12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Oct 30, 2010

ソウ ザ・ファイナル 3D

ソウ ザ・ファイナル 3D
「ゲームオーバー」を最後に言うのは誰なのか。


ついに完結するソリッド・シチュエーション・スリラー「ソウ」。
奇跡のような第一作にはじまった、「生」をめぐってジグソウが、後継者が仕掛けるゲームの物語の結末はどのようなものになるのだろう?

映画会社にとってのドル箱の続編はたとえ凡庸に堕そうとも、ビリーがケラケラと笑い、「Hello Zepp」が流れるファンタスティックは、ハロウィンの季節にファンを楽しませてくれたわけですが、はたしてこの完結編は・・・3Dゆえの揶揄ではなしに、とにもかくにも平板で。

たとえば交錯する時間軸、ジグソウとアマンダのラブ・ストーリーを描いたIII、登場人物のトリックと、ジルとFBIがホフマンを追い詰める緊張感が心地よいVI。
物語の結末にはそうした奸計と精緻が求められたというのに、シリーズのテーマである再生をどのように描くかが注目されたというのに。


ジルとホフマン。
クレジットされたケアリー・エルウェズ=ドクター・ゴードン。


ジグソウの傀儡たる彼らのせめぎ合いをきっちりと構成できたなら、駄作が混じっていようともこのシリーズは喝采されたものをと、ただただ残念でなりません。

だから白昼に群衆の眼前で仕掛けられたゲームも、ホフマンの警察への侵入方法も小手先にすぎないもので、むしろ腹立たしく思えるほど。あと、「ホフマンを信用してはいけない」という教えを暗い瞳の中に宿していたジェフの娘はどこで登場するのだろう・・・と最後の最後まで期待していましたよ、私は!

まあ、ジルがホフマンに直接的には敗れるといった意外性や、3D作品にありがちなわざとらしい演出は少なめ、しかし観る人がみな期待したはずのモノが飛び出したことは上々とは言えますが、ともあれ最後に告げられた「ゲームオーバー」にはなんら感慨はありませんでした。


(文中、ネタバレは背景色にしています)

ソウ ザ・ファイナル 3D  SAW 3D
2010年 アメリカ
配給 アスミック・エース
製作 マーク・バーグ オーレン・クールズ
監督 ケヴィン・グルタート
出演 トビン・ベル ケアリー・エルウェズ コスタス・マンディラー ベッツィ・ラッセル

Oct 24, 2010

INSIDE IM@S 3&ストレートラブ!とぷにケット22、サンシャインクリエイション49

INSIDE IM@S 3&ストレートラブ!
さあ、10.24のはじまりです!


サンクリに忠誠を誓う買い専としてもちろん今日は!
・・・なんだけど、転○屋さんたちはたぶんサンクリに戦力を投入、アイマスオンリーぷにケの本は買ってきてくれないよね。
うん。だから。

俺が実は壁厨じゃないことを証明してやろうじゃないか!

そうしてサンクリは壁厨乙に任せて川崎に向かうことにした私、意気込みが違うので産業振興会館の最後尾に並んだのは9時ちょうどと早く、だけど信心の深いプロデューサーはもうおよそ40人。
一般待機列と言うにはgdgdすぎだったそれは、9時45分にはじまった圧縮からそのまま形成されることはなく反転、呪詛の声が聞こえる中で私も10人分ほど損をしたけどめげることなく、荷捌き場についに作られた喫煙室のドアが開かなくてもキレることもなく・・・今日は些細なことを気にしている場合では!

と開場するやうたかた倶楽部木のもとでを捌いて混沌レディースタジオをループして、PennyLaneをやっつける序盤のミッションを済ませたあとは、ぎゃろっぷだいな列のパケット移動を傍観してから島を掃討、漆黒のバゼラードで出くわしたCIAさんと、

 CIAさん 「混雑すげえな!まだぎゃろっぷだいなに行ってないんだけどさw」
 私 「俺も俺もw」

ぷにケット22とかやりながら、この時点で遂行可能なミッションを終えたならぎゃろっぷだいなをさすがに捕獲、双六とPennyLaneの無料配布、開場時には来られないことを前々から宣言していたキスミーセシル CIAさんにおまかせ♡ またあとで!と11時24分に会場を離脱して、さあ、蒲田に転戦です!

 Motherlandさん 「俺妹本が出ていたら基本的に全部」(原文ママ)

そんな俺妹厨の指令、戯言はぶっちぎる気満々でぷにケに突入したのは11時40分。
サンクリを潰そうとしたおかげでとても通行しやすい会場を突き進み、みつどもえからホール奥、そして壁、島を粛々と殲滅、天然石なんかはさすがにダメだったけれど、コピー誌やオマケがほとんど狩り尽くされずに残っていたことは僥倖というよりはサンクリを潰そうとしたおかげで、UROBOROSや時限のP○leP○nk!をラス2で確保したことなどはなんていうか・・・人徳?

だから頗る気分よく、はしたないポジションを確保して木○帰りの時限を捌いた12時33分にPiOを撤収、さあ、川崎に戻るぜ!と飛び乗った京浜急行は川崎や横浜に向かう電車ではなく、


羽田空港国際線ターミナルって綺麗♡


と馬鹿正直にレポに書いて己の馬鹿さ加減を晒すことが躊躇われるほど馬鹿な真似をやらかした馬鹿が産業振興会館に引き返したのはだから13時19分。
ところがそれはキスミーセシルの頒布がまさにはじまらんとしていたところ、PennyLaneの無料配布にも間に合ったし、うん、人徳って恐ろしいね。 (´ー`)y-~~

とかなんとかほざきながら、荷捌き場の喫煙室を覗いたら人がいたので、あ、ドア開くんだ・・・とご相伴、あとからやって来たスタッフさんを交えて、建て付けがよろしくないこととか、この会場に久々にニコチンが摂取できる場所ができたことを寿いだ13時35分・・・池袋に行くぜ!

1010243 kawaiikuoさん 「でも、b○lze.はもう無理だと思うよ?」
 私 「頒布はクジ引きだってば情弱pgr

京浜東北線と山手線と埼京線を間違えることなく乗り継いで、そんな一縷の希望に賭けた私がサンシャインシティへ、A23ホールへと突撃、スペースに貼られた告知を確認してベランダのb○lze.待機列の最後尾についたのは14時43分。
そこには園衛さんがいて、「あ、馬鹿が来たw」と嗤われながら雑談に興じているとほどなく数メートル背後でスタッフさんが「はーい、もう並ばないでくださーい!」と列の打ち切りを宣言。
見知った人たちの、「あーあ、間に合わなかったーw」という残念そう じゃないよう な表情を見やって、それは信心が足りないからですよ(´ー`)y-~~ とほざく暇はなく、そういう状況でもなく。

待機列の移動がはじまるや、だいぶ前のほうで「このあたりで微妙、そちらのみなさんではたぶん無理かと・・・」というスタッフさんの説明が聞こえて・・・え?クジ引きでの頒布じゃないの?
そう思ってあえて早くから並ばなかった人は少なくないだろうから、「おい!クジ引きじゃないのかよ!」と大声を張り上げた人がいたのはまあもっとも、私の場合はたとえそうでも執事とらのあな!5のときのような勝負弱さがあるからまあ・・・だけど、そんな心配などする暇もなくやがてはじまった頒布は14時55分頃に終了、うん、

サンクリへの忠誠心とb○lze.への信心が足りないからだね。 orz

とか言っている場合ではなく、閉会までもうあと30分だから足掻くだけ足掻くよ!
だから軍団から「いつまで何やってんだこの馬鹿、とっとと合流しろ(メ゚Д゚) 」と10分おきに発信されていた電話やメールになど気付くはずもなくBホール→Cホール→A23ホールを巡回、完売以前にサークルさんはことごとく撤収済みorzだったけど買えるだけ買って、園衛さんと綾瀬さんバンバンさんに土下座をして、閉会のアナウンスと拍手を聞いて、

 私 「なんで今日という日に携帯が電池切れしてんですか!」
 Motherlandさん 「てめーのせいだ(メ゚Д゚)

とかなんとかやりながら軍団と合流、ああ、10時前からここまで口にしたのは缶コーヒー1本だけだから生ビールがうまいぜ!お姉さん、おかわり!
ついでにラーメンを掻き込んで仕分けも済ませた頃に、人徳や信心が足りない屑の集団の上には雨が降ってきたけれど、10.24を戦い抜いた人たちは、みなさんは、満ち足りた気分だったはずですよね!

Oct 11, 2010

けいほん!!3&キミトノキス_ヲ5&し~むす!3とCHAOS;GATE

けいほん!!3本が買えるかどうか、それは確かに重要なことだけど。
いかにも混乱しそうなイベントが好きな者として、9/20(月・祝)のRAG-FESに参加しなかったことはくやしい・・・!だから今日はけいほん!!に行っちゃう!

そして綿商会館に突撃、1階の入口にあった「階段で6階まで上がれや」(意訳)という告知に従って息を切らせながら、蒸し暑い階段に形成された一般待機列にわくわくしながら並んだのは9時27分のこと。
最後尾札がけいほん!!のイラストだったせいで「キトキスに行きたいんですが、ここに並んでいいのでしょうか?」と戸惑っている人がいて、今日のイベントは細かいことは気にしないほうがいいですよとは言いたかったけれどフロア構成が判ってないのはこっちも同じ。

はたして10時27分、ようやく販売されたカタログで、みっつのイベントがひとつのフロアでまとめて開催されることを知って、ちぇっ、一般待機列の誘導が訳の分からないことになるのを期待してたのに、と。
実際、予備移動のタイミングが微妙に遅くなったのに開場は11時03分、ごく僅かの遅れでしかなかったことと、さらには一般参加者が全員入場してからの頒布開始ではないことに、


混乱しなくてつまんねえ。 ( ゚Д゚)


入場後の頒布のロックはカタログにも謳っているのに、SDFがどうしてこんなに普通なの!と憤ったり憤らなかったりしながら初動で向かうはfullauto firing
バンバンさんに背後に憑かれながら新作のタンブラーセットと、前回のセットのエコバッグを持参するともらえるタンブラー予備シートをつつがなく確保したけれど、そのfullauto firing以外のチェックしたサークルさんがぜんぶいないことにはちょっと眩暈が・・・本が買えるかどうかは重要なことだよ!

だから大盛況の会場をすかさず漏れなく全巡回、綺麗なけいおん!本や外道なけいおん!本、あともちろんお○っこな本をぶっつけで買ったけど、それでもかかった時間は知れたもの。
「このイベント、太っ腹だよね♪」とみんな嬉々としてもらっている光景に趣のあった、チラシ置き場に積まれていた2種類の大型チラシを巻きながら、さて、どうしたものか・・・と会場の外の廊下で思案して。

CHAOS;GATEが入替制になっているとの情報と、あれこれお願いしたMotherlandさんが京浜東北線の遅延の影響で二次入場になったという 使えねえ 情報があったからもう・・・
とは思ったけれど再入場、ややもすると気付けないあの地味な人だかり、あのスペースは・・・!とホールの奥に直行、バンバンさんの背後に憑いてカ○路のコピー誌を捕獲できたならもう!

と11時27分に綿商会館を離脱、灰皿のある路地でニコチンを摂取して、今日も浅草橋の即売会へ!

CHAOS;GATE方向音痴なので無理をせず、都営浅草線で向かった文具共和会館に着いたのは11時40分。
12時からの二次入場を待つ列が、駐車場の果てまで延びている光景を見てもよおした吐き気を堪えながらその中にMotherlandさんを発見、昨日今日の頼まれものを渡したところ、入れ替わりに差し出されたのは塩こんぶプロジェクト金魚のシボリカスといったCHAOS;GATEの新刊で、うん、


どんな手を使ってでも確保してくれると信じてました。


某氏 「凄い人の手には同人誌のほうから集まって来るんだよ」

だからあとは他人事、缶コーヒーでも飲みながら入替制を傍観しようかな!と思ったけれど、入口の脇にある自販機でこの暑いのに間違ってホットを買ってしまったから・・・
冷ます間にCHAOS;GATEに参加しようかな。私の手にはなぜか二次入場の整理券があることだし。 やだもうこわいあの軍団orz

というわけで入場するや向かったのはホンノキモチヤ
でも、こちらで欲しかった本はあらかた買ってもらってしまっている上、マッピングをまるでしていない状況では全巡回をするしか術はなく、よさげなエ■本を買ったりあとりえ雅でペーパーを頂戴しながら、空調が効いて通行も快適な会場をひたすらにうろうろ。
この会場には絶望先生オンリーで一度来ただけ、狭いイメージが強い上に入替制ではこちらこそ混乱しそうなものを、と思っていたのですけどね。

そして12時10分に退場、徒歩で移動したアキバではファミレスでまず生ビール、ついでに昼食。
ひと息ついたあとは、DREAM C CLUB Portableをゲーマーズで予約したり、メロンブックスのけいおん!2巻はさすがに完売だね・・・とかやりながらアキバの巡回に勤しみました。

Oct 10, 2010

True my Family5

True my Family5天気予報は外れることなくそぼ降る雨。
こんな日に即売会やんじゃねえよと思ったけれどJR浅草橋駅の東口を出て仰いだ空から落ちて来るものはなく気分よく、方向音痴が向かおうとしたのは文具共和。

それは明日だ。しかも行かない。
すぐに間違いに気付く程度には隙のない私が初めて参加する東商センターの同人誌即売会、TmFの一般待機列が形成されたのは屋内、1階の広い駐輪場。

時折行き来する、マンション部分の住民と思しきおじさんやおばさんは列を訝しがることはなく、ああ、きっと慣れているんだね、アレな連中がまた群れてるけどまあ、と見逃してくれているんだね・・・
建物の裏手には鈍い色の流れる隅田川、その向こうには雲に覆われたスカイツリー。
世界の終焉みたいだね・・・とかくだらないことを考えているうちに、やがて即売会は始まるはず。

はたして10時50分、スタッフさんから予備移動を告げるアナウンス。
ただ、マンションとの兼ね合いで階段の使用は不可、業務用エレベーターでパケット移動するとのこと。
これって話には聞くけど経験がなくて、「順番を崩さないようご協力をー!」とか言ってるけど、現時点の一般参加者は50人少々だけど、大丈夫なのかな?

ところがさすがは業務用のエレベーター、すこぶる広くて収容力が半端じゃなくて。
そしてスタッフさんが、「はーい、訓練されてるみなさんでしたら大丈夫ですよねー!」とか言いながら隊列を維持するために、エレベーターの中で列を一周させたことになんだこれは( ゚Д゚) と思いながら誘導された3階の、会場外の廊下であと数分待機することになって少しして、今度は開場方法についてのアナウンス。

TmFに参加したことがあるなら周知、一般参加者がみな入場を終えて、思い思いのサークルさんに散ってから開場が宣言されるということは分かっていたから、


ローリングスタートじゃなきゃどうでもいいわ。 ( ゚Д゚)y-~~


と独りごちているうちに10時57分に入場がはじまって、初動人気は会場奥の端のOl' '55と手前の端のねむ荘か・・・と状況の確認に勤しむ暇はいまひとつ、さあ、主催さんが開場を宣言しましたよ!

で、そうしたあたりとやはり人気のRiceCandyをまず確保、製本しながら頒布していた常冬のバカンスのコピー誌も捕獲したし、有○女陰のスペースには「ペーパーはねえ!文句あるか!」(意訳、でもない)という告知があるし、S○PERピ○イタイム! もちろん いないしミッションは音速で終了。
本部の委託販売でひとくちリンゴの新刊も押さえたあとは全巡回、多少の血栓はあったけど、時限販売とまでは言えない、頒布が微妙に遅れたサークルさんのスペースは微妙に端に近い配置だったので混乱が起きることもなく、会場内はすこぶるまったり。

そしてこの東商センターのよかった点はフロアの端、エレベーターホールの先に喫煙所があったこと。
ニコチン中毒者にとっては都産の台東館がフロア毎に灰皿があって嬉しかったけどそれはエレベーターのすぐそば、喫煙がむしろ憚られるところがあったから撤去はやむなし、でもやっぱ・・・と思っていたから一応隔離された場所にあるこの清浄器付きの喫煙テーブルはグッジョブですよ。
だから見知ったそこの某非喫煙者、隅田川を眺めにわざわざ来ない!

と、ひと息もふた息も入れながら13時27分の予定調和、SU○ERピア○タイム!の時限販売は中の人が本部に見本誌を提出している光景をたまたま目撃していたこともあってしなやかに確保。
ここらでそろそろと食事をとるためにいったん退場、雨は落ちてくるどころか晴れ間さえ見える10月の空と台東の街は、ああ、なんかいいカンジだよね・・・

気分がいいから、本部に展示された景品の色紙で欲しいものがあったから、 ゲットしたら明日の某傀儡に恩を売れるものもあるから アフターイベントに参加しようかな!

即売会の終了が告げられて拍手が上がったあと、机を光速でどけてはじまったジャンケン大会。
司会は主催さんともう一人、女性のサークルさんだったというのに品性を疑うものを織り交ぜながら繰り広げられた争奪戦は、景品が今日も豊富でなかなかに楽しかったから。
ことごとく一発負けを喰らったのはいつものことorzだからまあいいや、ドラ焼きにはなぜかご相伴にあずかれたことだし、Ol' '55の新刊には「アタリ!」の写真プリントが挟まっていたしね!

そうしてイベントがほんとうに終了、解散したあとは見知った人たちとの中華屋での飲み会に突入。
飲み放題コースだと生ビールがピッチャーなのが問題で、手酌でぐいぐいとやって酔い放題になるのが難点、万が一にも潰れて明日の朝寝過ごすわけには・・・と適当に逃げて帰宅するや俺妹の録画予約を忘れるような隙もなく、サークルチェックに勤しんだ私は賢明だと思うんだぜ!

(10/10/12 23:35更新)

Oct 3, 2010

シバユウスケ「チェルシー」

チェルシー (2) (まんがタイムKRコミックス) そう言えば入学式のときもこの道を走った。
 何かしなきゃって思いながら、何をすればいいんだろうと思いながら、
 このまま大人になっちゃうのかなって思いながら。

 ねえ、私。あの頃の私、心配しなくていいよ。
 すぐ見つかるから。私にもできることが。夢中になれることが。
 大切な、大切な、大切な場所が。

(アニメ「けいおん!」第1期最終回)


よし!お笑いやるよ!!


何かしたいと思ってたから。
何もしないまま1年がもう過ぎちゃったから、あと2年でみんな離れ離れになっちゃうかもしれないから。

それはただの思いつきだったけど、でも、私たちが楽しいときに楽しい!と思う、面白いときに面白い!と思う気持ちを、見てる人たちに共感してもらえたら!
はたして女子高生カルテット、チェルシーのそんな思いは初舞台の学園祭の、事務所ライブのオーディションの観客に、そして読者に伝わることになるのです。

そしてこの作品で強調されるべきは、高校2年生の春にはじまるたった1年間の物語という特異性。
学園ものとしては珍しく、それはプロットからすればもっともだけど心憎く、だからこそ彼女たちの一瞬の季節がラストシーンに至るまで、キラキラとしたものに映ると言えるでしょう。

生徒会長と副会長、あるいは優季との百合要素・・・はともかく。
悠宇が理系から文系のクラスに転入した理由や、ちょっと不憫な扱いのマドモアゼルといった物語の引き出しはまだまだあるでしょうし、ロッキン雅や柊リズムといったライバルを含めてキャラクターが絶品、たった2巻で完結というのはもったいないとは思うのですけどね。
でも、このあとの物語は、


 優季 「よし!やるよ!」

 悠宇・詩信・幸 「オー!!」


チェルシーや放課後ティータイムが数年後の日本武道館を湧かせるものなのかもしれません。


■ シバユウスケさんホームページ : p o l y z m