつ→ノーマークだった隣のサークルさんのほうがよさげだね、とか勤勉だったからここでひと息、11時19分に館外に出て灰皿のある路地でコーヒーとニコチンを摂取。「毒○ショー」はやっぱ気になるなあ・・・と11時27分に会場に引き返して完売の状況や、こ○はがもちろんまだいないことを確認して、4階に集合していた見知った人たちの輪に乱入して。

 @++さん 「来週の福岡はよろしくな」
 私 「あ、あの、HKT48の公演の抽選に当たれば><」

ありえないことをほざいてnoc○hicaのペーパーも頂戴したなら今日は、と11時41分に撤収。
「So long !」が発売された今週は三次元のアイドルを疎かにするわけには!とアキバに移動、初回盤の在庫状況や生写真の相場の調査。週なかよりも安くなっていた推しの生写真をショップで買って、全握の参加券は「UZA」に比べて高めかな・・・とレンタルショーケースのチェックも済ませてゲーマーズでサイリウムも買ったらビールの時間。

で、某英国風パブでまったりしていたらkawaiikuoさんから下された、「今週もサボった奴にこの本を渡しておけ。金も立て替えろさあよこせ」(意訳)との命令を遂行してから早めに帰宅しました。


来週は所沢か福岡だしね!

Feb 17, 2013

AKB0048 NO NAME FIRST KILALIVE

AKB0048 NO NAME FIRST KILALIVEこの週末のイベントはチユウ、ゆきりんのソロと乃木坂の個別のみ。
AKB0048のスペシャルイベントがあるから、NO NAMEは本店支店混合のユニットだからそれはもっともなことだけど、特に多忙であろうまゆゆも前日のリハーサルに参加したけれど・・・BDとDVDが

4,000枚しか売れてない

のにそこまでやるか?
全巻購入特典としてもれなく参加できるイベントだけど来場者数は高が知れたもののはず、大層なライブになどたぶん・・・と友人と14時30分に幕張メッセの国際展示場8ホールに着けば館外に延びた列はおよそ400人。14時の開場で、この列の進み具合なら現時点でのWOTAは1,000人くらいなんだろうな。
で、入場案内メールと運転免許証を提示して、BDに封入されていた応募券Vol.5を座席指定券に交換、

 私 「えーと、A-3ブロックの1●●番か」
 友人 「ブロックと番号がなんかよくない席っぽいね」

無料配布のARカードをもらいながら会場の案内図を見たら、あ、ステージの正面のブロックじゃん!気になる物販は座席を確認してから。ステージの「NO NAME」の電飾が高まるよなあ、と座席を探したら・・・え?これじゃあ正面どころじゃなくて!
来場者はアケカスとアニヲタのどちらが多いのか、みな疑問に思っていたわけだけど、この僥倖はアケカスかつアニヲタの俺の人徳によるものだな(´ー`)y-~~

と在宅歴が長い分際でほざいたのも束の間、好事魔多く物販列は長蛇かつ牛歩。まだ時間はあるけどあれはなあ・・・イベントの終了後にも販売するとのアナウンスに友人ともども逃亡。ゲームのデモのコーナーや一番くじのフィギュアの展示はともかく、あとは飲料の自販機コーナーとトイレがあるだけの会場に軟禁、もちろん喫煙室なんかない・・・とかわがままは大概に。会場を見渡せば2,000人あまりの客席はほとんど埋まり、16時になるや照明が落ちたここ幕張は芸能禁止法で統治されていたはずなのに、


非合法アイドルがやって来た!


そんなアニメーションとメンバーのナレーション、AKB0048の世界に観客を誘うオープニング。客席からは「智恵理ー!」「彼方ー!」等々のコールが響いて、そして「overture(0048ver.)」からの「希望について」で幕を開けたステージ。
「夢は何度も生まれ変わる」も披露してからはじまったトークの口火を切ったのはあみにゃで、9代目篠田麻里子の襲名に触れたすーめろには「それは関東以外とテレ玉組にはネタバレだろうw」と思ったり、ツバサ役のかかずゆみさんはキララの声もあてているというくだりで、メンバーが一斉にキララのモノマネをする光景に爆笑したりしたあとの企画は質問コーナー。

イベントに申し込む際に寄せる質問に、箱から引いた紙に名前が書かれていた出演者が答えるというもので、「彼女にするならメンバーの誰か?」という質問にはるきゃんは「同じ事務所だし」とすーめろをチョイス。うん、75期生同士だしね!ってNO NAMEは研究生だろw

注:このレポートははるきゃんを中心にお送りします。

「感動した台詞は?」に「私は強敵だよ」を挙げたしゃわこでしたが、それは智恵理が凪沙に言った台詞の方でかれんがぐれたあとはスクリーンに突然投影された河森監督からのミッション、違う役柄を演じる生シャッフルアフレコのコーナー。それを聞いたまゆゆはコサックダンスを踊りながらはしゃいでいて、AKB48のアニヲタなセンター様はご機嫌だなあ、と。

美森の声をあてることになった、そのまゆゆがアカペラで歌う「初日」に感動した向きは多かったでしょうから、いざアフレコで時間配分を誤って頭を抱えたのはご愛敬。はるきゃんが演じたたかみなは流石に合っていたけれど、しゃわこのゆうこはちょっと上品すぎたかな。それにしてもさっきから、くーみんの出番になると声援がひときわ大きいのが凄いなあ。

じゅうぶんな尺を取ったそんな企画コーナーはここで小休止、NO NAMEの衣装替えの間は声優さんたちの裏話トーク。間違って男子トイレに行こうとした話が暴露されて、「アイドルがトイレの話題ってw」「花を摘みに行ったということで」というあみにゃの言い訳はまたあとの話。4/10にリリースされる新譜の情報で予想してはいたけれど、メンバーがnext stageの青い衣装に着替えて再開したライブの1曲目は・・・「大声ダイヤモンド」!しかも


センターでの歌い出しはるきゃん!


もうね、もうこれだけでも今日は来た甲斐があるよ・・・先週先々週にそう言ってくれればいいものを!(違
セットリストは「少女たちよ」と続いて、新譜の抽選での特典はメンバーの生電話、との情報がここで初めてまゆゆから発表されたあとは「虹の列車」と「この涙を君に捧ぐ」。
そして出演者ひとりひとりの御礼のコーナーは朗らかにはじまりながら、かれんが全力で泣くや後続に伝播、なかやんもまおきゅんも・・・・・・そう、それは彼女たちがこの作品を、NO NAMEというユニットをどれほど愛しているのか、で。

そして最後の曲は「主なきその声」。
いまいちど出演者の挨拶があって、そしてスクリーンにはDES軍が襲来してきたとのアニメーション、観客の安全が確保しづらいためにAKB0048は幕張から去ってゆくというストーリーでイベントは17時55分に終演。アンコールはなかったけど、こういう演出なんだしね。
さて、じゃあ撤収・・・する前に!と物販コーナーに向かえばイベント限定グッズはつつがなく完売orzとのこと、やっぱ来場者は多くはなかろうと生産数が絞られたのかな、と。そうしてすっかり暗くなった幕張メッセを、

 友人 「next stageのEDはカップリングを明示してるよね」
 私 「はるきゃん(意訳)×総監督(意訳)は鉄板なんだけどね」

とかほざきながら、神イベントの余韻を味わいながらあとにしました。

(13/2/22 1:15更新)

ぱんっあ☆ふぉー!&ルミナス&シグナル

ぱんっあ☆ふぉー!&ルミナス&シグナル
カタログに誤植がないとかおかしいだろ。


と嘆いた夜が明けて、ローリングスタートはともかく先行入場方式の可能性はじゅうぶん、早めの時間に行ってもな・・・とだらだらとサンライズビルの前に形成された一般待機列、2本目の最後尾についたのは9時51分のこと。先客は130~150人と結構な数だけど、これならb○lze.争奪戦に敗れることはまずないな。
そんなことをぶつぶつ考えていた私の傍を行き交うスタッフさんはかいがいしくて

 「カタログをお持ちでない方はいらっしゃいますかー」
 「はーい、道路にはみ出さないようお並びくださーい」

・・・・・・こんなのSDFじゃない!gdgdで、そしてgdgdなのがSDFだろう!

と憤っていてもやり過ごせない厳寒に凍えた体も、予備移動で1階のロビーに、4階へと続く階段室へと誘われれば癒やされるというもの。そして10時45分に会場に突入、先行入場であることを告げるアナウンスが繰り返される中で入口の左前方を見やれば歩く電波塔の会の最後尾札が浮かび通路は混沌、b○lze.はその先の隅・・・じゃない!あれだ!とスペースの真反対、会場の右端の最後尾に吶喊。ああ、体が火照る!

で、この時間を無為にしないよう「ルミナス」が流れる会場の隅、凹んだスペースでこのあとの立ち回りを熟考、あるいはb○lze.列がルミナス&シグナルの外周通路を粛々と塞ぎ、それと並行して延びて折れたCITRON列や、列整理に忙しないスタッフさんを傍観。
gdgdなアナウンスも、即売会のはじまりが告げられるや轟く怒号もSDFの即売会の真骨頂だけど・・・b○lze.列が微動だにしないのは何故。僅かに進むもこれは列を圧縮しているだけだろう・・・と焦燥に駆られる我々がやがてスペースの前で味わったのは


b○lze.の不在


という絶望、あるいは前に並んでいた人たちは何処に消えた?マリー・セレストか?というミステリー。
わけがわからないままに、b○lze.に忠誠を誓わない人たちがぱんっあ☆ふぉー!のエリアを狩り尽くしている光景を眺めて、ジャンルに忠誠を捧げる人たちがルミナス&シグナルを焦土にしているだろう状況に思いを馳せて・・・ていうか一体何が!

そんな憤怒と諦観がないまぜになったb○lze.列が、道すがらにがらくた帝國の完売を確認orzした私が退場させられたのは11時20分頃、連行された先は階段室の9階。しばらくして「b○lze.さんはもうすぐ会場に着きまーす!」というアナウンスが聞こえてきたけど中の人のツイートは・・・じゃあ俺も。

 「軟禁なう」
 「私に本の発注した人には土下座をさせていただきます」

いや、たぶんこれは大雪の予報を受けてJR東日本が間引き運転をしたようなものだ。阿鼻叫喚が予想されたイベントなのだから、我々b○lze.信者を隔離さえすればいい・・・さすがSDF!と、ろくでもない妄想にも駆られていた11時42分に列は唐突に動き、新刊は200円で1限だから後続が追いつけないほど高速な頒布がスタート!無事じゃないけど無事に新刊を捕獲したけどどどどどどれほどの焦土に!

とシグナルにダッシュ、す茶らか本舗は・・・まだあった!ティンクルスターは見本誌すら・・・アークポエミィのコピー誌セットは・・・どうにか持ち堪えてた!とやったならb○lze.をループ。列は瞬く間に進んだけれど「はい、止まって!」と区切られたということは・・・それでも間に合った!

そんな私をヲチしていた人にはあとでまたこのヒキを見せてあげましょう。(違

けど、そんなことをしていたらほかの頼まれものもつつがなく完売。知ったことかと思いながらこの時点にしてまだ買っていないサークルさんを回って全巡回もして12時03分に退場、とりあえず喫煙所で気を鎮めよう・・・と階段を下りながらスマホをいじったら、狂乱の渦中にいた11時52分に「地獄を抜けたらGewaltと放蕩オペラハウスも買っておけ」というDMが・・・はい、地獄は抜けたので会場に引き返します(メ゚Д゚)

そうしてひと息ついたあとは活況な会場に引き返してうろうろ。このあとの道行きが一緒の@++さんを見つければ、おたがい13時からの時限を待つ身であることが判明、12時31分に一緒に退場してベローチェで軽食をとりながら

 @++さん 「負け犬乙」
 私 「シグナル開幕でb○lze.を2周したなんてずるい(´;ω;`)」

束の間の感想戦。12時55分に会場に引き返したものの、まだ折っていたり告知が13時30分からに変更されていたりでさすがにぐれたので13時03分に撤収して。
「がらくた帝國は買い損なったけど文句あるか」とDMを放ったり、「UTUMNOを買い損なってんじゃねえよこのクズ」とのメールを喰らったりしながら総武線快速と京葉線を乗り継いで幕張に向かいました。

(13/2/19 1:00更新)

Feb 11, 2013

サンシャインクリエイション58

サンシャインクリエイション58サークル参加なんだから、握手会疲れの死んだ目は悟られないように・・・!と向かった池袋、朝のカフェでぁゃιぃ打ち合わせを済ませたあとはA23ホールでスペースの準備を黙々と。

新刊はないけど先月のこみトレで発行した、「オンリーイベントトークですが古すぎてついていけないです。加齢臭がするです」と貶された本があるからご容赦を>< と思いながら準備を済ませて、なかなかやって来ない相方に電話をしたけど「サークル入場の時間はあと20分だぞ、何していやがる」とツッコんで機嫌を損ねた日にはファンネルを失うこと濃厚。
時限のペーパー配布に挑みづらいbolze.は最近はあきらめる方針だけど・・・薄荷屋だけは!

 相方 「ていうかその手の大手は自分で行けや(メ゚Д゚)」

そこをどうにかorzと土下座、A1ホールもお願いしてあるので心穏やかに迎えた11時、こっちの外周には人が来ないな・・・みんなbolze.や薄荷屋やうつらうららかやデジラバに特攻したままなのかな・・・あれ?近所のサークルさんがスペースを空けて何処かに行っちゃった・・・じゃあ俺も☆ミ と行って戻って15秒、「はい!100円!」と踊るいっ○くたんと触れ合ったあとはスペースで真摯に。

ところがほどなく一帯は阿鼻叫喚、こもれびのーとにVISTA、HappyBirthdayや行脚堂の列が交錯→混乱の中で押される机を付近のサークルさんと押し戻したり、リュックやバッグが引っ掛かって隣のサークルさんはスペースから本が落ちそうになったり・・・緩衝帯のはずが思ってたんと違う!

と、いつもネタになる配置なのが嬉しいなあ・・・と満足しながら、そんな混沌をヲチしていたら相方がいったん帰還、曰く「おら、薄荷屋!bolze.もあるぜ!あとは何だ、うつらか!気分が乗ってきたから何でもやるぜ!」。なにこれこわい。
いや、あの、もうじゅうぶんですからA1ホールに移動してまったりしていただけたら・・・そんな相方の隣にやって来た某氏Aも、「デジラバもあるけど要る?w」じゃなくて。

で、買いものを終えて11時35分に戻って来てくれた相方に売り子をお願いして私も巡回に。
お願いするのが憚られる後ろ暗い本や、後ろ暗くないまどマギの本、あとは新規開拓を少々といった買いものをしたり、相方を解放してまたスペースでまったり→私の本を買って下さった人に土下座をしたり。A1ホールをお願いした人が戦果を届けに来てくれたことにも感謝しかなく、

 某氏B 「いやあ、すいません。bolze.は無理でした」
 私 「いやあ、もともと信用していませんから(ニッコリ

というのもネタ、私のスペースを訪れて下さったすべてのみなさまに感謝を!
握手会のせいではたぶんないけど、マスクをしていた通り風邪気味でぼーっとしていた私、構って下さってありがとうございました!

 相方 「で、俺には礼はないのか(メ゚Д゚)」
 私 「昼食は高めの焼肉でいかがでしょう(*'-')ゞ」

(13/2/16 20:20更新)

Feb 10, 2013

「UZA」全国握手会関東1&2

「UZA」全国握手会関東1先週は個握、今日(2/9)は全握!と向かった連休初日の彩の国。

さいたま新都心駅の改札口で待ち合わせた女友達とスーパーアリーナに向かえばけやきひろばにうねる列、とはいえ人数はほどほどで進みは高速。10分かそこらで到達した一般ゲートの右端の受付で、11時ちょっと前に参加券と交換した座席指定入場券には「200レベル」「216扉」「3列」などと謎の言葉が・・・在宅歴が長いからね!

で、結構いい席じゃん!とビギナーズラックを寿ぎながら開演を待ったミニライブは火柱とレーザー、サイリュームが交錯する中でもちろん「UZA」からはじまって、「会いたかった」「重力シンパシー」「ファースト・ラビット」「誰かのために」と続くセットリスト。
「重力シンパシー」を演じることが告げられると「おーっ!」と場内に声が上がったり、ゼスチャーゲームのお題「前田敦子」に梅ちゃんが「フライングゲット」の振りをするや飛び出した「キンタロー!」との回答に「そっちが先かよ!」と総監督がツッコんだり、最下位を脱出できないそのチームBのキャプテンが

 梅ちゃん 「みんなにがんばってもらおう」
 総監督 「なんてこった」

このとき総監督は元気だった・・・

とほざいたり等々を楽しんだあとは握手会、整理券は11000番台だからだいぶ先。ていうか楽しみにしてたのはA-1グランプリ!
観客が出題、カズ君の推しを当てるクイズで「どーせ選抜でしょ」とほざいたメンは誰だwたしかにともちんだったけどさwwとか、ビーチフラッグでじゅりの胸ぐらを掴んで妨害したはるぅに「それじゃあ恐喝だよ!」とツッコむイジリー岡田さんはさすがwwwとか、うん、楽しい!

 私 「で、誰と握手すんの。やっぱ麻里子様?」
 女友達 「うーん。こじはるにしようかなあ」
 私 「うむ。『こじはるに似てるってよく言われるんだー(бвб)』を本人に向かってほざくわけだな」
 女友達 「言えるわけねーだろ!( *`ω´)」

その彼女がこじはる&師匠の2番レーンに向かったのは14時55分、戻って来たのは15時20分頃で、曰く「顔が小さくて可愛かった!><」。可愛いというより美人じゃね?と月並みな返しをした私が選択したのは、ゆうこ、ともちんと一番人気をめぐるデッドヒートを繰り広げていたまゆゆ。16時04分の案内を聞いて並びに行った9番レーンで

 私 「来週は智恵理に会いに行きます」
 麻 「わー、待ってまーす」

ボケたあとのA-1グランプリの演目はバトルロイヤル。会場中央の円形のステージから他のチームをメンを、小麦粉が敷き詰められたステージの外に突き落とすというプロレスで、うん、はるぅ無双だな。
ところが2人がかりで潰されて、だけど落ちるときに1人を道連れにする凶悪さwはいいとして、あとで物議を醸したのは揉み合いの中で顔を蹴られたはるきゃんが泣き出したこと。ネットに夜、速攻でアップされたキャプよりもステージのモニターに映った、みゃおに肩を抱かれながら泣いていた

はるきゃんは可愛すぎる。

と言ってる場合ではないけれど・・・ともあれ今日の時点で最下位のチームBに課された罰ゲームは、8人の体重の合計が晒されるというもの。382kgで平均47.75kgというのはどうなんだ・・・とは思ったけれど、体重計から下りるのがひとり遅れたすずらんは個人の体重がバレなくてよかったね!と。
握手会に初参加だった女友達ともども堪能した16時46分に撤収、COCOONで食事をしたあとでチェックした地下板は・・・総監督が倒れたって?無事みたいだけどアイドルは過酷だ・・・明日も参加するしか!(`・ω・´)

「UZA」全国握手会関東2そういうわけで翌日(2/10)もさいたまスーパーアリーナ。ただ、この日は用があって座席指定入場券を交換したのは12時53分、握手整理券は15000番台で座席は・・・200レベル?と思うも219扉18列目の見切れ席で一件落着。空席そのものがないのではと思っていたし、ステージはギリギリ見えるからまあ上等。

で、2日目のA-1グランプリ、運を試すゲームでは特設の櫓の天井にはタライ、ハンマーで叩いたボタンが当たりなら「落下します」とイジリー岡田さんが説明した通り、床が開いてうっちーは櫓から落下。そのうっちーはと言えば、

 うっちー 「うるせーババァ!」
 はーちゃん 「黙れ岩!」

「私たち一応国民的アイドルなんだけどw」とメンが笑うほどに今日はおいしく、そうしてイントロクイズのピリオドも楽しんでいた14時40分に案内があって、6番レーンは握手ができる状態に。そう、今日はA-1グランプリの決着を観ることもさることながら・・・すーきゃんろいどの埼玉レーンには突撃するしか!なのにここまで高速で剥がさなくても(´・ω・`)と思いながら、

 私 「来週は(右のふたりの)先輩にケーキを作ってあげるの?」
 森 「はい!」
 私 「75期生のレーンになってるね」 ←私の滑舌は悪かった模様orz
 佐 「はい?」
 石 (横から)「はい!」
 私 「鼻は・・・大丈夫そうだね」
 石 「はい!!」

・・・。


はるきゃんは可愛すぎる!


のはともかく。
口の中を切って流血したフレモンがティッシュを頬ばってニコニコしていたのは百歩譲ってネタとして、嗚咽をマイクが拾ったままで退場する萌乃→イジリー岡田さんでさえフォローできず→会場ドン引き&ステージのメンバーは暗い表情・・・の今日のバトルロイヤルは。
ゲームの前に「泣いたら失格です」「今日はヘッドギアにツナギ、手袋と防御が強化されています」と昨日を踏まえた対策がアナウンスされてはいたけれど、途中で「蹴るのは禁止」「膝や手をついたら負け」とルールが追加されたけど状況は悪化。

チームBは逆転優勝、最下位となったチームKに課された罰ゲームは、鉄棒に90秒間ぶら下がっていられずに落下するとそこには体重計、スクリーンで公開されるというもの。その説明がされるやメンバー絶叫、「あたしまたデブって言われるじゃん!」と嘆いたはるぅははたして落下。
スクリーンは私の席からは見えづらく、でも付近で「○●kgから○◎キロだな」と囁く声が聞こえて、そして泣き出したはるぅを「この2日間のMVPは島田さんだから!そうですよね、みなさん!」とイジリー岡田さんがフォロー、場内に響く拍手、と16時25分に終わったA-1グランプリは大団円(←違う)だったのですが。

この企画をめぐる議論はもっともですね。「楽しかった!」と手放しには言いづらいような。
ただ、「楽しかった!」「がんばりました!」と日記に書いたメンバーがいるのだから、我々はまず、拍手を送ればいいように思うのです。

(13/2/12 23:15更新)

子羊たちの春休み8

子羊たちの春休み8高崎線で北には向かわず京浜東北線で南に向かい、アプリコの地下に潜入したのは10時20分、先客はおよそ50人。
1年振りのマリみてオンリーに集う顔ぶれはなんか懐かしい・・・からロビーにいた家族連れの

 「パパ見てー」

幼女が上げた嬌声は、大きなお兄さんたちを訝しむものではありませんように・・・と祈りながら、当日販売のカタログに粛々とマッピング。まあマリみてオンリーが殺伐とするわけもなく、完売の憂き目に遭うことはたまさか。ただ、時限祭がどうなるかが・・・はしたないことも状況次第で!

とか露ほども考えず、開会の拍手に湧く11時に最後尾についたkawaiikuoさんに呪いを掛けることもなく入場、初動で向かうは金米糖工房。並んでいるのは4~5人だから捌けが悪かろうとマグカップがあろうと無問題、隣のす茶らか本舗と会場奥の状況に留意しながら確保したあとは@saba-Kan→そして絶賛製本中だったり不在だったりのスペースを粛々と確認、うーん。
いつも潤沢な冊数を用意してくれるからもっとあとでいいかなと思ったけれど、人大杉で2列縦隊に変更=圧倒的な1番人気となった金米糖工房列と、その信者なのに並ぼうとしないkawaiikuoさんを一瞥しながらす茶らか本舗の4~5人の列に並んで・・・・・・この残部ってばもしかして危なかった?

ええ、マリみてオンリーはゆめゆめ舐めてはいけません。
だからマグカップはもう完売していますように・・・と呪いをまた掛けている場合ではなく、だからと言って、あれ?これってここの列じゃなかったの?軽い遅刻だったみたいだけどスペースの準備はほぼ出来てるじゃん、と西○屋

はしたないことをやらかした

俺ってどうよ、と。
でもおかげで立ち回りが楽に☆ミ 会場奥の壁沿いをその後、つつがなく延びた列に並ばずに済んだのは大きいな。


      ____  
    /      \
   /  ─    ─\ 
 /    (●)  (●)\  あとはH○NEY DR○Pだお
 |       (__人__)    |  
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /


そして全巡回や見知った人々のヲチに励んで、今日不参加のマリみてサークルは何処だ( ゚Д゚)談義をkawaiikuoさんとしていたら、うん?スペースの前に3人いるな。うん。あれは列だな。
11時15分から会場中央に形成された、ぱ○ふるこ○あの過激な列から人が雪崩れ込んでくる前に、とH○NEY DR○Pでややはしたないポジションを11時22分に確保、そのさまを@++さんに嘲笑われたけど気にしない!

@++さん 「あおい由麻さんの挿絵を知らないニワカ乙」

はたしてぱ○ふるこ○あ列と並行して延びたH○NEY DR○P列は会場内を引き回し。奥の壁沿いを周回しながら、ぱ○ふるこ○あ列に並んでいるバンバンさんは間に合うのかな・・・と今度はほんとに呪いをかけることもなく、そしてつつがなくH○NEY DR○Pの新刊コピー誌を確保したなら終戦の頃合い。
会場の奥に設置されたプロジェクターには、今までに開催された子羊の回顧、カタログ画像のスライドが投影されていていい感じ、マリみてオンリーならではの企画もあるけれど只今11時34分、そろそろ




さいたま新都心に行かないと!と蒲田を撤収。
西○屋の布製のバッグは金米糖工房のマグカップを収めるのに按配がよく、イラストが印刷されていないほうを表にして持ち歩けば・・・とは思ったけれどチキンなのでショルダーバッグに格納=オタであることを隠してアケカスの装いで、スカートの裾が乱れまくりな乙女たちに会いにさいたまスーパーアリーナに向かいました。

(13/2/16 16:25更新)

Feb 3, 2013

COMITIA103

コミティア103二度寝をぶっこいたせいで、起床したのはJR池袋駅での待ち合わせの50分前。
「あ、あの、昨日の握手会で疲れてて!><」と言い訳しないようにダッシュで支度、どうにか間に合って、

 私 「おはよー!き、今日はがんばろうね!」
 相方のYくん 「なんで息が切れてんだよ」

そして向かったビッグサイト。さっきはああ言ったけど、いつも参加しているサークルさんの不参加が目立つ今回はがんばる必要はたぶんなく、とはいえそれは大手についても同じこと、どこが吸着剤になるのかが判らない・・・でもまあ大過はないでしょう。
気合を欠いたそんな私が、「そういうこと言ってると買い逃すんだよ!」と相方に説教されながら最後尾についたのは9時11分、この時点での一般待機列はガレリアの2階。前方を見やれば参加者はやっぱ少なめ?待機列はもちろんホイホイにも形成されて、開場時点で入口の脇にあった列はそれを予備移動させたものなのか・・・ともあれ今日はがんばろう!

入口右手は今日も通行止め、マップの右下が初動のYくんはあうあう言ってるけど

知ったこっちゃねえ( ゚Д゚)y-~~

ので東6ホールの中央から右に折れておそらくは今日の吸着剤、ENOKIXの人垣と、その向こうのミルメークオレンジのこぢんまりとした列をヲチしながら初動はてっちゃんハト
え、この列が!と瞬間びびったそれは隣のabgrundで一件落着のはずが、5~6人しか並んでいなかったてっちゃんハトで3~4分かかったのは何故orz と嘆きながら、返す刀で逆隣の熾鸞堂を買うや外周通路を回り込んでホンノキモチヤ・・・は微妙な列があったので紫。カゼノウタを捌いてから。

で、島中に侵攻してアルカリを、会場中央の見本誌コーナー沿いに移動してUnisonBell Lilacも捕獲したなら壁のlife-is-freeに向かうべきだけど通路に延びるこの列はなあ、外周を横切ってのパケット移動では時間がかかりそう・・・と東5ホールに転戦、このタイミングでも危険なサークルがあるからね!
そしてチゴイネルワイゼン経由のLenso Girlでまた3~4分かかったのは何故orz その挙げ句に持っていないコピー誌のラス1を目の前で攫われるとかorz ただ、あとでまた製本して頒布するとのことでとりあえず安堵、外周に出てTAIRAGIのペーパーを確保した11時19分、ここでさっきは逃げたlife-is-free!


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     そういうことやってると買い逃すんだよ!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \_   ` ⌒´    /
                /          \


動揺を抑えながら、残部は僅かだったけど久々にジャポニカ自由帳に間に合った・・・とか、オミットしたままのサークルさんの掃討に励んでいたらYくんと邂逅、彼もまたミルメークオレンジをしくじったとのことで俺たちってばなんだかなあ、と。

これでも10年選手なんです(´;ω;`)

ともあれチェックしたサークルさんの巡回を終えて、公序良俗に反する一帯の活況に気圧されながら、新規開拓を含めた軽い全巡回に励みながら待ったのはLenso Girlの増刷。丁寧に製本してはスペースに置かれるそれを、通路を周回しながら2冊押さえた11時58分に撤収。今日はなんかこう、ね・・・ところで、Yくんさ。なんでENOKIXのペーパーがあるの。

 Yくん 「それはミルメークオレンジにちゃんと行ったという証明に、だな」
 私 「俺も中の人に笑われるようなループをしたからそれくらいやってもらわないとな」
 Yくん 「あと、こもれびのーとに並んだ人がPURRのペーパーをついでに持っていく光景にやめれ、と」

とかなんとか、秋葉原で昼食と感想戦と仕分けを済ませたら巡回の時間。
今日のlife-is-freeはK-BOOKSにもらしんばんにもまだないね、ていうかぱっと見でどこのサークルさんか判らない本ばかり・・・いつもならW○SABIとか大量に並んでいるのにと思いながらAKIBAカルチャーズZONEやリバティーで、48Gやももクロの生写真やら何やらを物色していたら流石に疲弊、喫茶店でひと休み。じゃあここで景気付けにENOKIXをしくじった人でも召喚するか。

 Motherlandさん 「life-is-freeをしくじった奴に言われたくないわ!」

じゃああれですか、この公序良俗に反する本ばかりの戦果にツッコミを入れろということですか。

で、あとはもう余計なことはせずにMotherlandさんの車に乗せてもらって帰路に。
らしんばん池袋店のコンテナの、F○ C○MPANYが安価だったためにYくんが釣られているのをヲチとかしたけど、やっぱ握手会で疲れてるみたいだなあ、今日はもう・・・だからそこ!「じゃあアキバに引き返そうか」と逆の方向にハンドルを切ろうとしない!

(13/2/14 1:30更新)

Feb 2, 2013

「UZA」劇場盤大握手会

永プレはもっと取ってます(`・ω・´)ゆうこがインフルエンザとかともちんが卒業とかほかにも何かあったらしいけど、いざ幕張メッセ

でも、獨協大学や亜細亜大学の受験生のみなさんに申し訳ない・・・と思いながら、海浜幕張駅から小雨の中を歩いて国際展示場に潜入したのは8時32分、物販コーナーで「UZA」のミニフォトアルバムを買って78番レーン付近の様子を伺ってから並んだ第1部のさっしーレーン。受付を済ませてブースに向かえば列は折り返しの3本目、そのカーテンのすぐそばにいたので、ほぼ定刻に始まった右隣のレーンのさくらたんと目が合って・・・そのコスは反則だよ!

とか動揺している場合ではありません。今日のさっしーは1枚しか取れてないorzんだから、話題の復習はしっかりと。
とはいえ「みぃちゃんとカラオケに行った?」とほざいたら出禁だろうし、「このあとドキュメンタリーを観に行くんだけど見所は何処かな?」と訊いても事故りそうなのでまあ普通に行きましょう。今日は赤いチェックのブラウスにチャコールグレーのカーディガン、さっしーはすぐそこに!

 私 「おはよー!」
 指 「おはよー!」
 私 「超忙しいだろうけど寝れてる?」
 指 「うん、全然大丈夫。ありがとー」
 私 「俺は写メ会が全落で悔しくて寝られないんだけど」
 指 「ほんとに?みんなそれ言ってんだけどw」

じゃあまたねー!と剥がしが入る間際に退場、うん、1枚だけど結構話せてよかったな。
とか浮かれたのが仇なのかどうなのか、懸念してはいたけれど第2部のJCのメイドを相手に

 私 「はじめまして!」
 咲 「あ、はい!」
 私 「さっしーに並びながら見てたんだけどさ、そのコスは釣り?w」
 咲 「あ、あの、これは、いつもやってるんですけど、プチ・サプライズで・・・」

事故りました。てゆかぐぐたす読んでるだろ、俺ってば!

 私 「あ、あの、初めてなもので、その!」
 私 「みんなに言われてるだろうけど、被災地レポートのさくらたんの文章力に推すしかって!」
 咲 「ありがとうございます!」
 私 「これからの握手会は全部取ってるから!」

とかやってたら剥がし、3枚出しなのになんか早い・・・のはスタートが10分少々押したからか、それともgdgdだったからなのか。ともあれ初さくらたんでの醜態に動揺、生誕交流スペースに乱入してメッセージカードを書いた日にはさらに血迷いそうなので、フードコートで高価なオムハヤシを食べて気を鎮めて・・・俺が合うのはやっぱ芸人とかROCKERなんだろうな。昼の部Cのはるきゃんでは失態なんか!

 私 「はじめまして!彼方推しなんで今日は中の人に挨拶を、とw」
 石 「あはは!あ、00のイベントも幕張だっけ?」
 私 「そう、17日。もちろん行くよ!千本桜のチケットも取ったよ!」 
 石 「ありがとうございます!」
  ↓
 剥がし

2枚出しなのにまたなんか早いような・・・ていうか白のニットのワンピースのきゃんはそれはもう可憐、もちろん分かってはいたけれど、「アニヲタきめぇ」「もちろんプレミアム先行予約で取ったんだろな」とかツッコんで欲しかった・・・とかなんとか思いながら館外でひと息ついて、さて、締めはまたJCの昼の部B。

それはそうして再入場して間もなくの12時21分のこと、プロジェクターに映し出された戸賀崎総支配人。
どよめきと、座っていた人、レーン前に並んでいた人が一斉に移動する地鳴りが響いて。
そしてホールの壁沿いのステージには。

 「AKB48、チームBの峯岸みなみです」

白いワンピース、グレーのカーディガン。そして丸刈りの頭が遠目に、プロジェクターに。
野次が飛ぶことはなく、謝罪のことばに向けられた拍手は決してまばらということはなくて。うん。

だからいくら初の握手会とはいえ鍵開けを狙う気分にはなれず、でもやっぱ早いほうがいいかな☆ミ と並んだめるるレーンは1枚出し、ボーダーのカットソーの彼女は元気いっぱいで、

 私 「はじめまして!さっしーと練習したみたいだけど緊張してない?」
 芽 「緊張してますー」
 私 「大丈夫、そうは見えないよw 応援するからね。写メ会も当たったから」
 芽 「ありがとう!また会える!

で、剥がされてもテーブルの端まで手を握ったまま、それより何より練習していたにせよ、ちゃんと考えていたにせよ、ノータイムであんなフレーズを繰り出すとか・・・


13歳の釣り師が誕生するのか?


さっきとは違う動揺を抑えながら、デビューシングルの個別は買い増しをしないといけないな・・・と思いながら晴れ渡った空の下の幕張を撤収、ドキュメンタリーを観るために有楽町に向かいました。