12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Nov 4, 2012

ぷにケット26

ぷにケット26
イヤイヤ言いながらカラダはそうは言ってないね!(挨拶


土日の連闘、その土日ともに偶然Motherlandさんと同じ電車とかJR蒲田駅からの道すがらで出くわすとか('A`)
それはバイオハザード(意訳)とかレイジウィルス(意訳)とかサンクリ新刊の準備とかまどマギとかまどマギとかで疲弊して勤勉になれないため、こんな怠惰な時間に出勤だなんて!

ぷにケットだから正しいじゃん。

ということで最後尾に並んだのは10時20分、抽選列は中二病のキャラを付した4本で、先頭入場になるのは「2本目」という電波を受信したのでPiOの正面から見れば2本目にあたる凸守列を選択。
その凸守列の最後尾札は、続々と訪れる一般参加者にとっていちばん気付きやすい位置に浮かんでいる=ほかの列に気付きづらい風情、ぷにケットに慣れきっている駄目な人なら状況を確認するだろうけど皆が皆なわけが・・・アナウンスが少ないよ、案内板の告知もぱっと見で解りづらいよ。

はたして凸守列はいざ抽選が始まろうという時点で隣の森夏列のおよそ2倍('A`) これじゃあ先頭入場になろうと列が反転しようと、なんかこうもやもやが・・・あったけど無駄。はい、我らが凸守列は


最後の入場orz


ぷにケットに参加して幾星霜、実はコレを喰らったことはなく、嗚呼、「2本目」は駐輪場の外側から2本目にあたるくみん列だったのか、と超絶にもやもや・・・いや、入場順は気分の問題。ぷにケは実戦上、これが戦果を左右することは実はない!ましてサンクリを潰そうとしたせいで、SHTと共食いをしたせいで縮小傾向のいまのぷにケなら!

と気合を漲らせて戦闘開始、でも石橋を・・・と初動はプロペラ、PiO正面側の奥のほうから進路をとって、ぷり桃PalePink!Pointsとコピー誌やペーパーの捕獲から。
でもオフセだからって、L○者としてすみからすみまでをそんなあとにするわけが!と逆側の奥に侵攻、WICKEDHEARTの既刊とペーパー、オロリヤ鉛筆堂の新刊とペーパーを確保したなら


通はここで大手なんだよ!(負け惜しみ


そうほざきながらホールの最奥の大手ゾーンに突撃して、たぶんこの列がそうだよね、Motherlandさんが最後尾札を持っているこの長いのが

 私 「でぃれ~だーですよね?」
 Motherlandさん 「kuma-puroだボケ」


きゃー!(/ω\)


と左に光速で移動、時限じゃないので思いのほか列の短いでぃれ~だーを買って、参加者の会話を盗み聞けば限定数がぬるい=搬入数に余裕はありそうだけど次はUROBOROS。kuma-puroはその次だったけど無問題、ただ残部は少なそう?
ともあれこれで基本のミッションは完遂、ここまでオミットしたサークルさんのスペースの「新刊」の告知にも、いや、これは夏コミの本だろう・・・と浮かれず冷静、さすが俺!(疲弊のおかげでは
あとは勤勉であれかし!と全巡回、みつどもえやまどマギをおざなりにするわけにはいかないし!

あまり増えなかったけど

で、熾○堂の人だかりすげー、列が縮みも延びもしないし○わせまんじゅうすげーと感心しながら時限についてはほぼ他人事、と○っくりすこのペーパー配布を見逃す怠慢は今日も12時ちょっと前からCaffe di PiOでだらだらしていたorzからですがそれはそれとして。

撤収は12時20分、神田のヤンデレ&ツンデレオンリーに転戦したり、家で寝ていた人を叩き起こして「おいこら何してる今すぐ川口のゲームレジェンドに行け」と外道な発注かけたりと、皆勤勉なら私は。アケカスとして、私は。あるいは。

そうして向かった板橋のREQUEST STAGEについては次のエントリーで。


(12/11/11 21:15更新)

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

ぷにケット26

コメント
コメントを書く