12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Feb 26, 2012

スーパーヒロインタイム2012春

スーパーヒロインタイム2012春
ジンクス。


ぷにケットそのものならやたらと先頭入場列を引いたりロスのない立ち回りを演じたりできるのに、どうしようもないボケを重ねた去年のスーパーヒロインタイム。
だけど、だから、完敗だけはどうか避けられますように・・・と祈りながらJR蒲田駅からの道すがらのコンビニで紙袋を調達、でもこれが必要なグッズはどうせしくじるんだ・・・・゚・(ノД`)・゚・

自虐はそれくらいにしておいて。
踏切を渡るのは蒲田八幡神社に参詣してから、列に並ぶのはニコチンの摂取とトイレを済ませてから。
PiOに向かって左手の待機場所の壁沿いには圧縮された2列縦隊がまず2本、私が9時55分に並んだのはガードレール沿いの3本目の3/4になるあたりだったけどこちらは圧縮が緩く。

「付近の住民の方から騒々しいとクレームがありましたー!声のトーンは控えめでお願いしまーす!」というアナウンス(伏線)のあとで繰り返された「少しで結構ですから前に詰めてくださーい!」という呼び掛けに忠実に間隔をじりじり詰める訓練された兵たち、だから3本目は10時05分頃に来た人を含んで(伏線)折り返し、その4本目が延びるスピードたるや!

でも、ここに列を4本も作ったことってあったかな・・・と思っていたら10時25分にドナドナ、行き来がまるで不可能では実にもっとも。
やがて10時35分にはじまった予備移動、1本目と2本目が誘導されて少しして、我が3本目も動き出したのはいいけれど・・・なんでこんなに進む?なんでエントランスまで?1本目と2本目は何処に行った?

ぷにケットの即売会がペナルティをやるときは、その対象となる列を小展示ホールに続く階段に持って行くけど今日はその階段も謂わば会場の一部、2階のベンチ付近に一般参加者のような人が見えるのは・・・と思っていたら列が移動を再開、誘導された先は建物中央の階段室。
これ、1本目と2本目は階上に昇ったんだろうけれど、一般参加者があまりにも多いから列をこうまでして引っ張って、2階から1階に入場させるのかなあ・・・と思った私は大概で、


およそ400人を対象としたペナルティが炸裂。


「カタログにはなんて書いてありましたかー?付近の住民の方からのクレームもありましたー!」というアナウンスが聞こえる階上の不穏な空気は、階段をちょっとだけ昇った私の位置にまで伝わってきて、「肩たたきで列形成をしたのなら、反転させるのはちょっとおかしいですよね?悪いのはこちらですが、それだけは考えてみてくださいね」といった一般参加者の声も。まあそうだね。
さらに、階下のスタッフさんの「みなさんは何時に来ましたかー?」という呼び掛けには

 「10時!」「10時!」「10時!」「10時!」「10時!」「10時!」

とシュプレヒコールが。
ムーブメントの最中に開催されたぷにケットのまどマギオンリーはペナをやるかもと読んだけど、今日もパパ聞き本家の降臨でいかにもだったけど、「10時!」と叫べない私は罪に殉じないといけないな。
ボケたとき以外は、いつもはカタログやサイトに忠実に、10時ちょうどに並ぶのになあ・・・・・・でも今日はそれでもペナじゃん!

そうして隔離された列は反転、3本目の後方を先頭に引き返して、私が入場できたのは11時05分・・・と早かったからこれ、どれだけのペナになっているんだろう?と。
開場の拍手が上がったのは11時01分、我々が入場した時点でエントランスにはまだ列があったわけで・・・だからたぶん!

と戦闘を開始、主戦場はまどマギだけど頼まれものがうぜぇと離れた配置、陸の孤島のジュエルペットオンリーのコピー誌を初動で捌いたあとは・・・コピー誌があるorあるかもしれない島中から攻める戦略を翻して壁に突撃してみよう!
ほら、ガラスの向こうの館外に狂った長さの列は見えない、頒布がはじまっていない薄荷屋の列もほどほどで、この位置から見えるほど延びるはずのパパ聞き本家の列はだからまだそれほどでは。
4本目とせいぜいもう1本が先に入場したくらい?なら、動揺することなんか!

そしてOver:ΔGRINPLucky Chance!とまどマギゾーンの外周から掃討を開始、まず向かうはずだったマズルカSTEPす茶らか本舗Pointsを殲滅して中央の通路を突っ切って、ヨツクロ37カゲ路も捌いて振り返ればその向こうには。只今11時10分、ここで薄荷屋!

れいんさんは粘着質です。

・・・・・・列がじりじり進んでいるけどこれ、牛歩じゃなくて圧縮だよな、いまだに頒布がはじまってないよなorzとは思ったけれど、コピー誌があるorあるかもしれないサークルさんで危ないところは不在の確認もぜんぶ済んでいるから・・・あ!a-t○ackに行ってない!
だけど急いても詮ない話、篤見先生とジャンルへの忠誠心を粛々と捧げること16分、ああ、フルセットが買えた・・・・゚・(ノД`)・゚・
ので同じ外周のa-tr○ckにダッシュしたら新刊はなし、ペーパーを後刻配布するとの告知があって一件落着、今日は運気が!

とペナを喰らった分際で勢いがついたのでホール中央から奥の配置のサークルさんを一気に巡って11時29分に2階に移動、一路向かった珍譜堂でペーパーもつつがなく捕獲してから漂流日誌がいるー!と動揺、じゃなくて高揚しながら11時35分に1階に引き返して、まだ買っていないサークルさん、さっきは不在だったサークルさんのチェック、そしてまどマギゾーンの全巡回。

知らないサークルさんのよさげな本を「プリキュア以外の新刊と既刊を全部下さい!」とか、パパ聞きなポスターを展示したスペースの、阿鼻叫喚くさい時限はなんだと思ったら分家で、あ、いたのか、カタログの配置と真っ黒なカットを怪しみはしたのに、あとでそうと気付かされるまで忘れてたや、とか。

で、12時08分に喫煙所でニコチンを摂取、諦めたサークルさんがふたつあるけど、忘却ぶっこいたり列を見ていったんオミットしたりしたところは無問題、ペーパーをギリで頂戴できたサークルさんもあったりと今日はほぼ完勝、ジンクスを跳ね返せたよ!
気分頗る上々に、10時に来ながらペナを喰らったと会場をもうちょっと巡回してもうちょっと本を買った12時23分に退場、ビールと昼食。10時35分という怠惰で正しい時間に来てペナを喰らうことのなかったたちがやがて合流、ひと息ついたあとの13時35分にPiOに引き返して。

さきすぺ実行委員会がいたのだからもっともだけど、来週の執事とらのあなのカタログが頒布されていたことを知らずに、そして完売していたことだけがちょっと痛い失敗でした。

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

スーパーヒロインタイム2012春

コメント

私もペナくらいました。スタッフに説明をもとめて、こっちは肩たたきなんだと必至に主張していた方が、反転時には列を崩して我先に会場に向かったのはなんだかなぁと思いました。

投稿者: axs (Feb 27, 2012 1:15:54 PM)

コメント、ありがとうございました&昨日はお疲れさまでした。
説明を求めていた人は穏やかな口調で、血気盛んな頃の自分だったらもっと痛いもの言いをしただろうにと思いながら見上げて聞いていたのですが、そんなことがあったんですね・・・

投稿者: lein (Feb 28, 2012 12:23:30 AM)

コメントを書く