12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Dec 31, 2008

コミックマーケット75 【12/31】

はーい、こちらはソ○マップ音楽CD館のそばのれいんでーす。大晦日の羞恥プレイは楽しいですねー。
ソフ○ップ本館のそばにいる東方厨のUくーん、そちらはどうですかー?

 Uくん 「えー、あんまりなんでソフマ○プ様が怒っているそうでーす」

そりゃそうだ。通行人もみんな呆れてるよ、本店の横に並ばせてよ!

麺屋き○み 「ふざけんな」

ということで朝イチで、行って来ました、とらのあな秋葉原1号店。

入店待機列はUDX側に形成されると思っていたのにこの始末。
開店準備に勤しむタイトーステーションのお姉さんが馬鹿者の群れを一瞥→無反応なことに萌えたり、「ええ、同人誌を買うためなんかじゃありませんよ!A○B48のチケットを買うためですよ!」とか どっちもどっちな 嘘を考えているうちに、さあ、10時。

パケットで店内に誘導されて奥へと進むと、店員さんがエレベーターの扉を押さえて「さあ乗れ、このキモオタ」(意訳)。
「うむ、ご苦労。(´ー`)y-~~」と乗り込んで4階フロアに踏み込んだのは10時06分・・・うん、ひどい。

ていうか、そもそも入口が塞がっているので入れません。
どうすりゃいいんだよこれ、と阿鼻叫喚を傍観→しかし店員さんが入場制限をかまそうとしている気配を察知するや突入した私・・・訓練されているからな!

さて、いちばんの売れ筋が並ぶ平台は?と、背伸びをして人だかりの向こうをのぞき込むと・・・平積みがそれはもう見事に崩れたT2 ART W○RKSだらけでした。本当にありがとうございました。

店員さんと有志のお客さんが一致団結して積み直す、この殺伐とした世の中で心温まる光景が拝めたのはもう少ししてからのこと。
この平台はどうせ乳とか汁とかだしなとフロア内に踏み込んで、冬コミ新刊をえぐるように物色した私・・・そう、とにかく漁れ!話はそれからだ!

と、カオスなフロア内とは打って変わって列などないレジでたくみなむちはぽい処ほかの新刊をお買い上げしたあとの11時21分に5階へ移動、あれ?こっちはずいぶん空いてるね?

そんな馬鹿な話があるわけもなくレジ列は絶賛蛇行中、最後尾札はフロア左側の壁沿い、あともう少しで入口へと届こうとしているあたりに浮かんでいて・・・東方だしな。

とはいえ、ロケット燃料★21の新刊や偽MIDI泥の会小さい本がもう卸されているのでは突撃するしか!と列に並んでいると、Uくんと月厨のYくんが登場。
で、雑談をする暇もないというのにUくんの仕打ちたるや、「オラ、これも一緒に買ってくれや」と東方な本をどっさりと・・・重いんだぜ!

苦行に耐えつつ33分ほど並んで精算を済ませてから階段に向かったら相方たちを発見→声をかけずに尾行、その会話に耳を澄ますと、

 Yくん 「Aくんはまだ並んでいるのかなあ」
 Uくん 「ほっといて先にメロンブックスに行こうかw」


げしっ!(メ゚Д゚)


と蹴りを入れて蒲田行進曲でもやらかした日にはとらのあな様に怒られるので堪えたけれど、東方な本を叩きつけて只今11時16分。
笑い男で顔伏せされてアキバBlogにデビューしないことを祈りながら、本店の横の待機列に メシウマな気分で エールを送りながら、さあ、メロンブックスへ行くぞ!

 店員さん 「只今入場制限を行っておりますが、5~10分でお入りいただけまーす!」

階段を見上げるともちろん列、「サンクリや都産みたいだね」「ていうか、10分じゃ無理じゃね?」とか言いながら最後尾について、16分後に店内に突入。

レジ列は2列縦隊だったとはいえ、最後尾は入って突き当たりの壁の右端を折れたあたり。

少ないじゃん。

店内の移動もあまり困難ではなかったけれど、 ここ専売の本があるのがうぜえとか思いながら いつも買ってるみつどもえなサークルさんの本がもう卸されているのでは(ry

いやいや、たった23分で買えたのだから上出来だね!と退店、

 Uくん 「ところで、K-BOOKSの袋を抱えている人がたくさんいるのはなんだろう?」
 私 「あー。そういやぽてねこな人の色紙がもらえるフェアだったね。突撃した人は乙だよなw」

とかやりながら、ホワイトキャンバスへ移動したのは12時28分・・・って、なんだ、あの列。
ホワキャンまで(暴言)入場制限かよ!

Yくん曰く「目を疑うwww」(暴言)、いや、俺も(暴言)と思ったら、それは店の外の特設コーナー列。
鳥居まで設置したそこでは、物販や福引、おみくじで賑わっていて、店内の巡回を終えたあとも気になってしょうがない風情のUくんは放置して、さて、次はマンガ王国。

この冬コミでは痛恨の買い逃しがそれほどないのでメシウマな気分に浸りつつ退店、メッセサンオーへ行くと階段にはまたぞろ入店待ちの列があって、目を疑って見なかったことにして次はまんだらけ。

ここの冬コミ新刊の値付けって、もしかして安いかも・・・
ただ、レジ列のおかげでつぶさに見ることができず、じっくりと眺めることのできるショーケースではF4 C○MPANYが26,250円、F○untain's Squareの 【1/3訂正】 セット かんなぎ折本、21,000円については眼福でしか。

キツネさんな気持ちでDカルトへ移動・・・うわ!これが偽MIDI泥の会の大きい本か!欲しい!
とは思ったけれど、人としてどうかとも思うので目の保養をするに留めて昼食をとったあとの14時20分、冬コミ4日目@アキバの掉尾はK-BOOKSでした。

・・・え?Digital Accel Worksが絶チル本?会場限定と思しき小冊子も絶チル?

 Uくん 「これは買いです!」
 私 「そうだね、買いだよね・・・ちょうど2,625円だし、せっかくだし

と、七尾奈留先生の複製色紙をゲット。 (`∀´)y-~~

Uくん 「最低だ」

さーて、14時30分を回ったことだし、もう池袋に行くことにしようね!ね!

で、とらのあな池袋店、どうせ阿鼻叫喚であろう3階はあとまわしにしてまずは4階、中古フロアへ。
ショーケースを眺めていたら、あ、これが噂のバ○シングポイントかあ、初めて見たなあ。(棒
どれどれ、お値段は・・・へー、8,400円かあ。(棒

 Yくん 「ふーん、思ったより」


・・・聞いたよ。( ̄ー ̄)


 私 「なら、買いです!w」
 Uくん 「中古同人誌はガツンと!www」

煽りに煽って、たとえばYくんがフロアを出て行こうとするのを、「なにやってんだゴラ」と恫喝までしていたら、「じゃあ・・・行っちゃおうかな!」とか、うわ、ほんとうにショーケースを開けてもらってやがる!

 Uくん 「えーマジ買うの!?キモーイ!」
 私 「中古同人誌で許されるのは2,500円までだよねー!」


ていうか、さすがディープリーダー!(何


とかなんとかやりながら、乙女ロードの巡回も終えて池袋駅へと向かう道すがら、「この年の瀬に俺はなんてことを・・・」とブツブツと自分を責めはじめたYくんに、「いや、らしんばんにもK-BOOKSにもなかったんだから勝ち組だよ!」などと心にもないことをほざきながら、俺たちはどうしようもないことを・・・と反省するわけもなく、家路についた大晦日でした。


それではみなさま、よいお年を!

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

コミックマーケット75 【12/31】

コメント

おはようございます。
お金持ちの友人が居ますねー
自分も中古は2500円が限界です・・3150円だと買わないですな
偽MIDI泥の会さんのデカ本は普通に欲しいですな・・気持ちは分かりますよ
始めから見なかった事に脳内処理します。

投稿者: JW1 (Jan 2, 2009 7:50:54 AM)

「お金持ちの友人」はまだ自分を責めていて、今日の冬コミ6日目には不参加でしたw
偽MIDI○の会さんのA3サイズの本は、どの中古同人誌ショップでも判で押したように5,250円。
もう少し安ければ(ry

投稿者: lein (Jan 2, 2009 8:40:24 PM)

コメントを書く