12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Oct 28, 2007

インフェルノ

インフェルノ「暗黒の母」(テネブラルム)の存在に近付いてしまった女流詩人ローズ。
ローマで楽理を学んでいる弟のマークがニューヨークに駆けつけたとき、彼女が暮らす古いゴシック建築のアパートは魔女の恐怖で覆われていたのだった・・・

錬金術師であり建築家であるヴァレリが著した「三人の母」、災いをもたらす女神をめぐる怪異譚。

蛾を喰らう蜥蜴や鼠を食いちぎる猫、砕け散るガラス。赤や緑の原色を配したアルジェントカラーと神経を逆撫でする不協和音。
ひたすらに不安を煽り、不快感を叩きつける「ならでは」の演出は健在、「サスペリア」が白雪姫であるのに対して、本作は「ヘンゼルとグレーテル」を意識したというそのセンスはさすがなのですが、フライブルクの「嘆きの母」(サスペリオルム)ほどに賞賛されることがなかったのは、やはりやむをえないところかな、と。

どうして呪われた書が骨董屋や図書館であっさりと手にできるのさ、というのは無粋極まりないツッコミであるとしても、登場人物たちが脈絡もなく、機械的に次々と殺害されていくのは・・・やっぱどうなのさ?
とりあえず、古物商が惨殺されるシーンについては「はっ?」と思った人が少なくないでしょうし、個人的には「ルチオ・フルチだったらアリかもしれないけどさあ・・・」とか。

そして、問題はなんといってもラストシーン。ヴェロニカ・ラザールでもって・・・アレはないだろう、アレは!
もしかしたら演出までもがマリオ・バーヴァだったのかもしれませんが、なんにせよ失笑あるいは噴飯もので・・・

というわけで、ようやくDVDがリリースされたので久々に鑑賞したものの、やはりどうにも誉めづらい作品なんですよ。
「サスペリアPART2」や「サスペリア」と比較して落ちるのはやむをえないところだし、最近の作品で観たのがあの「ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック?」であるのはともかく、アルジェント作品にさして思い入れのない身としてはなおさら。

それでも「魔女三部作」の完結編、ローマの「涙の母」(ラクリマルム)を描く「LA TERZA MADRE」(米公開タイトル「MOTHER OF TEARS」)はとにもかくにもアーシア・アルジェントがヒロイン。
共演のウド・キアはともかく、ダリア・ニコロディは黙っちゃいないだろうし、楽しみにしているのですけどね。

(文中、ネタバレは背景色にしています)

インフェルノ  INFERNO
1980年 アメリカ
配給 20世紀フォックス
製作 クラウディオ・アルジェント
監督 ダリオ・アルジェント
出演 リー・マクロスキー アイリーン・ミラクル サッシャ・ピトエフ ダリア・ニコロディ ヴェロニカ・ラザール アリダ・ヴァリ

【参考リンク】
angeleyes 「イタリアン・ホラーの帝王 ダリオ・アルジェント」
AVETE VISTRO 「インフェルノ」

【関連記事】
サスペリア (サスペリア アルティメット・コレクション DVD-BOX)

Oct 21, 2007

ぷにケット16

ぷにケット16・・・さて、今日も ピ ー な同人誌を買いに行くとしましょうか。 (´ー`)y-~~

などと時勢やらなにやらをまるで考えていない上に、今さらピーを入れてみるほどにチキンな私がPiOに着いたのは9時59分、くじびき列はまだ形成されていなかったので、とりあえずトイレに行ったり喫煙所でまったりしたり。

そして、10時10分頃にはじまった、入場方法についてのスタッフさんの説明が終わるやA~F列に一般参加者が散るのを眺めて・・・今日はE列かF列に並ぼうか、と。

で、会場に向かって左の方へと歩いていくと、あ、E列に@++さんが並んでいるよ。じゃあ、同じ列に並ぶのはネタ精神に欠けるよな・・・と、F列に向かうとCIAさんを発見。
大通りから見えない位置の列に並ぼうなんて・・・みんなチキンだね!(違

そうこうしていると@++さんが列を抜けてやって来て、結局3人揃ってF列に並ぶことに。ネタ精神に欠けています。
まあ、より早く入場できる列を引き当てて、必死で突撃しないといけないサークルさんもいないしね。

ていうか、テ○玉の(略)!と、「こどものじかん1科目」予約しないといけないこともあれば、今日も一呼吸で済ませてさっさとアキバに向かいたい私。

だから、先頭入場はD列、我らがF列が5番目の入場になろうとどーでもいいし、2番目だったE列にいつのまにやら並んでいたバンバンさんが我々に向かってにこやかに手を振りながら入場して行ったことには「やっぱ格が違うwww」とウケたりしながら、さて、今日も戦闘を開始するといたしましょう!

とか言いながら、なにも考えずに@++さんのあとをついて行ったところ、ノーチェックな島に連れて行かれたので、いきなり引き返して確認したのはゆかい絵本の製本風景。
じゃあとプロペラに向かうとやはり新刊はなく、綺麗なペーパーをつつしんで頂戴したあとは、藤ノ宮ミレニアムが不在なのを一瞥しつつ、同じ島のヒロカワールドの新刊コピー誌を確保。

ここでさらに会場奥へと進みたいところだけど・・・
いつぞやのことを考えると折本でもそう長くは保たないこと濃厚、圧倒的初動一番人気となったでぃれ~だーの最後尾についたのは11時05分。
並んでからさらに列が伸びることはなかったけれど、それでも私がスペースに辿りついた11時17分時点でまだ5限だったあたり・・・危なかったかな?

ともあれ無事にゲットしたあとは、そろそろ頃合いでは?とゆかい絵本へ行って持っていない再版コピー誌(2種)をゲット、そこまではいいのですが、あとのチェックしたサークルさんはオロリヤ鉛筆堂をはじめとして時限販売、あるいは不在のところばかりで・・・(SIGH)

それでも全巡回をするなどして琴線に触れた本をちらほらと購入、11時40分にいったん会場を出て喫煙所でひと息ついたりしたあとは、まず、12時頒布開始の横濱レモネードを危なげのないポジションを確保した上でゲット。
で、そのときちょうど列ができはじめたシモボードに並ぶことにしたもののまだ準備中、オロリヤ鉛筆堂の時限販売が告知通りに12時30分なのかどうかが問題だ・・・

ということで、12時15分にシモボードでコピー誌の新刊と既刊を買うや会場の反対側へとダッシュ、はたしてオロリヤ鉛筆堂のそばの壁にはかなりの人だかりが。
ここは買い損ないたくないけれど、ただいま鋭意製本中な新刊コピー誌の数はじゅうぶんそう、肩たたき方式の列形成ではそこそこ早い順番になったので、ああ、よかった・・・と。

ただ、「成年向けのサークルは・・・全然チェックが入らないやw」と言っていた@(自粛)さんが私のだいぶ前に並んでいたことにはどうツッコんでやろうかと思ったり、俺としたことがエ■で遅れを取るとはな・・・と恥じ入ったりしましたが。

そのあとは、遅刻だったり時限だったりした桃飴屋ノラクラの新刊コピー誌を捕獲したり、バンバンさんと@++さんが読んでいるのを見て「あれ?どこで売ってたんですか?」と、己の観察眼のなさをさらけ出しつつスキフェスのカタログを買ったり。

そして、頒布をはじめる風情のないサークルさんはもうあきらめることにして13時07分に撤収、「うわ、エンタまつりだったのか・・・」と、人出のひときわ多いアキバをバンバンさんとぞんざいに巡回することに。

とはいえ、書店委託については八王子海パン突撃騎兵隊やらなにやらの収穫があったり、バンバンさんに「あー」と呆れられながらランドセル型DVD-BOXの予約をつつがなく済ませたり。
・・・お兄ちゃんは悪くない!(何

はたまた、まんだらけで 猿のように 中古を漁っていたであろう園衛さんにばったり出くわしたり、お二人と別れて喫茶店に籠もって検討した菊花賞をつつがなくハズしたり。

そうして今日もまた ピ ー な同人誌でずっしりと重いバッグをかかえながら家路についた、暖かな秋の午後だったのでした。

Oct 16, 2007

同人イベント特攻カレンダー

テ○玉の根性なし!(挨拶

それはまあともかく、10/14(日)の川崎やらどこやらはパス、夏コミからずっと続いていた戦闘もようやく小休止。死んじゃいますしね。

そして、秋の気配が日を追うごとに感じられることもあれば、冬コミまでの参加イベントをまとめておかないといけません。

 10/21(日) ぷにケット16 大田区産業プラザPiO
 11/3(土・祝) 2007年スキマフェスティバル 大田区産業プラザPiO
Brand New Leaf 20
さよなら先生またあした ハイライフプラザいたばし
 11/4(日) コスチュームカフェ19号店 都立産業貿易センター(浜松町館)
リリアンフェスティバル2
 11/11(日) 病み鍋PARTY2 都立産業貿易センター(台東館)
だんめんずこみっく3 大田区産業プラザPiO 開催中止
第六回文学フリマ 東京都中小企業振興公社秋葉原庁舎
 11/18(日) COMITIA82 東京ビッグサイト
 11/23(金・祝) iDOL PROJECT4 都立産業貿易センター(台東館)
 11/25(日) 陵桜祭3 都立産業貿易センター(台東館)
 12/29(土)~31(月) コミックマーケット73 東京ビッグサイト

微妙に属性ではないので、ぷにケもパスして休養に充てようかと思っていたのですが、好きなサークルさんが参加するのではどうにも。

とか言いながら初動は蒲田ですけどねいろいろと話題沸騰なスキフェスは、だからかえって醒めてしまっている私。
ひねくれ者とは言えましょうが・・・だってだって、絶望先生分が不足してるから!
いや、男が参加していいのかどうかは知りませんがね。( ゚Д゚)y-~~

なんにせよ、その翌日はダレていること濃厚。
初動はさすがにコスカですが、大手降臨でまたマンドクサそうだ・・・と、さっさとリリフェスに逃げる算段をもう今から。

その翌週にやる気が回復しているかどうかは、由乃本がどれだけあるかにかかっていたり。
ティアに疲れを残すべきじゃあないですし。
で、冬コミを控えた最後の勝負、最終調整をかねて臨む舞台は浅草で、なにはともあれノーミスな立ち回りで終わりたいところ。

それではみなさま、今年もあともう2ヶ月半、最後までがんばっていきましょう!

Oct 14, 2007

スポーツキル 地獄の殺戮ショー

スポーツキル 地獄の殺戮ショー誘拐と監禁と殺人ゲーム。

さらには、昏睡している美女をバックからレイプするシーンといった禁忌の数々によって、本国ではレイティングすらペンディングのまま未公開。
日本でもR-18である上にレイトショーのみの劇場公開と、そうした胡散臭さに期待した人は多いでしょうし、かく言う私もそうなのですが・・・

劇場公開ではもちろんDVDスルーだとしても観るべきには非ず、ましてスピンオフを製作しているなんて冗談じゃない、と吐き捨てたくなるほどにお粗末な代物でした。

とにかく、殺人賭博クラブをマネージメントしている組織、あるいは悪漢たちの背後や内にあるどす黒いものがまるで描かれていないので、物語がどうしようもなく浅薄。
ヒロインはがんばっているとは思うけれど、そうした演出や脚本の稚拙さによって、トンネルのシーンにしても恐怖感や閉塞感というよりは、その冗長さをこそ息苦しく思ってしまう始末で。

キャスティングは悪くないんですよ。クラブを主宰するアイヴァンや、管理人のオーヴィルはたしかに味のあるキャラクターだし。
ただ、不気味さやはっちゃけぶりが不足していて犠牲者たちを完全に喰ってしまうほどではなく、はじめはニヤニヤと傍観していながら、やがて殺人ゲームに巻き込まれる観客の描写にしても、「ホステル2」とさえ比べるべくもありません。

また、パンフレットの解説はスラッシャー映画の系譜を語るばかり、作品の出来にほとんど触れていないことにはライターの苦労を察してあげる寛容さも必要だったり。

それでも、低予算のインディペンデントを誉めることがまるで美徳であるかのように、この作品をそう悪くは評さない向きもあるかとは思うけれど、駄作は駄作と言い切らないと。
だって、だからこそのパワーやセンスなんてまるで窺えないでしょう?

(文中、ネタバレは背景色にしています)

スポーツキル 地獄の殺戮ショー  Sportkill
2007年 アメリカ
配給 アット エンタテインメント
製作・監督 クレイグ・マクマホン
出演 ダナ・ウッド デヴィッド・C・ヘイズ ケヴィン・モイヤーズ マット・ロビンソン

ヒルズ・ハブ・アイズ2

ヒルズ・ハブ・アイズ2オリジナルのリメイクではなく、あくまでも「ヒルズ・ハブ・アイズ」の続編。

つまりは「サランドラ」と「ヒルズ・ハブ・アイズ」の設定を使った、軍隊の新兵チームと食人族との死闘を描く新しい物語、少なくとも「サランドラ2」をまた観る羽目にはならないわけで、その点だけは安心だったわけですが・・・

砂漠での脅威がだらだらと描かれたあと、舞台を炭坑に移してさらにだらだら。

閉鎖された空間を舞台にしたホラーがこのところトレンドになっていることもあれば、そこにはなんらかの新機軸が欲しいところ・・・というのはさすがに私見に過ぎるでしょうけれど、ともあれストーリーや演出があまりにも淡白で平板だよなあ、と。

もちろん奇を衒う必要などまったくないし、アレクサンドル・アジャと比較するような酷なこともしていないのですが、ホラー映画の基本を機械的になぞっているだけではという印象が拭えなかったんですよ。

だから、食人族がじわじわと新兵たちを追い詰めてゆく恐怖や、アバンタイトルで掲げたこの続編のテーマ、「種の存続」をめぐる狂気の描写がどうにも希薄。
中盤にあった伏線に対する帰結について「あれっ?」と思ったことを含めて、クライマックスのカタルシスもいまひとつ。

人間描写についても甘いとは言わないまでも魅力やインパクトを欠くし、あえて誉めるなら「ヒルズ・ハブ・アイズ」のルビーに相当するキャラクターが多少のスパイスになっていることくらいで・・・

などとあれこれ貶しながらも、辛辣だった前評判ほどにひどい出来とは思わなかったので、「サランドラ」の世界をただ楽しめさえすればというような、抑えめのテンションで観るのがいいのでしょうね。

(文中、ネタバレは背景色にしています)

ヒルズ・ハブ・アイズ2  THE HILLS HAVE EYES 2
2007年 アメリカ
配給 プレシディオ
製作 ウェス・クレイヴン
監督 マーティン・ワイズ
出演 マイケル・マクミリアン ジェシカ・ストループ ジェイコブ・バルガス

【関連記事】
ヒルズ・ハブ・アイズ
サランドラ

カタコンベ

カタコンベ姉のキャロリンのいるパリを訪れた、精神安定剤に頼るほど内向的なヴィクトリア。

ソルボンヌ大学に留学してパリでの生活を謳歌しているキャロリンは、警察のマークをいなしながら開催されるゲリラ・パーティーへとヴィクトリアを誘うのだが・・・
その会場は700万体もの死骸が眠り、黒き神の悪しき伝承のある地下墓地<カタコンベ>だった・・・

『SAW』シリーズのプロデューサー最新作」というキャッチコピーがそもそも胡散くさかったわけですが、はたしてその出来は・・・はっきり言って最悪でした。

オープニングはまあともかく、キャロリンのアパートにヴィクトリアが案内されるシーン。
そこには、発狂した住人が殺戮の血飛沫をあげた「いわく」があるらしいのですが、ヴィクトリアが階段を上がっていくカット割りが・・・これ、映像としてどうなんだと、この時点で監督たちの力量に疑問が湧いてきてしまったんですよね。

また、最初の殺人を目の当たりにしたヒロインがパーティー会場へと戻り、そのあとでまた地下迷路に迷い込むという展開が、テンポを徒に悪くしたのも考えもの。

そこをもう少し上手く見せて、あとはクライマックスへと続く恐怖を一気に描けばいいものを・・・スクリーンには緊張感も欠くドラマが延々と映し出されていただけで。

非難囂々な結末についてはなんていうか、あれもまあアリでいいとは思うのですが、ラストシーンがまたいまひとつ。
ていうか、おいおい、ヘンリーはどうなったのさ

閉鎖された空間の恐怖、そこからの脱出を描いたホラー映画の多い昨今、「ディセント」がいかによくできた作品であったことかを再認識したり、ライオンズ・ゲートは時々やらかすよなあ・・・と思ったりしながら、エンドロールを眺めていた私だったのでした。

(文中、ネタバレは背景色にしています)

カタコンベ  CATACOMBS
2006年 アメリカ (2007年日本公開)
配給 デジタルサイト
製作 マーク・バーグ オーレン・ノウルズ グレッグ・ホフマン
監督 デヴィット・エリオット トム・コーカー
出演 シャニン・ソサモン アリシア・ムーア エミール・ホスティナ

Oct 8, 2007

サンシャインクリエイション37

サンシャインクリエイション37イベントに行くと言ってはドタキャンばかり、イクイク詐欺を重ねている月厨の相方に絶望しながら、今日は我々のリーダー、ゼロ儲改めニワカ東方厨Uくんとの共同戦線。
私とはスキルが比べものにならないので、A23ホールもDホールも彼にまかせておけば安心です!

という伏線はともかく、A1ホールの入場待機列の最後尾についたのは7時43分で、列が固定されたあとはUくんと分担やらなにやらの打ち合わせ。
雨は降ったり止んだりで、「ああ、かえってうぜえ!」と思っていたら・・・9時15分にはざんざん降りになってくれました。orz

それまでは地面に座っていたけれど、雨水が川のように流れて来ることもあればもう立っているしか。
ていうか、ちと面倒だな・・・浜松町や蒲田ならともかく、俺は今池袋で長い勝負をする体になってねえ。
一呼吸ですめばいいんだが・・・

私 「ねーねー、Uくーん。今日は12時半くらいに撤収するようにしようか♡」
Uくん 「え、そんな時間まで必死に?www」

・・・わかりました。がんばるのは12時15分までにします。( ´・ω・`)

とかなんとか、連戦の疲れとこの雨のせいで、サンクリに忠誠を誓う買い専にあるまじきやる気のなさを漲らせているうちに11時、さあ、開場の時間となりました。

入場できたのは11時05分、ホール本部前の通路は今日もまた素敵に混乱。
スタッフさんは一般参加者を時々堰き止めつつ誘導、どうにかしようとしてはいるけど、いつもここに人気のあるサークルさんを配置しているのでは・・・とか買い専が嘆いても詮ない話、「どりゃあー!」とまさにその渦中へ突っ込んだ私。今日の初動はでぃれ~だーです!

で、再版のオフセを買ったあとも、そのカオスの中での戦闘を続行。どりゃあー!
そして、漆黒のJ.P.S.の合同誌、このはの新刊・既刊・無料コピー誌をつつがなくゲットして、やれやれ、これでやっと阿鼻叫喚から脱出できるよ・・・と、ひと息ついている暇などありません!

外周を突き進んでDragon Kitchenへ向かうもスペースにあるのは時限の告知、じゃあとねこごろへ移動すると・・・こちらにあったのはチラシと椅子。
なんかなあ・・・といきなり緊張の糸を緩ませながら、SECOND CRYBLACK LIST、あと少々外道な本 を買って、あずまや松風を捌いたところで、このホールでのミッションはいちおう終わってしまいました。

そこで11時21分にいったん退場、A23ホールに援護に向かおうとしたところ・・・うーん、A1ホールもろともまだ一般参加者の入場が終わっていないのか。雨だというのに、人出は大して変わらないなあ。
さて、どうしたものか。とりあえずここでもうひと息つこう・・・とインポートマートの入口で煙草に火を点けたところで、Cradleに並んでいるUくんから「このあとはもうbolze.だけ」とのメールが。

なら援護云々はおこがましいというもの、もうひとつの担当であるBホールへと移動、TAIRAGIハンマーフォール、マリみてジャンルを光速で買い終えてからインポートマートに戻ったのは11時35分、さあ、もういちど主戦場のA1ホールへ!

・・・まだ、入場列があるんですかそうですかorz

と思うも、その最後尾は外に出てすぐのところだったので、すかさず並んで再入場。
さっき不在だったサークルさんが来てたりは・・・と思ったところで、Uくんから「bolze.は完売ですた」との悲しいお知らせが。うわ、はや!

ていうか、なんで買い損なってんだ、この××!

いやいや、ここの「らき☆すた」エ■は読みたかったけどしょうがないよね・・・!と、今からDホールへ移動するUくんにエールを送りつつ、私は引き続いてA1ホールの巡回に勤しむことに。
Dragon Kitchenとねこごろは来る気配がまだないけれど、このホールに配置されたジャンルは 外道で なかなかよろしく、あれこれ買いながらチェックしていたのであまり苦痛ではなかったのが幸いだったり。

とはいえ、いいかげん飽きたので11時50分にギブアップ、退場してA23ホールへ移動。

ポスターを見て回るマメさもなくorz頼むのは申し訳なく、また、頼まなくても買えそうなサークルさんを回ったり、Uくんからまた「珍譜堂も完売ですた」という悲しいお知らせが届いたあとで、正義の粘着質でもってA1ホールへ戻ったら・・・
あれ?Dragon Kitchenの中の人がスペースにオフセを並べているよ?

ということは・・・と、ホールの外を伺うと新刊コピー誌待ちの行列がすでにとぐろを。
でも、ここなら結構な量を製本して持って来そうなので最後尾に並ぶことにして、Uくんを呼び出したりもしたものの頒布は一向に始まらず、うーん、これは・・・と思っていたら、案の定スタッフさんから只今絶賛製本中とのアナウンスが。

20分以上並んで、さすがにもう・・・と列を抜けようとしたところで、「まだしばらくかかりますから!」とスタッフさんの解散命令が。ああ、よかった♡

だってもう12時半、撤収するはずの時間をとっくに過ぎてるもんね。ね、Uくん?

Uくん 「いや、1時からの時限をちょっと・・・」

ああ、そう。
どこのサークルなのかは訊かないけどさ・・・必死だなwwwとツッコんだのはもちろんだけど、今日はむしろ失敗してほしくなかった島中を完璧にこなしてくれたので感謝しているんだよ!

などと甘やかしたりはしませんでしたが、ともあれこの時点でもう戦闘モードが解除されてしまっていた私は、あとはBホールやA1ホールをあてもなくうろうろしたのみ。
そして、13時03分に暗躍中edit.な行動を終えたUくんと合流してようやく撤収。

で、これは雨のおかげなのか、妙に空いていたファミレスで昼食と仕分けを済ませたあと、「bolze.の新刊セット・・・( ´・ω・`)」と中古同人誌ショップに行こうかとは思ったものの、どこも店内はとんでもないことに。

ちっ、メールにレスもない月厨のぶんの本を売っ払うこともできねえし、雨も止まないし・・・と、今日はほんとうに一呼吸で済ませたままで、素直に家路につくことにいたしました。