12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Nov 18, 2012

「意気地なしマスカレード」劇場盤握手会

ボンバイエ当たれ-!ぱるるやみゆみゆの素晴らしさを熱く語るお兄さんがいる隣のテーブルの談笑に聞き耳を立てることなく、裏手のデニーズで時間を潰してから向かったベルサール渋谷ガーデン。

正面の入口にはイケメンなお兄さん、「握手会ですか?」「あ、はい」「入口はあちらになります」と丁寧な誘導を受けて館内に潜入したのは15時43分のこと。特攻服のお兄さんや、輪になって座り込んで談笑に興じるグループ等々の人いきれと熱気を感じながらまずは。
「トイレですか?」「あ、はい」「地下になります」と、イケメンなお兄さんにまた丁寧に案内されて用を済ませて、手をしっかりと洗って階上に戻れば握手会のレーンには今なお列が。

14時から15時30分までの第3部が押しているものと思い込んで、物販はないの( ・ω・)?と狭い会場内をしばしうろついた私はいい馬鹿、それは第4部の受付を待っている列でぎゃー( ゚Д゚)
と慌てる必要なんかないけれど最後尾に突撃。ていうか、第4部の受付を行っている旨のアナウンスがあったあとでレーンに入場してきた人は少なくなくて、案内は頻繁ではなかった風情。タイムテーブルの掲示に受付開始時刻は書いてなかったしね。

とか、納品書と身分証明書と握手券をチェックする受付の女性がイケメンなお兄さんたちとは違って塩だったとか、瑣末なこと考えている場合ではありません。いざはじまった16時からの第4部、さっしーレーンを蛇行する列に身を任せながら見やったアンリレレーンのりっちゃんが可愛い・・・けどランドセルは装備してないのかとか、だからやってる場合じゃないってば!
今日のファッションはチャコールグレーのカーディガンにワインレッドのスカート、そして4人がプリントされたTシャツか・・・としっかりとチェックして、さあ、自分の番だよ!

 私 「こんにちわー。ちょっと早いけど、もうすぐハタチおめでとー!」
 指 「ありがとー!」
 私 「十代もあと3日だけどさ、どんなカンジ?」
 指 「んー、楽しみ?」
  ↓
 剥がし

じゃあまたねー!ていうか剥がし早くね?(´・ω・`) あと、俺はハタチへのカウントダウンは嫌だったんだけどな・・・と思いながら16時03分に退場。さて、18時からの第5部までどうしよう。
デニーズのグループも話題にしてたけど、ここ南平台町は渋谷とは名ばかりで、時間の潰しようがないよなあ・・・と言いつつ桜丘町まで行って戻って、冷えた体を会場の熱気で温めていると第4部の受付が終了、鍵閉めも終わってブースからいったん引き上げるアンリレ、そしてさっしー。
歓声が上がったあとはひたすら地下板に入り浸って、ぼーっと・・・していたけれど暑い、ここ!

でもいいかげん疲れているので、階下のトイレでまた手を洗ったあとは会場内でさらにぼーっと。
「座り込むんじゃねえ!」(意訳)とのアナウンスもあったし、レーンを区切るパイプの辺りで突っ立っていたのですが、これってなんか鍵開けを狙っているみたい・・・新規ですからそんな!ていうか辺りの様子を伺うに、通はブースへの列が連なっている状況では敢えて並ばずに、それが途切れてからレーンに入場するみたい・・・なるほどね。でも、私は新規ですから大勢の中のひとりでじゅうぶんです!><

だからオーラスの第5部は早々に受け付けを済ませてブースの前へ。
さっしーレーンは端なので、壁に取り付けられた空調の操作パネルが確認できたのですが・・・だから28度設定はやめれ(メ゚Д゚) と憤っているとアンリレとさっしーが控え室から戻ってきたようで歓声が。でも、いくらなんでもこの大きさは?
そしてブースに入ってきたさっしーが手にしていたものを見て、なるほど!と。やがてブースの机に置かれたそれは「北川」と書かれた団扇、そんな第5部も早々に自分の番。さて、今回は!

 私 「今日は1日お疲れさまー!」
 指 「ありがとー!」
 私 「ところでお願いがあるんだけど」
 指 「?」
 私 「来月のボンバイエが当たるよう祈ってくんない?」
 指 「・・・当たれー!
 私 「ありがとう!またねー!」

と言った瞬間に剥がし、絶妙なタイミング!
・・・なんだけど俺ってばなんかこう、キャバのキャスト相手のトークをしているような?

そんなケガレだから日本一ランドセルの似合う高校3年生の握手券は取らなかったんだよ!

でも満足しながら撤収、もとい、退場して帰路にはつかず、デニーズにまた行ってとりあえず夕食。いくら新規でも、第5部が終わったあとに何があるか想像はつくよ!と18時54分に控えめな、でも、それがちゃんと見えるであろうポジションを、インフォメーション&mu-moショップコーナーの前で確保。
第5部の受付が終了して、鍵閉めな人の握手も終わって・・・そして登場した「指原莉乃 with アンリレ」。スタッフさんから「それではメンバーからご挨拶を!」とのアナウンスがあって、

 李 「遠くから来た人も近くから来た人も、ありがとうございます!」
 玲 「楽しかったです!寒いですがみなさん、風邪をひかないように!」
 杏 「パシフィコよみうりランドから来た人はお疲れさまでした!」

等々、御礼はアンリレから始まって、大歓声の中の締めはさっしー。

 指 「みなさんのおかげでオリコン1位を取れました!」
 指 「あと今日よく言われたんですが、Not yetは解散しませんから!

言わずもがなの大歓声と大爆笑が上がって、そうして「意気地なしマスカレード」の個別は終了。
寒い夜空の下を風邪をひかないように、長い長いJR渋谷駅への道すがらの参加者たちは、満足して、談笑していたのでした。

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

「意気地なしマスカレード」劇場盤握手会

コメント
コメントを書く