10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Feb 23, 2009

ゴロンタフェスティバル おかわり・眼鏡時空6

ゴロンタフェスティバル おかわり
ニ゙ャー。(挨拶


今日の俺は本気だぜ!
本気すぎて、6時半に起きちまったぜ・・・サンクリかよ!(落ち着け

とか言いながらつつしみを忘れずに、損保会館に着いたのは9時2分前のこと。
CIAさんを見つけるや己のことは朗らかに棚上げして、「9時前に来るなんてはしたないな。( ゚Д゚)y-~~ 」とツッコんだところ、「れいんさんに渡すものがあるんだけどw」と紙袋を差し出してきたので、

 私 「まだ買ってないからって、アイマスSPを見せびらかすんじゃねえだろな。( ゚Д゚)、

などとインネンをふっかけながら中身を見ると、「コミックハイ!」と・・・整理券?


それはそれとして。


ゴロンタフェスティバルのスタッフさんがやって来て、損保会館の正面にとりあえずの待機列を作ったのは9時06分頃からのこと、このとき一般参加者はおよそ30人。
少ししてバンバンさんブラザーズが登場、雑談に興じはじめたところで側道へと移動した待機列は、

 私 「今日はサプライズはないのかな?」
 バンバンさん 「『きょうのゴロンタさん』とか怪しいよねw」

とかやりながら開場まであともう10分あまり、予備移動がはじまった頃には120人ほどに膨らんで。

そして食堂の前、3階のエレベーターホールでカタログを逆さにして、進路の最終確認などしていた開場直前にスタッフさん曰く「思いのほか会場が狭いんで、走るとすぐ壁ですから気をつけてください」はいいとして、「あ、入場してすぐ『ゴ』の島には向かわないでくださいね!」に動揺した私。

通行規制のことだとはそりゃあ解りますが、なんで私がカタログを逆さにしていたかというとですね・・・
方向音痴なの!土壇場でそんなこと言われたら!

とも言ってはいられないので、入場するや術部の状況を一瞥しながら「ン」の島を、会場の奥側の通路からぐるっと回って初動で向かうは・・・ハンマーフォール

だったのですが、なんですかこのUA殺伐は。

中の人は築地魚河岸もかくやという威勢で無料配布をしているけれど、人波は捌けず通路には突っ込みづらく・・・じゃあせっかくだから。

アドリブが利かねえヤツは勝てねえ!と初動を変更、謹んで新刊コピー誌を頂戴してから気合で通路へと吶喊、やはり無料配布だったハンマーフォールの新刊コピー誌とゴロンタストラップを恭しくゲットさせていただいて。

次はマ術部、列は一気に延びていたけれどつつがなく確保して、ショコラフリッカーズ&ぱわふるここあの不在を確認しながら少女の王国TUGUMIXも捌いたなら、さあ、いったん退場だ!

眼鏡時空6だって眼鏡時空が!と階段を光速で5階へと駆け上がって、会場に突入したのは11時05分、園衛さん「早っ!」と呆れてたけど・・・今日の俺は本気だから!

と、まずはCOTTON100%の新刊コピー誌を光速で確保、さらに乙女式機械shiftのオンデマンドな新刊を買ったところで、さあ、退場だ!

おっと、よさげな放課後プレイ本が。 (屮゚Д゚)屮

とかやってから眼鏡時空の会場を出たところで、やはり移動してきたバンバンさんと遭遇、「遅っ!」とツッコミを入れてからゴロンタフェスティバルに戻ったのは11時10分。
ひと段落したいま心穏やかに買うべきは、もちろんゆずのエコバッグ、っと。

さて、次は・・・あ、ANTHEMの製本、終わったんだね。
じゃあとスペースに積まれた新刊を手にしようとしたら、なんか殺気が。

視線を移すとそこにはすでに長蛇の購入列が形成されていて、@○+さんさんがはしたないポジションに並んでいたり、「なんでれいんさんがはしたなくないのさw」とCIAさんにツッコまれたり。だって!

これじゃあもうダメだろうなと思いながらも最後尾に並んだら、あ、ショコラフリッカーズ&ぱわふるここあが来たよ。すぐに頒布がはじまりそうだよ!

ここは勝負処。ていうか、このままじゃきっと負け組スパイラル!
だから列を抜けることにして、まだ6~7人しか並んでいなかったショコラフリッカーズ&ぱわふるここあの最後尾についた私、冊数は多いようには見えないし、限定がないのなら・・・

そうしてショコラフリッカーズ&ぱわふるここあの新刊コピー誌を確保してから、玉砕覚悟でもういちどANTHEMへ。
スタッフさんは「もうこのあたりの人は無理かも・・・」と言ってたけど、残り3冊のところで・・・届いたよ!
うん、今日は運気もあるね。

だから、ショコラフリッカーズ&ぱわふるここあをよぶんに買っておいたことも奏功、某ブラザーズが買い損なったと聞いて、@++さんといっしょに「ほーらほーら、跪いて靴を(ry」(意訳)とか。
あるいは、あれ?なんで「179.4cmライフ」が・・・あ!「きょうのゴロンタさん」ってティンクルスターだったのか!とか。

企画の収穫物まあ、「ゴロンタ餌付けゲーム」だけはただ毟られるだけでしたが。 orz

1回200円、ニ゙ャーなゴロンタのイラストボードの口に空けられた穴にスポンジのボールを入れれば景品がもらえるのですが、これがまた難度激高。まして3つのうち2つを入れろなんて!

あまりにもみんながクリアできないので、「お腹を空かせたゴロンタの口が大きくなっています!」「フィーバータイム!」などと穴を大きくしてみたり、3つのうち1つでも入ればいいようにルールを変更したりして、やっと景品が捌けるといった按配で。

それはそれとして、「猫の手パン」は買ったし、「ピザキャットセット」や「猫百合会デコレーションケーキ」も並んできっちり確保した、眼鏡時空も再突入した上できっちり捌いたことだしと、12時35分にいったん損保会館を離脱、アキバを巡回することにしたのですが。

ボーマスに移動した人は不埒だ。

メロンブックスで、発掘した旧カードの120ポイントを新カードに移行してもらったり、COMIC ZINでエ■本を買って小冊子を頂戴していたら園衛さんに捕捉されたり、とらのあなではうたかた倶楽部ちーたん新刊の見本誌を捕獲したり。


もう、誰も俺を止められないぜ!


だから、「買って来いということですね。わかります」と、13時40分頃に損保会館に戻るや、v○lunteersの時限コピー誌もしなやかに確保、さあ、あとはゴロンタフェスティバルの企画をやっつけるだけだね!

まずは「山百合会VS猫百合会」。はい、ゴロンタに賭けて見事に玉砕。中の人のばかー!
いやいや、ジェンガの盛り上がりっぷりは異常、楽しませてもらったからいいんですけどね。
さあ、気を取り直して「次期猫薔薇さま投票」の結果発表だよ!投票した猫百合会のメンバーが1位になれば景品が!

・・・私が投票した23番、志摩子さんの猫は2位ですかそうですか。

こうなれば「大抽選会」はもちろんハズレ、15時05分に撤収したあとはまたアキバに向かうことになったのですが、負のスパイラルは止まりません。

フェブラリーSをしなやかにハズしたのはともかく、なんで兵のみなさんにヲチされながらアイマスSP×3を買わないといけないのでしょうか?カルマですか?

さっさと王子に行っちゃえ、ばかー!とコミティア読書会に移動する面々とはJR秋葉原駅で別れ、喫茶店で気を鎮めて、そして向かったのはCOMIC ZIN。

家宝そう、CIAさんが私に譲ってくれたのは、私屋カヲルさんのサイン会の整理券だったのでした。
即売会で疲れていても、俺はりんちゃんにも本気なんだぜ!(きめぇ

で、朗らかにイラストのリクエストを受け付けてくれる私屋さんに、「不機嫌なりんちゃんを」とほざいた私だったのですが、

 私屋さん 「そのほうがグッときますかw」
 私 「ええ。グッときます」

とかやってスパイラルからようやく脱出、ほくほくしながら17時55分に家路についてあらためて、ああ、なんて長い1日だったんだろう、と。
でも、なんて充実した1日だったんだろう・・・とも、ね。ニ゙ャー!

Feb 21, 2009

何だその憐れむような目はっ

アイマスSPを買いに行けない生活なんて!(挨拶

いや、予約はしてあるんだけど、ソフマップに引き取りに行く時間がちょっと。 orz
今日も雑用が少々、アキバのアレに突撃することもできなかったので、池袋でリビドーを解放することにしたのですが。

やはりまだ買っていなかった絶望先生限定版にはじまって、福本伸行さんの新刊とか「えむえむっ!」とか・・・れいんさんは買うべきものがいっぱいあるとイライラする性分です。

フライング販売なんかすんな。( ゚Д゚)

こどものじかん 2学期 1科目 (初回限定生産) [DVD]とか言いながら、なんか忘れているような?

あ。こじかだ。

で、パッケージが大きいことにさらにイライラしながらお買い上げ。(おい
このささくれた神経とリビドーは、猫の日のイベントでどうにかしたい所存です。


■ 2/8(日)~2/21(土)のショップでのお買い上げ
□ 書店委託同人誌 2冊(1,418円)
 SECOND CRY 「slow drag」(オリジナル)
 「無限旋律」製作委員会 「無限旋律」(アイマス)

□ 商業 7冊(7,557円)
 口八丁ぐりぐら 「花と泳ぐ」3巻
 百合アンソロジー「つぼみ」vol.1(イラストカード、メッセージペーパー×2付き@とらのあな)
 久米田康治 「さよなら絶望先生」16巻DVD付き初回限定版
 福本伸行 「賭博覇王伝 零」7巻・「アカギ」22巻
 松野秋鳴 「えむえむっ!」7巻(イラストカード付き@とらのあな)
 志瑞祐 「やってきたよ、ドルイドさん!」2巻

□ DVD 2枚(9,975円)
 「フロンティア」
 「こどものじかん 2学期 1科目」
  → リトグラフは見なかったことにしました。 orz

□ イベントカタログ 2冊(2,940円)
  2009博麗神社例大祭(秋★枝さん描き下ろし漫画小冊子「あなからいっぱい!」付き@とらのあな)
  眼鏡時空6

Feb 15, 2009

COMITIA87

COMITIA87友人や見知った人たちが、不参加だったり御茶ノ水だったり、ティアからであれちょっと逡巡していたり。おまいら、


そんなに創作が嫌いですか。


と何かに憤りながら二度寝もしながら、ビッグサイトの東1ホールからガレリアに延びる待機列の最後尾についたのは9時25分、先客はおよそ1,200人。
場所を確保してから2階に上がって喫煙室でニコチンを摂取したり、トイレで空想と思考を済ませたりして1階に戻るやMotherlandさんと邂逅。

で、ベンチに座って 腹の探り合いや 今日の行動予定についての雑談、あ、そうそう。話は違うけど、

 私 「『放課後プレイ』はもう買えたんでしたっけ?」
 Motherlandさん 「なにそれ。聞いたこともないな」(原文ママ)

などと触れてはいけないことに触れているうちに列の圧縮と予備移動がはじまって、いよいよ11時。
腕を撫しながら、 ちーたんに行きたかった・・・と思いながら、 さあ!今日も創作を舐めることなく!

と、会場に突入したのは11時02分、今日は出口が入口ではなく入口が入口だったのでそのまま直進、まず向かったのは薬缶猫、ぶっちゃけ奇襲。

ほーら、やっぱいた♡と、すでにスペースに並んでいたバンバンさんを、Skirthikeまで尾行してから逆サイドの大通りへ移動、RHYTHM CAPSULEで新刊コピー誌とチョコレートをゲットしたあとは今日の本来の初動、貧乏長屋へ突撃です。

最後尾に並びながらスペースの様子を伺うと、積まれていた新刊コピー誌の最後の1冊が狩られたところ。嗚呼、間に合わなかったか・・・

と絶望するも、中の人は机の下から次から次に新刊コピー誌を取り出してしなやかに頒布を続行、グッジョブすぎます!

俄に心穏やかに、Bィ-Crusaderzeinsといったこのあたりに配置されたサークルさんを捌いて、超○動ブーツの製本状況をチェックしてから、壁厨の分際で壁をぶっちぎったまま「ま」の島へ。

とんでもないことになっている付和雷堂を横目に、その「コミティア10周年記念合同誌」は誰も並んでいないTUGUMIXで軽やかに購入、ジャポニカ自由帳プロペラのペーパーも頂戴したし、これでとりあえずひと息・・・ついたから、さて、壁厨として。

とか言いながら、まず確保したのはTAIRAGIだけ。
そのあとは鋭意製本中の超振○ブーツを起点とした、島のサークルさんの掃討作戦に突入、そんないつもいつも壁ばかり攻めているわけじゃ!

ただ、11時27分に製本を終えて小銭の準備をはじめた超振動○ーツで「1冊お願いします」、つまり1人目だったのは、はしたないにもほどが、とは。 orz

ともあれここまでで図らずも、島はあらかた片付けてしまった私。
まあ、さすがに、と壁へと向かってチェックしたサークルさんを買い終えたのは11時52分のこと。
あとはつぶさに黙々と、会場を全巡回するのみだよね。

それがまずエ■からだったのはたまたまですよ?たまたまそのあたりにいたからですよ?
で、ホールの半分、「あ」から「さ」の島までをまず巡回した12時23分にいったん退場、喫煙所でまたひと息入れようとしたところでケータイがバイブ、Motherlandさんから御茶ノ水に転戦するとの連絡が。

・・・1時間半すら戦うことなく退出ですか。そんなに創作が嫌(ry

と思ったり思わなかったりしながら会場に引き返して全巡回を続行、琴線に触れた本を買ったり買ったりしながら、すべてを終えて撤収したのは13時07分。人として、もう2時間も戦ったからね!

ていうか、買い逃しは早々に完売してしまった黒いカラーのきみぴこ軍手くらい。
新規開拓を含めて戦果には満足したし、チョコレートもやたらと頂戴したしでお腹がいっぱい。

転戦したところで、ちーちゃんはもう凌j(中略)ということで、国際展示場駅から一本で帰ることのできる利便性を享受しながら家路について、14時過ぎには地元で蕎麦を肴にもう酔っ払っていたのでした。

Feb 13, 2009

グロテスク

グロテスク初めてのデート、待ち合わせをした喫茶店。カップルは俯いたり戸惑ったり。

 女 「私のために死ねますか?」
 男 「・・・がんばります」

そんな他愛のない会話をして、笑って、手を繋いで歩きだそうとした仄暗い道で、不審なバンからハンマーを持った男が飛び出してきて・・・

ふたりが目を覚ましたのは、そこが何処か知る由もない暗い部屋、手足は拘束され、口には猿ぐつわ。
そして、いくつもの拷問用具が鈍い光を放っていた。


プロデューサーの言にあるように「振り切っちゃって」いるかどうかはともかく、タイトルの通りにグロをプロモーションしたジャパニーズホラー。
上映時間が73分であれば、はじまってすぐにファンタスティックが展開することはするのですが、そこで観客が否応なしに物語世界に引きずり込まれるかと言えば・・・ なんだこのAVは、と。

このプロットであればもっともではあるけれど、なんでこんなに延々と見せる必要があるんだと辟易した人は少なくないのではないでしょうか。男性でも。

ただ、そのあとできっちりと描かれるのは、絶対的な暴力とゴア。
「僕を感動させてほしい」と、暗い瞳を向ける狂人の人体破壊ショーが繰り広げられることになるので、残酷描写が駄目な人は観ないほうが無難です。特に、男性なら。

大丈夫な人でしたら、特殊効果はちょっとチープながらも映ってはいけないものも映っていることですし、映倫を通さずに公開されたUNRATED VERSIONは観て損はないとは思います。

出来はジャパニーズホラーとしては悪くはないから、という意味でも。

いや、物語としてやはり薄いとは思うのですが、束の間の安堵と絶望のくだりは悪くないし、ラストもちゃんと纏まっているし。ハッピーエンドと言えなくもないですしね。

ただ、タイトルがゴアだけを喧伝するためのものではなく、狂人の「グロテスク」な心も指すのであれば、作り手にはもう少し技量が欲しかった、とは言えますが。

ともあれ、その短い尺にもかかわらず観客に強烈なストレスを与える作品であることは事実、消耗することを覚悟した上で鑑賞することをお勧めします。

(文中、ネタバレは背景色にしています)

グロテスク
2009年
配給 ジョリー・ロジャー
製作 大橋孝史 小林洋一
監督 白石晃士
出演 長澤つぐみ 川連廣明 大迫茂生

Feb 11, 2009

Sincerely SisterS・19princess

Sincerely SisterSJR浜松町駅から都産へと向かう2月の朝、暖かい陽の光。
風もそれほど吹いていないし、3日前にサンシャインシティのマジぱねぇビル風で鍛えたばかり、うん、寒くない!

と、都産の敷地内の右手に形成されたSincerely SisterS列の最後尾についたのは10時05分、先客は24人。
左手のドールイベントはなかなかの人数の列、なんか淋しいけど、今日ももちろん二度寝をしたので遅めの出陣になったけれど、これならチョコレートは楽勝だよね!

朗らかな気持ちでスタッフさんからカタログを買っていると、建物の中からバンバンさんが厳かに登場。おはようございまーす。
で、今日の行動の算段や黒い会話をしていたら、いつの間にやら日は翳り、そしてビル風。
寒い寒い寒い!(鍛えられてない

スタッフぅー!スタッフぅー!誘導はまだー?

凍えながらカタログへのマッピングをしているうちにようやくはじまった予備移動、2階へと繋がる階段でほっとひと息をついて間もなく11時。さあ、今日も戦闘がはじまるよ!

と、まず向かったのはうたかた倶楽部
さて、最後尾に・・・ていうか、スペースの前にいるのはバンバンさんを含めて僅か4人、ああ、いつもこうだったらいいのに・・・とか思いながら新刊とチョコレートをゲット!したので、


戦闘終了。


といったアメリカンジョークはともかく、次は初動1番人気のFUROMUSU+instrumental
そのあとは、カタログのカットで気になったサークルさんから全巡回へと突入したものの、やはり13分で戦闘終了。

いや、だって。このサークル数ではどうしたって。俺のスキルをもってすれば。(違

ということでバンバンさんと合流、綿商へ移動です。

19princess大門駅で都営大江戸線の罠に嵌りそうになりながら(犯人=私)、都営浅草線で人形町へと向かい、木星帰りが時限であることを!ティンクルスターが増刷をしてくれることを!と祈りを捧げながら、19princessの会場に突入したのは11時42分。

そして入口でカタログを買うや向かったのはティンクルスターのスペースだったのですが、そこには交通の事情により12時からの頒布になるとの告知が。山手線の人身事故の影響?

一方、木星帰りのコピー誌は完売、見本誌すらないのが・・・・゚・(ノД`)・゚・ とうな垂れたところで某畏れ多い御方から、

 「よく来た、ファンネル。バンバンさんと一緒にティンクルスターを2冊確保しておけや」(意訳)
 
という指令を頂戴したので、スペースのチェックを怠らないようにしながら会場内を巡回。
もちろん持っているTrue my Familyのアンソロを、@++さんに「さあ、買え」(意訳)と脅迫される嫌がらせも頂戴しながら雑談を少々、こちらも浜松町と同じで、開場前の一般参加者列は80人ほどであったらしいことにふーん、と。

1.58倍で120~130人じゃないのか、とかどうしようもないギャグを思いついたり、ぶっつけで本をついついあれこれ買ってしまうのはべびプリの魔力?とか悩んだり。
あるいは、園衛さんなんだか知らないけど笑われたりしながらも、ティンクルスターの中の人がスペースに入ってきた瞬間を見逃さなかったのは、買い専の器量なんだぜ!(絶違

で、少ししてはじまった列形成でははしたないポジションを確保・・・しないようにバンバンさんに自分の前に入ってもらったりしながら、つつがなく新刊コピー誌を2冊ゲット。

返す刀でSUPERピアイタイム!の時限も捌いて、さて、これでこっちも戦闘終了かな。
True my Familyのスタンプカードを持ってくるのを忘れたので、記念品プレゼントは関係ないし。 orz

とか言いながら、またべびプリの魔力に少々嵌ったあとの12時28分に撤収、アキバに移動。

SECOND CRYの冬コミ新刊が卸されていることに、ああ、これで俺の冬コミがやっと終わる・・・と安堵したり、メロンブックスではポイントカードの切り替えを済ませたり。

さらに、石丸電気では人に言えないDVDを買うなどして14時45分にはもう帰路に。
サンクリから中2日、さらに中3日でティアという過酷な日程、ほどほどにしておかないと、お兄ちゃん、私、私・・・こわれ(ry

じゃあなんで即売会に行くんだとはツッコまない千年の約束、この週末はビッグサイトで逢いましょう!

Feb 9, 2009

サンシャインクリエイション42全体反省会レポート


参加レポートをアップするたびに、サンクリへの愛と忠誠を綴ってきた者として。

--

(16時20分)
「ちゃんと説明しろよ!」との怒号、カメラのシャッター音。
代表から「全体反省会は参加者全員による反省会です」「取材許可のない方の撮影、録音はご遠慮願います」とのアナウンス。文化会館4階のBホールに集合した参加者、スタッフは通常の3倍くらい。


(16時25分)
個人情報流出事件によって初めて参加する人が少なくないであろうことから、「全体反省会の元々の趣旨は、参加者皆で意見を出し合って運営に活かすことです」と、改めて代表のひとこと。
ところで、会場が使用できるのは17時まで。時間は限られていた。そして、


【16時27分】
代表が「時間はまだ少し早いですが」と断った上で、全体反省会ははじまった。

■ サンシャインクリエイション42全体報告
特に大きな事件、事故もなく終了。 カタログの完売は12時過ぎから12時半頃。

■ 個人情報流出事件
□ 発生の経緯についての説明と謝罪公式に掲示されている内容につき割愛)
目を伏せて、「たいへん申し訳ありません」と頭を下げる代表とスタッフ。

 代表 「みなさまと10年に渡って作って来た信頼が崩れてしまった」
 代表 「どんな言い訳も・・・(言葉に詰まる)・・・ほんとうに申し訳ございませんでした」

公式の報告は、現状をとにかく早く伝えようと短期間で纏めたもの。
見ていないサークルもいるから書簡での通知も行った、との説明。

 代表 「カタログはどれだけ売れるだろう、余ったらどうしよう。そう思って今日を迎えました」


□ 今後の開催予定
「現在クリエイションの今後は全くの白紙です」と代表。
6月以降は他の団体からの予約があれば、そこが会場を使用することになる、との補足説明も。


□ 情報流出をした元スタッフについて
代表は本人と一度会ったとのこと、「たいへんなことをしてしまった」と言っていた、とも。
そしてその元スタッフは、今日は仕事の都合で来られないとのこと。

 代表 「商業イベントとしてコミクリからはじまって、同人誌のために、本のために、と・・・」
 代表 「自分たちのやってきたことはなんだったんだろう、と自問自答している」


□ 「クリエイション継続の旗は掲げて行きたい」
4月の開催を中止するにあたって、もちろんキャンセル料金の支払いは発生した。
事件がなければ、今まで通り何も意識しなくてよかった。
しかし事が起こった今、「スタッフの意見を訊くなどして、まだ、クリエイションの旗を掲げることができるのなら、がんばって行きたい」と代表。


□ 謝罪するしかない現状
被害者に何が出来るのか、何が約束できるのか。

 代表 「約束しても嘘になってしまうかもしれない」

  (長いこと言葉に詰まる)

 代表 「今回の件で」

  (また言葉に詰まる)

 代表 「みなさまの中でどういったような思いがあるか・・・当然・・・ご意見をいただく中で・・・」
 代表 「こういった現状では謝罪をするしかなく、批判はもっともで・・・」
 代表 「今後、将来、継続できるのなら、何かをやりたい。言葉は足りないと思いますが」


確かに言葉は足りない。話が繰り返しになりつつある。だから、

 「二次被害をどうにかしてくれよ!」

という罵声とともに、ここで質疑応答に突入したことは、極めて自然だった。


■ 質疑応答 (サンクリ側の発言はほぼ代表によるもの、それ以外の場合は注記します)

Q: 2ちゃんねるに実名が書かれてしまっている。この責任をどう取るのか?
Q: ここまでもう10分が経っている。報告よりもこれから先の話をしてほしい。
A: 3月までに何らかの方向性を提示する。迷惑をかけた人には、何らかの形での対応を行う。

Q: 法人ならパソコン、個人情報の扱いについての取り決めが必要。規程はあったのか?
A: 管理者(代表、副代表、配置責任者、カタログ責任者、システム担当者)でなければソフトのインストールはできないようになっていた。口頭ベースの注意喚起、啓蒙は行っていたが、誓約書を書かせるまではしていない。

Q: 情報流出をした元スタッフは法人化前の人間か?
A: クリエイション事務局の人間として作業に関わっていた。

Q: 個人情報保護法制定前の意識が低かった?
A: ごく限られた人間のみにデータの扱いを許可してはいた。

Q: 全スタッフに昨日誓約書の書簡が届いたのは何故か?しかも末端の者にまで届いている。
A: サークルに安心して参加してもらうために、短期間で文書を作成して、過去にスタッフをやった人すべてに送付した。

Q: (質問続き)では、何故HPを見ている前提で、経緯の説明もない文書を送付したのか?配慮が足りないのでは?(他の参加者から「やり方がおかしいぞ!」との野次)
サークルへの書簡の郵送も、事件発覚から2週間経ってからだ。開催のことしか考えていないのではないか?無言電話や詐欺紛いの電話がかかってきたり、家の前に不審物が置かれたとの情報もとうに入っている!
A: 文書と封筒を準備して郵送するまでに時間がかかってしまった。誓約書については内容に足らないところがあったかもしれない、趣旨が伝わる内容であったか、言葉足らずだったかもと思うところはある。
開催一本やりということはないが、不手際が多々あったことは申し訳ない。

Q: 1月27日でHPの更新が止まっている。今後の情報公開の予定はどうなっているのか?
A: 被害者に対してはメールでの対応を行い、今日も直接相談に来た人も何人かいた。
今後については、3月になにかしらのものを、今後の開催についての情報を提供する。

Q: 対応の進捗状況については定期的な報告が必要。コーポレートガバナンスやコンプライアンスについての意識の改善が望まれる。また、サンシャインクリエイションが潰れることによる、ほかの主催者への影響も危惧される。サークルと運営の信頼関係という意味も含めて。
A: マメに報告をするべき、という意見には耳が痛い。体制の確立が必要だから、4月の開催は中止した。進捗状況については、何が求められているのかに配慮して、我々の対応について報告をしたい。

Q: (前の回答を受けて)サークルへの書簡で4月の開催を中止することについて、なんと報告したのか?
A (スタッフ)安全な情報管理体制が確立できていないからと報告した。

Q: (さらに)ではその対策について事務局が協議した結果、内容は?
A: 少数のスタッフしか情報を取り扱うことができないようにした。

Q: 「元スタッフ」の個人パソコンは今、どうなっている?
A: 1/16の夜から1/17の未明にかけて会い、事務局のシステム担当者が完全消去を行った。

Q: 書簡の差出人が「クリエイション事務局」だった理由は?何故「株式会社クリエイション」ではなかったのか?
A: 「株式会社」でいきなり連絡をするのでは、と思い「事務局」からの書簡とした。

Q: 17時まででは時間が足りない。今後、こうした説明会の機会はあるのか?
A: 予定はないが、個々のメールへの回答は行う。また、今後迷惑をかけた方へは文書での連絡を行う。

Q: 2ちゃんねるの二次被害だが、削除依頼はできないのか?こちらでも弁護士に相談しているが、アンチがいて殺人予告まであることについて、個人での対応は難しい。集団提訴も考えているが、仕事もある。とはいえ女性にとってはさらに深刻な問題だ。
A: アップローダー(の流出データ)は逐次削除するよう対応している。2ちゃんねるの削除対象は何になるのか?

Q: クリエイション自体は弁護士に対策の相談をしているのか?
A: している。

Q: 今後の開催については未定だが、継続することについての具体的な条件は何か?
A: 再出発が認められることだが、資金的には厳しい。会場側からは協力することがあればとの話はもらってはいるが。6月の開催については、サークル参加申込の締め切りの問題があるので募集もできない。カタログの問題もある。開催できるかと言うと難しい。

Q: 私も同人誌即売会の主催をしていますが、「主催はあてにならない」といった風潮になることが怖い。だから、再出発については努力してほしい。それを参加者にしっかりと報告してほしい。
 → 会場内に拍手、代表、スタッフ一同礼。
   (この時点で17時11分、会場の使用時間を過ぎているとスタッフ)

Q: 「元スタッフ」に法律の範疇で責任を取ってもらう予定はあるのか?
A: 弁護士によれば刑事事件としては難しく、民事も本人の資産状況次第だがやはり困難。形としてそうしたことをすべきかどうか・・・

Q: もう開催は不可能と、事務局を閉じることはないのか?
A: なんとか続けてみなさんにお返しをするしかない。なにかしらのことができれば・・・(「逃げ切りは許さねえぞ!」との野次)継続の旗を掲げて行きたい。心配させているのは申し訳ない。

Q: コンプライアンスの責任者は誰かを明確にしてほしい。
A: 法人としても事務局としても代表が責任者である。

Q: メールフォームなどで専用の相談窓口を設けてほしい。また、情報管理体制の構築、評価についてはプライバシーマークの取得も考慮してほしい。(時間の問題から、ここで「これを最後の質問とさせてください」とスタッフ)
A: 相談はFAXでも受け付けているが、抜けや漏れのないように対応していきたい。足りないことがあれば努力していく。


 代表 「たいへん申し訳ありませんでした」
 代表 「今後もみなさんから意見をいただいて、継続して運営していきたい」
 
 代表 「がんばったスタッフを含めて、申し訳ありませんでした」


そうして全体反省会が終了したのは17時18分のことだった。


* 以上、内容に認識の誤りがあれば、ご指摘いただけると幸いです。

--

ここで所感を少々書かせていただきます。

大勢の参加者を前にしての代表の説明と謝罪は、よほどの悪意をもって見ないかぎり、全否定するべきものではないように思いました。事件発生以来この日に至るまでの思い、忸怩を慮るとなおのことです。

ただ、曖昧で具体性に欠ける回答が多かったのが残念なところ。

たとえば情報管理について、今後どのような改善策をとるのか。
アクセス制限といった話だけではなく、ログ収集・解析システムの導入であるとか、ID(使用者)の台帳を作成、定期的なパスワード変更を強制するなどして管理、統制を行うことが肝要のはず。
また、諸々のプロセスを可視化、明確化する、危機管理についてのポリシーを確立する、といった姿勢が「企業」であるのならいまは要求されるわけで。

とはいえ、語気を荒げていたのは2~3人、あとの参加者はたとえ辛辣な内容であっても、言葉を選んだ、真摯な質問を投げかけていました。
そして、今日の即売会そのものと、この反省会の雰囲気、空気に思ったのは、継続してほしい、クリエイションの旗を掲げていてほしい、大方の人はそう願っているのではないか、ということ。

代表がカタログが完売してよかったと言ったのは、10年の歳月をいっしょに歩いてきたみんなが今日は来てくれないのでは、ずっとそう思っていたからなのかもしれません。しかし。だからこそ。


ここまで書いてみて、私も言葉が足りないようには思っています。

ただ、やるべきことをやり終えたならそのときは。それがたとえ来年であっても。
ただ、心から。

また「サンシャインクリエイション」に参加したいと祈っているのです。


【09/2/9 21:25】 所感を追加、一部校正

Feb 7, 2009

GELATINをめぐる冒険

季刊 GELATIN 2009 はる (ワニマガジンコミックス)またフライング販売かよっ!

22時までにとらのあなやメロンブックスに行くことさえできなかった今週の私。
行けたところで特典のポストカードはランダム配布、ヒキの悪い俺じゃあ鳴子ハナハルさんや文倉十さんのイラストのがゲットできるとは思えないし、本そのものが手に入らないこともないよな。

とか言いながらアキバBlogよりも早く、ある筋からゲーマーズでは好きなポストカードを選べるとの情報を頂戴していたので、2/6(金)は職場をあとにするや新宿へダッシュ。
ここに来るのは初めてだなあ、 ていうか、なにこの廃墟 とゲーマーズ新宿店に入るや、不慣れな店内を物色・・・ないなあ。

店員さんに訊いたら品切れとのこと。えーとえーと、コレってもしや?
じゃあとらのあなは?と移動すると、レジのそばにはやはり品切れ、次回入荷は未定との掲示が・・・


難民フラグ、キタコレ!


と思ったら、アニメイト渋谷店には唸るほど。
特典が付くのかどうかが判らないけれど、まあこの際どうでもいいや。
ただ、それなら別にいま買う必要もないよなあ、とこの日はスルー。明日池袋で買おう、と。

で、2/7(土)、まずはとらのあな。あ、もう再入荷されてるや。
でもポストカードは配布終了とのこと、じゃあ一応ゲーマーズをチェックしたほうがいいかな?

こちらでも再入荷された旨のポップと平積み、特典については触れてないけど、もういいかげん買っちゃおうとレジへ。
すぐさま本を梱包しようとしているので、ああ、やっぱ・・・と思ったら、店員さんはレジの奥の棚へと手を伸ばして・・・ポストカードを袋に一緒に入れてくれました。

でも、「お好きなものを1枚」は秋葉原本店だけだったのか・・・まあ、ね。
欲しいポストカードでもなかったけどね。

ちなみにアニメイト池袋店もランダムながらまだ配布中・・・って、なんで買ったあとでわざわざチェックしに来てんだ、俺。
そんなことしてる場合じゃないだろ、明日はすぐそこで戦闘だろ!とか思いながらとっとと帰りました。


■ 1/27(火)~2/7(土)のショップでのお買い上げ
□ 商業 5冊(4,276円)
 支倉凍砂・小梅けいと 「狼と香辛料」2巻(イラストカード付き@とらのあな)
 桂明日香 「ハニカム」2巻(メッセージペーパー付き@とらのあな)
 黒咲練導 「放課後プレイ」
 安倍夜郎 「深夜食堂」3巻
 季刊GELATIN(ゼラチン)2009はる(ポストカード付き@ゲーマーズ)

□ 書店委託同人誌 8冊(5,544円)
 おかりな 「COWAREMONO♯10」・「COWAREMONO#9」(オリジナル)
 むてけいファイヤー 「ぶらり!ときめきしつもんばこ」・「ND-special Volume5」(よろず)
 Blue Mage 「雷撃放課後プレイ」(放課後プレイ)
 Azure 「借りたモノの正しい返し方」(アイマス)
 ヒジキ煮 「Happy Snow」(ハルヒ)
 Chemi-Story 「麗いじり」(べびプリ)

□ イベントカタログ (1,050円)
 ティアズマガジン Vol.87

Feb 1, 2009

GirlsLoveFestival

GirlsLoveFestivalサンジャポを見ながらサークルチェックとマッピングをして・・・さて。
サンクリを控えてのひと叩き、2月にして今年の初戦となるラブフェスへ、ハイライフプラザいたばしへ向かうとしましょうか!

都営三田線の新板橋駅からの道すがらは、小銭を調達するために煙草を買ったり缶コーヒーを買ったり。
ところで、サイトには14時までは会場に来ないようにとの告知、まだ15分以上あるからいったん・・・と、ジョージアを片手にJR板橋駅に向かったら、NEWDAYSの前でスナフキンのように座っている@++さんを捕捉。こんにちはー。

 @++さん 「バンバンさんが来ないんだよねー」
 私 「あー。浅草橋から秋葉原に移動したからかー」

とか言いながらふたりでぼーっと待っていたら、山手線が人身事故の影響で運転を見合わせているとのアナウンスが聞こえてきたので、


さて、見捨てるか。 ( ゚Д゚)y-~~

足止めされているのが巣鴨というあたりが神だけど。

と@++さんと、駐輪場のおよそ20人の列を横目にハイライフプラザに入ったのは14時04分。

1階の会議室でカタログを買おうとしたら、その中にも一般参加者と思しき列があって、あれっ?と。
で、カタログを買うやスタッフさんに、そのまま会議室の列に並ぶように言われて・・・うん、

ハイライフプラザの即売会は容赦がないね。

14時前に来た人は、スタッフさんが嬉々としてペナ列に誘導していたらしいしね。
それでも@++さんと私の前にはおよそ40人、そして会議室が80人ほどの一般参加者で埋まった頃には予備移動がはじまって・・・さあ、開場。

今日の初動はよつ○いんずらいおん、はい、もちろん製本中。
ていうか、折っている紙の絵をチェックして、やっぱちゃんと(中略)あいおんさまだけ(後略)とか思ったりしながら通路を直進、まず確保したのは沈黙の放課後のコピー誌。

「愛」の島を振り返ると、NURSERYTALEに列ができかけていたのですかさずダッシュ(走ってません)、そのあとは黙々と、チェックしたサークルさんを捌けばいいだけだったのですが・・・

どのサークルさんが人気なの?

なにが言いたいのかというと、参加者の人気を集めるはずの外周、「少」の島のサークルさんが不在だったり絶賛製本中だったりで、「吸着剤の役割を果たしてないよw」(某氏談)だったんですよね。
だから参加者はいい按配にバラけて買いものに勤しんで、たとえばあるサークルさんでは折本とペーパーがあっという間に刈り尽くされたりと、島中でも売れ行きはなかなかによさげだったりで。

14時45分には全巡回も済ませてしまったので、そんな活況を@++さんや開場時間に間に合ったバンバンさん、CIAさんや園衛さんと雑談をしながら、あとは時限を待つだけ・・・だったのですが。

さて、よつくい○ずらいおんの中の人はテキパキと作業を進めてはいるけれど、もうすこしかかりそう・・・などとチェックは決して怠ることなく、そのスペース前の通路を園衛さんと、

 私 「ねえ、そのPCゲームって買った?」
 園衛さん 「いや。本にしか興味ないからなー」

などと話しながら歩いていてふと振り返った14時55分、なんでよつくいんず○いおんに列が?
3,40秒前はまだ製本中だったじゃん!と、数が多そうには見えなかったので必死にダッシュたぶん走ってません)、最後尾へ。

ああ、製本が済んだぶんだけ頒布をはじめたのか・・・ていうか、壁際で雑談していた@++さんにバンバンさん、CIAさんが瞬間移動でもしたかのようにもう並んでいるのが・・・下品よ!
私の前の人でいったん完売したから言ってるんじゃないわよっ!

あらためての頒布でつつがなくゲットしたあとで、会場の奥に集まっていた兵のみなさんにそんな悪態をついていたら、だいぶ前からダマを発生させていたMIX○PUNCH!が列を形成をするとのアナウンスが。

こんどはたまたま近くにいたので無問題、あるいは私の靴を踏まんとするほどの勢いでダッシュしてきた人を「必死ですねw」と、どの口でお前はといった寛容な精神で赦しながら、15時10分にはじまった頒布でしなやかに確保。

さて。

これで今日のミッションは完了なんだよね。
だからまた兵のみなさんと雑談を・・・とは思ったけれど、その内容は次第にどす黒く、やがて ピ ー


こっ・・・こーゆーの駄目なのよ!!むっ・・・無理
恥ずかしすぎる!!わーわー (何


と、ピュアな私はまたつぶさに会場内を巡回したり、駐輪場の喫煙所に行ってニコチンを摂取したり。
あるいは、ファミレスに移動するという兵のみなさんとは15時52分に別れて、ひとり池袋に移動したり。

ふっ。孤高の買い専とは俺のことさ・・・

いや、昨日はまだショップに入荷されていなかったティアズマガジンが欲しかっただけなんですけどね。

この時間にしてとらのあなは未入荷、まんがの森でお買い上げしたあとは、強風のおかげで乙女ロードがなかなか素敵だったのはどうでもいいので、ベローチェでプリモオーレを飲みながら「深夜食堂」の新刊をまったりと読み耽って。

それは19時にはじまるラブフェスのアフターイベントまでとりあえず時間を潰すためではあったのですが、まったりしすぎて眠くなったり、鍋焼きうどんが食べたくなったりしたのでそのまま帰路につくことに。

今日の即売会が14時30分の開場だったこともあって、そんなことをしていたらあたりはもうすっかり暗くなっていたしね。