12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Jan 30, 2010

パラノーマル・アクティビティ

パラノーマル・アクティビティ何かがいる。子供の頃から。

平凡な一軒家、しかし家の様子が毎夜どこか変わっている。
だから若いカップルはビデオカメラを買ってベッドルームを、自分たちの生活を撮影することにした。

 「ようやく『何か』を撮影して解き明かせる」

はたして記録されたものは衝撃の映像、「家が・・・私に出て行けと怒っている」と霊能者でさえ解明できない恐怖、彼女に憑いているものは何なのか?


制作費135万円にして全米1位を獲得、興行収入95億円を叩き出したアメリカン・ドリーム。
日本でもついに劇場公開された今日、満席の映画館が続出したのはそうしたプロパガンダに拠るところが大きいとは思います。

しかし、「フォース・カインド」なんかどうでもいいから「パラノーマル・アクティビティ」を一日も早くと、公開を待ち侘びた向きの期待は裏切らない出来。
ビデオカメラやパソコンの購入費用が制作費の半分を占め、映像は自主映画レベルなのですが、だからこその不気味さ、普遍的な娯楽映画とは異なるリアリティこそが、この作品の白眉と言えるでしょう。

アイデア勝負の低予算映画においては当然と言えよう脚本の練り込みも十分、次第に加速する恐怖はしっかりと観客に供されていて、なにより監督が拘った「静止ショット」の巧みさと、「静寂」を丹念に描写しているが故の小さな物音の脅威たるや。

そう、ドアがただ開いているだけのベッドルームが怖い映画などあったでしょうか?

もちろん、全てを肯定するほど精緻な作品ではなく、監督の手腕も手放しで誉めるものではありません。
P.O.V.(Point of View)作品であれば「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のエピゴーネンとの誹りは免れないところですし、やはり低予算だった「REC/レック」のような衝撃もないですしね。

ただ、シネマサンシャイン池袋では、私のとなりの少年は「嘘・・・嘘・・・」と嗚咽のような声を漏らしながらスクリーンを見つめていたし、女子高生の集団が、

 女子高生A 「ヤバイ怖い!ヤバイ怖い!」
 女子高生B 「うるさいwww

と微笑ましい、トレーラーのような光景を繰り広げていたので、やはり楽しめる作品ではあるでしょう。

(文中、ネタバレは背景色にしています)

パラノーマル・アクティビティ  PARANORMAL ACTIVITY
2007年 アメリカ (2010年日本公開)
配給 プレシディオ
製作 ジェイソン・ブラム
監督 オーレン・ペリ
出演 ケイティ・フェザーストーン ミカ・スロート

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

パラノーマル・アクティビティ

コメント
コメントを書く