12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Oct 30, 2011

COMITIA98

COMITIA98あ、豊郷のけいおん!オンリーが来年はゴールデンウィーク真っ只中の開催だ!
今度は社畜にやさしい日程だから初参加・・・げ。COMITIA100と被るのかorz

そして今日。
だろうが長野だろうが皆勤してきた者として壁厨としてやっぱさきすぺは・・・でも今日はティアだから!
と、りんかい線直通の埼京線で月厨な相方のYくんと出陣、

 Yくん 「12/31に発売したらアキバがどうなるか解ってんのかよ!」
 私 「知らねえよ」

などと創作を舐めることなくビッグサイトの西駐車場、一般待機列の最後尾についたのは8時42分、いくら8列縦隊とはいえ列はまだ1本、しかもこの短さは?
そう、先客は560~600人、そりゃあ敵は少ないほうがいいけどなんだかね・・・と、じりじりと灼けてみたり、陽が陰れば肌寒い待機列を離れて思考と空想に耽ってみたり、遊歩道の喫煙所でニコチンを摂取したり。

そんなだらだらしている私を戒めるように、Yくんに「Aくん(私)のマップだけどさ、squeezecandyheavenはチェックしてないわLenso Girlも抜けてるわ」とツッコまれたり、Motherlandさんには「卓球フラジイルを忘れるなんて、○ってんじゃね?」と蔑まれたりしているうちに一同起立、開いた西2ホールのシャッターに向かってじわじわと圧縮される待機列。

そして会場内からの拍手が繋がってきたのは11時01分、さあ、板橋の壁厨はほっといて創作のカーニバルの開幕です!

策は弄しない、この配置なら初動は一択!
と、まず向かった「に26a」の杉並デルポイスタジオで新刊コピー誌を捕獲するや、返す刀で「に26b」の腹痛ダイナーの新刊折本も奪取!したのでもうひと仕事を終えた気分だったけど、Yくんに怒られないよう振り返ってPURRの無料配布を謹んで確保。

マップ上部が私の担当、外周通路を引き返して向かった「へ42a」の卓球フラジイル列が数人だったのは僥倖、「へ42b」のてっちゃんハトも買ってアレな配置を捌いたあとは島を軽く掃討、TIDALWAVEや壁の彩度といった壁も、あれ?人がまばらだね?と片付けたならSTUDIOふあん(意訳)!

最後尾札を受け取ったのは11時11分、ついに長い列に並ぶことになったのは、待つ間にこのあとの立ち回りを確認できるからなんら不満はなかったのですが・・・全然進まないな。
それもそのはず売り子さんは女性がひとり、その挙げ句に新刊、既刊の中身をじっくりと確認している正しい参加者がちらほら、セクハラかよ( ゚Д゚) と苛立ちはしないけどこれで1限は辛い、この時間帯に7分かかるのは・・・(ヌルい(伏線

そう思いながらループした2冊目が2~3分で買えたのは神さまの思し召し、外周をマップ下部へと突っ走り、製本中のコピー誌を売って頂く下品な真似を道すがらで織り交ぜながら決死の覚悟で・・・ミルメークオレンジの最後尾は何処だ!
ところが列などなくあっさり買えて拍子抜け、なら!とホンノキモチヤに気合を漲らせて向かえば、スペースでは太平楽な無料配布。
あ○すとち○こ(意訳)の阿鼻叫喚だけはすぐそばだから目に入ったけど、このふたつのサークルさんはYくんに頼むのが憚られたというのにいったい何事?みんな何処に行ってるの?

W○SABIやW○rdGear、デ○ラバだろうけど。

まあ、一般参加者はいつもより少ないふうに見えたしね・・・ともあれこれで序盤のミッションは終了、私とは比較にならないスキルを有するYくんもとっくにやっつけてるよなと思いながらも一応電話、

 私 「もう西1ホールに移動しようと思うんだけど、bismokaは買ったよね?」
 Yくん 「まだ御茶ノ水木人会に並んでますが何か(´・ω・`)」

難度の差はあれ、担当したサークルさんの数はひーふーみーよー・・・・・・あとでゆっくり話を聞かせてもらおうか。( ゚Д゚)y-~~
で、西1ホールに移動してsqueezecandyheaven→SIESTAから粛々と殲滅、ジャポニカ自由帳を買い損なうのもよくある話だからしょうがないorzとかやりながら西2ホールに戻ったのは11時46分のこと。

ここまでオミットしていたサークルさんを黙々と巡っていたらYくんと邂逅、オ○ホな本やオ○ホじゃない本を買うのに付き合ってもらったあとの11時58分に撤収してゆりかもめとJRで向かった秋葉原、

 Yくん 「だって地下魚で15分!あと御茶ノ水木人会が!ネコダケは10冊買ってる人がいて!」

TTTのコピー誌も買って来てくれたから何も言うことはないけどね。
と、お好み焼きをアテに生中に次ぐ生中、ついでに仕分けを済ませたあとは同人誌ショップの巡回、嗚呼、bolze.のさきすぺ新刊は4,000~4,200円・・・(´・ω・`)
でも今日はティアだったから。

Oct 23, 2011

サンシャインクリエイション53

サンシャインクリエイション53けいおん!か、それともはがないか・・・やっぱけいおん!

と、スペイン階段が封鎖されているという罠にひるむことなくA23ホールの最後尾についたのは8時09分、サンクリに忠誠を捧げる秋。
豊島郵便局沿いの通路に並んでいたら、忠誠を捧げなかったいにしえのレヴォを思い出した神さまのいない10月の日曜日、汗ばむ陽気。

雨にならなかったのは幸いだねと思考と空想を済ませたり、ほどよく近い場所にある喫煙所でだらだらと時間を潰したり・・・はっ!なんで私はアルパのカフェに?
傍にはそれはもう胡乱な集団、その中央には鋭い眼光を放ちながらサークルリストを凝視しているね○いち軍団長、

 「初動はやっぱデジラバのマグカップだな」
 「モノ×クロは死ぬ気で買えや」

・・・・・・こ、ここにいたらきっと殺られる!
のでワールドインポートマートの入口に逃げてMotherlandさんkawaiikuoさんとだらだら。ああ、ヌルい人たちは和む。
じゃあそろそろA23ホールの最後尾に戻ろうっと♪なのに開場したら

なんで私はQPに?

/人◕ ‿‿ ◕人\ 「僕と契約してはがない本を買おうよ」

そうしてなんだか分からないままA1ホールで開幕した私、つつがなくQP:flapperの新刊を捕獲するや傍のPINSIZE Inc.に移動、見知らぬ2人と私だけで最後尾札を渡したり渡されたりしながら1限のコピー誌を何冊か確保・・・したあとは廊下!
あの列はホールの最奥に繋がっているからたぶんクレスタ&ETC×ETC・・・じゃあこれか?いや、何か違う・・・と列のない白血球赤血球を衝撃とともに買って、

 「あ、あの、まどマギの杏子をお願いします・・・」

アイマスのサークルさんに外道なスケブをお願いしたあとは珍譜堂だったのですが・・・あ、冊数を間違えた!と白血球赤血球に戻ったりしてからA1ホールを脱出したのは11時05分、さあ、ギャンブルの時間です!

そして館外の最後尾にダッシュ、A23ホールに入場するや脇目もふらずに向かうはbolze.
混雑しているであろう外周通路を避けて島中を突っ切る策を弄してみたら仇、SEM;COLON列ががが!と遠回りをする憂き目に遭いながらバルコニーの最後尾についたのは11時12分、澪のアレな本は1限に決まってる!きっと間に合う!

頗る捌けのよい列に身を委ねて、そんな祈りを捧げること8分、よかった、買えた・・・・゚・(ノД`)・゚・
けどスペースの残部たるやおよそ30冊、ギリだったじゃん・・・と動揺しながら、ミッションはまだまだ残っているのに11時23分の完売の瞬間を信者として見届けて( ̄ー ̄)から戦闘を続行、外周を掃討・・・なんだこのパケット移動、ホールを横断するあの列は・・・まさか!

某氏 「最後尾札が『さ○りがため』はないだろ」

はたしてモノ×クロ&Treat me nice列の最後尾はホール逆側の廊下の先、一時は階段を昇ったという狂気。
ただ、阿鼻叫喚は見た目であって、列の進みはよさそう・・・だったけど流石にひるんで敵前逃亡、音速で島を捌いてA1ホールに引き返して、買い忘れたねこごろアレなスティポを捕獲してからBホールに移動したのは11時40分・・・遅えよ、俺!

だから何も考えずにマップの左下、オロリヤ鉛筆堂からこちらの殲滅を開始、チェックしたサークルさんの本を大過なく買い終えてバルコニーの喫煙所でひと息ついたのは11時53分のこと、さて、これからどうしよう・・・とりあえずさそ○がため先生だな。
で、A23ホールに引き返すも完売で一件落着、A1ホールでさらにボケをしでかしていたことに気付いて萎えた12時07分にいったん退場、とりあえずぼっちで軽食でも・・・否、サンクリに忠誠を誓う身として。

そうしてまどマギ本の物色を主眼とする全巡回に突入してよさげな本、サークルさんが開拓できたことだし、しょーきさんとニコチンを摂取しながら黒い雑談にも興じたしいい加減・・・いつまで戦ってんだ、二大買い専のひとりと同人誌を切り刻む人は。

偉大なおふたりを待つ間に全巡回を続行したり、あ、そろそろとスケブを拝受したりしていたら「いつまで戦ってんだ、ヌルオタ。もう撤収するぞ」とメールが。ええ、撤収しましょう。( ゚Д゚)
で、13時12分にサンシャインシティを離脱して、でも食事に向かう前にとらしんばんに突入、ごった返す店内にサンクリ新刊はまばら、さそり○ため先生があったらカタをつけようと思ってたんですけどね☆彡

とかなんとかやりながら彩の国に移動、馬車道でペペロンチーノを肴にまずは生中。
メロンブックス大宮店でさきすぺのカタログを買ってクリアファイルを頂戴したあとは温泉にまったりと1時間、さらに生中や生中をやりながら改めて今日の感想戦に興じたり、

 「さきすぺは行きたいけど・・・」
 「コミティアとぶつかるんじゃあなあ」
 「なかったことにしよう☆彡」

来週に思いを馳せたりしているうちに、秋の日曜日は暮れていったのでした。

(11/10/24 23:50更新)

Oct 2, 2011

QMAKET Orchestra

QMAKET Orchestra
衝撃の盛況。


お願いできたスケブを待つために食事をして台東館に引き返せば、一般参加者が減っているようにまるで見えない・・・コスプレコーナーの賑わい、サークルスペースの和気藹々。

 「あんなサークル、ジャンルジプシーだよ!」
 「違うって!QMA1の頃からコミケでだって!」

そんなアレな議論まで聞こえて来るジャンルの強さ・・・・・・俺は参加してよかったのか?

そう思ったのは午後のこと、時間を巻き戻して。
台東館の即売会に参加するのは一体いつ以来・・・なのか思い出せないほどに久々、でも今日は気合を漲らせるほどでは?とのほほんと、4階の半面を使用した一般参加者の待機場所、最後尾についたのは9時47分のこと、先客はおよそ60人。

まあそんなとこだよねと思ったのも束の間に、ねういち軍団長から秋アニメについての薫陶を賜ってだらだらしているうちにぐんぐん延びる待機列、「コスプレ参加の方は挙手願いまーす!」というスタッフさんの呼びかけに反応しない、少なくはない女性の一般参加者・・・なんか凄い。
1本30人弱の2列縦隊も6本をとうに超え、いくら今日は競合イベントがないからって・・・と唖然とする中で始まった予備移動と11時の開場宣言、一般参加者は一糸乱れずR-18ゾーンに誘導されてっておい!まあ

まず買うのはエ■本だからいいけどね!☆彡

と、初動はピコピコ★ラビリンス
列はもちろん延びようとしていて売り子さんがひとりでは捌けもいまひとつだったけど、私がいくらこのジャンルに暗くても「あ、あの、みつどもえ本はもう描かないんですか?」と訊くことなくつつがなく確保・・・GTはどうなってる?ああ、最後尾はもちろんR-18ゾーンのパーティションの向こうだね。
でも、慌てるな俺!と次に向かうはFANCY CUBE!私がいくら(中略)「あ、あの、みつどもえ(後略)」とほざくこともなくペーパーを頂戴したあとだよ、天王山のGTは!

そしてパーティションの外へ向かったら・・・スタッフさんが持っているのは紛うことなく最後尾札ですね、列の途中札ではないですね?
R-18ゾーンの入口の反対側のパーティションを折り返しているあの列からの、パケット移動とかじゃないですよね?

某氏 「さくらハーツより少年エースの方が強くなきゃおかしいだろ!」
・・・知らんがな(´・ω・`)

まあ確かにこれも衝撃、ともあれ大過なくGTを捕獲したあとはオノマトピア・・・スペースが分からないorz
ていうかオンリーで配置番号がaとかbとか!ヽ(`Д´)ノ とかいう逆ギレを鎮めるべく全巡回に突入、でもGTのパケット移動の列かと思ったブラッディホーク、最後尾がスタッフ本部に突き刺さりそうになっていたDejaVuの光景に鎮まりようはいまひとつ。パチスロやまどマギのサークルさんじゃなかったんですね!(死

なんで11時15分、しょーきさんと一緒に喫煙所へ・・・あ、撤去されたはずだったエレベーター脇の灰皿が復活してる!台東館、ばんざーい!
なんだけど、R-18ゾーンに入場する際のエ■バンドチェックの厳しさもさすがは台東館、階上のデュ○ララ!!オンリーは完全にR-18だったようで「チェックするのが面倒だからでしょう」という意見は卓見、なんかせちがらいよねえ。

とかなんとかやりながら11時50分頃にいったん離脱、スケブを待つ間に食事をとることにしましょうか。ねえ、バンバンさん
で、ねういち軍団長としょーきさんとの秩父遠征メンバーで、浅草寺にお参りしながらつくばEXPの浅草駅にほど近い和食の店でイクラ丼と生ビール♪をやってから台東館に引き返したのは12時58分のこと、そしてその時の衝撃が冒頭、ほんと凄いや。とか言いながら、


LOのキャラを描いて頂いた外道


はスケブを拝受したあとの13時03分に撤収、向かった先は大宮。
浅草からあっという間やね・・・とらしんばんのコンテナを漁って黎明ネルトリンゲンを買ったり、メロンブックスでポニーRさんのハンドタオルをもらったりしたけれど目的は温泉。休み休み1時間20分も浸かっていたら、ああ・・・社畜かつ煩悩ゆえの疲れが癒やされるったらありゃしない。

だから風呂上がり、長野遠征メンバーは食事処で飲酒に次ぐ飲酒、この温泉の盛況も相当だったので気分よく、蛍の光の流れるらしんばんに引き返したりとかしてから高崎線でようやく家路につきました。