12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Feb 17, 2013

AKB0048 NO NAME FIRST KILALIVE

AKB0048 NO NAME FIRST KILALIVEこの週末のイベントはチユウ、ゆきりんのソロと乃木坂の個別のみ。
AKB0048のスペシャルイベントがあるから、NO NAMEは本店支店混合のユニットだからそれはもっともなことだけど、特に多忙であろうまゆゆも前日のリハーサルに参加したけれど・・・BDとDVDが

4,000枚しか売れてない

のにそこまでやるか?
全巻購入特典としてもれなく参加できるイベントだけど来場者数は高が知れたもののはず、大層なライブになどたぶん・・・と友人と14時30分に幕張メッセの国際展示場8ホールに着けば館外に延びた列はおよそ400人。14時の開場で、この列の進み具合なら現時点でのWOTAは1,000人くらいなんだろうな。
で、入場案内メールと運転免許証を提示して、BDに封入されていた応募券Vol.5を座席指定券に交換、

 私 「えーと、A-3ブロックの1●●番か」
 友人 「ブロックと番号がなんかよくない席っぽいね」

無料配布のARカードをもらいながら会場の案内図を見たら、あ、ステージの正面のブロックじゃん!気になる物販は座席を確認してから。ステージの「NO NAME」の電飾が高まるよなあ、と座席を探したら・・・え?これじゃあ正面どころじゃなくて!
来場者はアケカスとアニヲタのどちらが多いのか、みな疑問に思っていたわけだけど、この僥倖はアケカスかつアニヲタの俺の人徳によるものだな(´ー`)y-~~

と在宅歴が長い分際でほざいたのも束の間、好事魔多く物販列は長蛇かつ牛歩。まだ時間はあるけどあれはなあ・・・イベントの終了後にも販売するとのアナウンスに友人ともども逃亡。ゲームのデモのコーナーや一番くじのフィギュアの展示はともかく、あとは飲料の自販機コーナーとトイレがあるだけの会場に軟禁、もちろん喫煙室なんかない・・・とかわがままは大概に。会場を見渡せば2,000人あまりの客席はほとんど埋まり、16時になるや照明が落ちたここ幕張は芸能禁止法で統治されていたはずなのに、


非合法アイドルがやって来た!


そんなアニメーションとメンバーのナレーション、AKB0048の世界に観客を誘うオープニング。客席からは「智恵理ー!」「彼方ー!」等々のコールが響いて、そして「overture(0048ver.)」からの「希望について」で幕を開けたステージ。
「夢は何度も生まれ変わる」も披露してからはじまったトークの口火を切ったのはあみにゃで、9代目篠田麻里子の襲名に触れたすーめろには「それは関東以外とテレ玉組にはネタバレだろうw」と思ったり、ツバサ役のかかずゆみさんはキララの声もあてているというくだりで、メンバーが一斉にキララのモノマネをする光景に爆笑したりしたあとの企画は質問コーナー。

イベントに申し込む際に寄せる質問に、箱から引いた紙に名前が書かれていた出演者が答えるというもので、「彼女にするならメンバーの誰か?」という質問にはるきゃんは「同じ事務所だし」とすーめろをチョイス。うん、75期生同士だしね!ってNO NAMEは研究生だろw

注:このレポートははるきゃんを中心にお送りします。

「感動した台詞は?」に「私は強敵だよ」を挙げたしゃわこでしたが、それは智恵理が凪沙に言った台詞の方でかれんがぐれたあとはスクリーンに突然投影された河森監督からのミッション、違う役柄を演じる生シャッフルアフレコのコーナー。それを聞いたまゆゆはコサックダンスを踊りながらはしゃいでいて、AKB48のアニヲタなセンター様はご機嫌だなあ、と。

美森の声をあてることになった、そのまゆゆがアカペラで歌う「初日」に感動した向きは多かったでしょうから、いざアフレコで時間配分を誤って頭を抱えたのはご愛敬。はるきゃんが演じたたかみなは流石に合っていたけれど、しゃわこのゆうこはちょっと上品すぎたかな。それにしてもさっきから、くーみんの出番になると声援がひときわ大きいのが凄いなあ。

じゅうぶんな尺を取ったそんな企画コーナーはここで小休止、NO NAMEの衣装替えの間は声優さんたちの裏話トーク。間違って男子トイレに行こうとした話が暴露されて、「アイドルがトイレの話題ってw」「花を摘みに行ったということで」というあみにゃの言い訳はまたあとの話。4/10にリリースされる新譜の情報で予想してはいたけれど、メンバーがnext stageの青い衣装に着替えて再開したライブの1曲目は・・・「大声ダイヤモンド」!しかも


センターでの歌い出しはるきゃん!


もうね、もうこれだけでも今日は来た甲斐があるよ・・・先週先々週にそう言ってくれればいいものを!(違
セットリストは「少女たちよ」と続いて、新譜の抽選での特典はメンバーの生電話、との情報がここで初めてまゆゆから発表されたあとは「虹の列車」と「この涙を君に捧ぐ」。
そして出演者ひとりひとりの御礼のコーナーは朗らかにはじまりながら、かれんが全力で泣くや後続に伝播、なかやんもまおきゅんも・・・・・・そう、それは彼女たちがこの作品を、NO NAMEというユニットをどれほど愛しているのか、で。

そして最後の曲は「主なきその声」。
いまいちど出演者の挨拶があって、そしてスクリーンにはDES軍が襲来してきたとのアニメーション、観客の安全が確保しづらいためにAKB0048は幕張から去ってゆくというストーリーでイベントは17時55分に終演。アンコールはなかったけど、こういう演出なんだしね。
さて、じゃあ撤収・・・する前に!と物販コーナーに向かえばイベント限定グッズはつつがなく完売orzとのこと、やっぱ来場者は多くはなかろうと生産数が絞られたのかな、と。そうしてすっかり暗くなった幕張メッセを、

 友人 「next stageのEDはカップリングを明示してるよね」
 私 「はるきゃん(意訳)×総監督(意訳)は鉄板なんだけどね」

とかほざきながら、神イベントの余韻を味わいながらあとにしました。

(13/2/22 1:15更新)

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

AKB0048 NO NAME FIRST KILALIVE

コメント
コメントを書く