12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Apr 24, 2011

~もう何も恐くない1~

赤禁則事項ですキョン君(はぁと)とかLast Stageとか。さきすぺ2&執事とらのあな6とか。

とびきりのスラップスティックが予想された同人誌即売会はことごとく、終わってみれば大山鳴動なんとやらだったけど・・・今日ばかりは違う!
前○たんはとびきりのエンターテインメントを提供してくれる!今日ここまでの経緯を考えれば、まともに終わるわけがない!

赤と青のカタログを売って小銭を稼ぐことなく迎えたワルプルギスの朝、寝坊をぶっこいた連れを叩き起こして、杏子の本は全部買うぜ!という気合を漲らせて向かった日本橋、綿商会館が香ばしいことになっている(ように見えた)のはいいとして・・・サンライズビルって何処。

すかさずXperiaのGPSを起動したけど、すぐそばの横断歩道には道案内と道路を渡る際の安全確保に勤しむスタッフさんが。コミケですか。
サンライズビルにはさらに香ばしい(ように見えた)一般待機列。7時の時点で300人以上集まったとか、入替制の第1部は各フロアとも350人で入場を打ち切るらしいとか、そんな情報が飛び交う中で・・・今日はソウルジェムを濁らせないように!

でも、ローリングスタートだったら魔女になってやるщ(゚Д゚щ)

と意気込んでいるうちにはじまった開場前入場、この2階に配置されたQP:flapperはフロアのいちばん奥だから混乱もなく列を形成、そして固定。
やれやれ・・・と思ったのも束の間、やはり壁ながら列を逃がせない中央にいたMIX-ISMのとびきりの阿鼻叫喚を眼前に他人事とはいえソウルジェムが濁るのを感じていたら、あ、前○たんがすぐそこに。

60サークルの募集に850サークルの申込があった、都産やサンシャイン、ビッグサイト等々の会場はどこも空いていなかったといったくだりはともかく、この日のために150人のスタッフさんが集結した、警察に道路の使用許可も取りつけた云々と続く挨拶に、フロア内におおーっ!と歓声が上がって・・・さあ、ワルプルギスの即売会のはじまりです!

トメ太さんの手ずからに新刊をまず確保、1限の200円ならループが楽そう・・・とは思ったけれどMIX-ISMの毒気に気圧されたこともあり堅実に、すぐさま掃討するべきはヘルメットが直せませんにはじまるD島とC島の通路沿いのサークルさん!
ところが好事魔は多く、次に向かったスペースでは本が山積みなのに中の人が誰もいない・・・ので5秒ほど固まったけれどどうにもならない、時間が惜しい!とこの通路の殲滅を敢行、ただひかりのまちは列が延びていたので一旦スルー、その背後のす茶らか本舗とE島を捌いてから!

青そんな立ち回りをしていたら完売の告知がorz でも、開場してもう10分以上経っているから!とフロア移動を決意、一旦1階に降りなければいけないとのアナウンスにもめげずに突入した3階、ゆかい絵本や東*南*東のコピー誌は完売ですかそうですか。

さらにCHRONOLOG&D・N・A.Lab.やH○ppyB○rthdayの列の長さ、ちゅうにの完売を見て4階は一旦スルーすることを決意、第1部のぶんはなくなってそうだし今日は連れを連続して長時間放置できないという事情があるし、入替制だし。

3階と4階は頼まれもののほうが多いし。

で、さっき中の人がいなかったサークルさんが第1部で売り切ったくさいことに、ああ、綿商をお願いしてある@++さんに○される・・・という動揺を抑えるためにニコチンの摂取に向かった館外では、QP:flapperを5巡しただの欲しい本が第1部で全部買えただのという会話が聞こえてきたけど、


繰り返す。私は何度でも繰り返す。


そう、第2部でも初動はQP:flapper!俺の忠誠心を舐めちゃいけない!
トメ太さんの(後略)のあとでひかりのまちも今度はつつがなく捕獲して2階を離脱、1階に降りて階段を上ってまた2階に入場するボケをやらかしたけど、ゆかい絵本もちゅうにも今度は無事に確保。
ふっ・・・これが入替制だぜ、俺の戦略は間違ってなどいない!とCHRONOLOG&D・N・A.Lab.もしなやかに捕獲(´ー`)y-~~ ていうか、人、少なくね?

はたしてHa○pyBi○thdayには列がなく、トートバッグはともかく皿か・・・( ゚Д゚) 重いけどまあと買った現場を園衛さんに押さえられて、ち、違うの!これは外道な人に頼まれたからなの!
と言い訳してから向かった4階はやはり閑散、STUDIOふあんも何もかも列などない状態で買うことができて・・・はともかく、

 外道な人 「俺は行かないがSn○w Ringの合同誌を買って来い」
 私 「らじゃ(*'-')ゞしました」

・・・・・・なんだこのでかい紙袋は(メ゚Д゚) と10秒ほど固まったけれど、J○KER T○PEはそりゃあ欲しいでしょうからね!と怒りにまかせて確保したあとはまた第1部のあとのようにだらだらと。
そして第3部、ネタでMIX-ISMに突撃しようかと思うもTシャツや先着配布は終了、QP:flapperもこの回での頒布はなく、急遽フリー入場になったからあるいは・・・と思うも混雑することもなく、ひかりのまちのマイクロファイバータオルは残っているわ、そんな2階はまだしも3階と4階は第2部よりもさらに閑散、東*南*東の杏子タンブラーが買えるわで・・・

ところで、私が妙な行動をしていたのは連れがいたから、アニメ好きで声優好きでまどマギも大好きで、だけど同人誌即売会に参加したことなどない女の子を連れていたからだったのですが。

だって三次元に杏子はいないもん(´・ω・`)

そして、「いいか危険を感じたら逃げろホールの隅でじっとして俺を呼ぶかあのまどかコスのスタッフさんに助けを求めろ今日はかつてないイベントになる10年選手でさえもう何もかもが恐い修羅場が繰り広げられるはずだから(後略)」とさんざん脅かしていたのですが。
彼女はサークルさんとあれこれ話して、シャルロッテやキュゥべえのマスコットやらビックリマンシールやら何やらを嬉々として買ってきて、そして「普通だったね」と感想を語ってくれました。

普通。

その「普通」はサークルであれ一般であれ、即売会に慣れている人にとってどういう意味なのか。
終わってみれば大山鳴動なんとやら・・・どころではない結末は衝撃的ではありました。
だけど彼女は楽しんでいた。

(11/4/26 1:40更新)

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

~もう何も恐くない1~

コメント
コメントを書く