12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Sep 22, 2009

SDF0922・Strawberry SisterS 5

軽井沢シンドロームネタに対抗しました
覚醒夜の開催中止は悲しすぎるだろ。


コミケやレヴォでこの世界に足を踏み入れた私が初めて参加したオンリーイベントは覚醒夜でした。
都産におずおずと入場して、会場に流れる「痕」のメインテーマを聴きながら、オンリーっていいなあ・・・と感激しながら、梓本を物色したあの遠い日。

サークル入場組でほぼ瞬殺されたうめてんてーのコピー誌をゲットしたと、いまはシャッターへと駆け上がったサークルさんが嬉々として日記に書いていておいこら(メ゚Д゚)と思った初音オンリー・・・はともかく、


ただ、時に流されてぼくたちだけが変わってゆく。

時よ。過ぎ去ってゆく時たちよ。
そんなにもおまえは大きなものをぼくたちから奪いとってゆく。
叫び止めてみてももどらぬものなら、失ってゆきたくないものすべてをおまえにゆだねよう・・・だから、

過ぎ去ってゆく時たちよ。矢のようにいってほしい。
誰の心にもつきささることなく・・・

(織みゆき「ふられ竜の介」4巻より)

放課後コンソールさて、放課後コンソールに行くか。
オンリー集合イベント?なにそれ、聞いたこともないな。 (メ゚Д゚)

JR浜松町駅から都産への道すがらではMotherlandさんの友人の人を捕捉、あの人はともかく、 東方厨が こんな時間でいいんですか?といきなりほざいた無礼者がSDF0922の最後尾についたのは9時02分。

今日はストシスへの転戦、タイムトライアルに挑まないといけないから、「太○出版さんからまだ届いていないもので・・・」と販売開始が遅くなったカタログを いや、人のせいにするのも・・・( ´・ω・)と ゲットして、さあ、しっかりとしたプランを立てないと!

それが放課後コンソールのページがないカタログであっても!

そんな意気込みも空しく、予備移動がはじまったストシス列を見やってその人数に驚愕かつ絶望したのも束の間のこと、動く気配のないSDF0922列に向かって告げられたスタッフさんのアナウンスたるや、

 「中の準備が手間取っていて11時05分頃の移動になります!」

うーん・・・そもそもなんで竹芝側の階段を使って紅のひろば2から先に誘導したのでしょう?こっちはローリングスタートですよね。
移動を遅らせればそりゃあ2階のストシスの参加者はみんな入場しているだろうし、そもそも開場しているんだから浜松町側の階段を使えますよねえ。
あ、もしかして見本誌チェックが遅れたとか?いやいや、歴戦のSDF様にかぎってそんなことはないですよねえ?

で、誘導がはじまったのは11時03分、ストシスの会場を横切るときに全力で列を抜けて珍譜堂に向かってやろうかと思ったけれど、ペーパーには間に合わないだろうし虻蜂取らずになるのも・・・とそのまま一路3階へ。
廊下で列をいったん止めたこのタイミングにしてスタッフさんからローリングスタートについてのアナウンスがあって、この状況でもやりますか・・・と思ったり、それが初めての参加者からは、

SDF0922 「なめてんのか」
 「頭の悪い主催だな」

などと、ああ、SDF様に対してなんてことを・・・と耳を塞ぎたくなる罵詈雑言が聞こえてきたりする中で、カタログを掲げながらやっと入場できたのは11時14分のこと。
初動のホンノキモチヤは会場右半分では当然の一番人気、その最後尾に並んで主催さんの挨拶を今か今かと待ちながら・・・開場が宣言されたのは11時18分、


楽しい楽しいSDFのイベントのはじまりです!


ホンノキモチヤの新刊をつつがなく確保して、スケアクロウ、BlueMageといったジャンル大手を捌くや退場したのは11時25分、さあ、ストシスへダッシュだぜ!
ところが浜松町側の階段には月の宴2の群衆がひしめいていてとても突っ込める状況にあらず、竹芝側の階段はSDF0922のカタログ購入列で埋め尽くされていたので、じゃあとボタンを押した

エレベーターがなかなか来ねえ!

今日の牡牛座の運勢(12位) 「見て見ぬふりをしていた問題が明るみに。さらに窮地に」

Strawberry SisterS 5とかやりながらストシスに突入したのは11時28分、一路向かうは珍譜堂!
この時間にしてつつがなく完売していることに、 前○たんを呪いながら 信州の空に向かって懺悔をしながら、R○cket S○uareの不在を確認するや即座に退場、またエレベーターで階上に移動してSDF0922に再入場したのは11時30分。

開場してからまだ12分しか経っていないわけですが、ゆかい絵本はもう完売、ホンノキモチヤのコピー誌がまだあることに全世界を呪いながらけいほん!のサークルさんを地道に買い終えて、Motherlandさんにヲチされながら、
 
 私 「ていうかMotherlandさんもさっさと申し込んだらどうですか」
 Motherlandさん 「いや、まだそんなことやってる暇はねえし」

もちろん抱き枕カバーを申し込んだ時点で私はもうやることがなくなって。
そんな折に、コピー誌の増刷をしてくれるというゆかい絵本の告知に気付いたのは僥倖、希望者を募るための「正」の字を書き込んで、会場内をあらためて巡回してから館外に出てニコチンを摂取したり、

 園衛さん 「珍譜堂が余っているわけだが」
 私 「犬と呼んでください

とかやりながらそのあとは、ただひたすらにだらだらだらだら。
13時20分にはじまったお○様ラ○チの時限では、人だかりの前のほうにいたらもちろんうしろからの肩たたきになったけど新刊は無事確保、すぐそばのゆかい絵本のスペースには「正」の字を書いた人にはもう頒布できる旨の告知があって謹んでゲットして。

いろいろあったけど、これで戦闘終了だよね・・・と13時41分、MotherlandさんとMotherlandさんの友人の人と都産を離脱・・・する前にストシスを覗いて、いつの間にか頒布をはじめていつの間にか完売していたRo○ket Sq○areの光景にトドメを刺されてから昼食、ていうか生ビールの摂取に。
貿易センタービルへの道すがらでは、やはり抱き枕カバーが話題になったのですが、

羞恥プレイだの人として大切な何かだの・・・ヌルいよ! Motherlandさん 「通は買うだろ」
 Motherlandさんの友人の人 「それは通じゃなくてでしょ」

という名言が炸裂、うん、確かに放課後コンソールだけで本プラス1万円を遣っているから財布の中が淋しくなったよなあと、コンビニATMで○万円をおろしたのは・・・色紙オークションのためではありませんよ?

そうして 酔い覚ましに 都産に引き返して参加したSDF0922のアフターイベント、放課後プレイジャンルのサークルさんの色紙はオークションではなしにジャンケンでのプレゼント。
識者によれば「混乱したり常識外の金額になったりするのを避けてるんだよ」ということで成る程と納得はしたけれど・・・ふん、俺が地獄を見せてやろうと思ったのによ( ゚Д゚)y-~~ と思ったり思わなかったりしながら今日の戦いがほんとうに終わろうとしていたのでした。

(09/09/23 01:45更新)

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

SDF0922・Strawberry SisterS 5

コメント
コメントを書く