12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Sep 10, 2007

編集長はあたし・えっ、わたしもですか!?、灼熱の浜松町

編集長はあたし今日の都産は2階から5階へ、イベントからイベントへとえぐるように転戦することになる修羅の館。
・・・ふん、腕が鳴るぜ!

先週の失態を鑑みるに、買い専として俺、軸が(ryなヤツがどの口でほざいてやがるという気はいたしますが、いつまでもぶれまくっているわけには行きません。

週なかにはもうサークルチェックを終えた上で決めた今日の開幕イベントは編集長はあたし、その最後尾に意気込みながら並んだのは9時25分
この時点で紅月ノ宴弐はすでに竹芝側の側道を折り返していたのですが、その行列を見るやおっぱいに逃げたバンバンさんCIAさんといっしょに蔑んだりする嫌な気合をも漲らせているうちに、さあ、予備移動がはじまりました。

都産正面の入口から2階へと上がる階段で待機しながら背後の様子を伺うと、やはり開場直前になって一般参加者が続々と。
私より早く来ていたのは30人あまり、館内へと誘導された時点で列は100人に届いていなかったのに、150人くらいにまで伸びてるよな、これ。

やっぱマズルカSTEPを初動にするべきか・・・と土壇場で思案しているうちに開場時間、さて、どうする?

と言いつつ、入場するやまず向かったのは予定通りにTailBell、2人待ちで新刊コピー誌を確保したあとは外周へ。
Miss Diamondがまだ来ていないことをちらと確認しながらその先へ進もうとしたところ・・・なんだこの一帯の混雑は!

とりあえず人波を突っ切って、ダッシュで向かうはマズルカSTEP・・・って、なんで列はおろか本を買っている人がいないのさ?
初動一番人気はここだと思っていたのになあ・・・ ていうかさっきの混雑はいったいどこ?Skirthike
と引き返したところ、開場直後に参加者が集中したのはTurning Pointと、女性が少なからず並んでいたのが印象的だったMagical Holy Waterだった模様。

で、Turning Pointの新刊オフセ、そのとなりのSkirthikeの新刊コピー誌をさっさと確保、Petite*CerisiernEetestの不在を確認しながら、チェックしていた他のサークルさんの本も買い終えて、えーと次は・・・じゃなくて。

さっさと小鳥さんオンリーへ移動しろ、俺!

えっ、わたしもですか!?と、11時05分にいったん退場して5階へと階段を駆け上がり、まずはきんろりやの新刊コピー誌を2人待ちでつつがなくゲット。
そして、入場するときに数多の行列を見なかったことにした、大手サークルが配置されている一帯へと突撃することにしたわけですが。

GUNPの最後尾は会場の外の 闇の中 エレベーターホールとの貼り紙と、スペースに積まれたコピー誌がじゅうぶんな数には見えないことをまずチェック、ならば!と横濱レモネードの最後尾に並ぶことに。

そして、11時09分にGUNPのコピー誌完売の憂き目に遭った参加者が流れてくる前に並んでいたことが奏功、残り数個のマグカップもゲットする僥倖に恵まれたあとは、オフィスちくわぶMEGA DRIVEの列が今なお長いのを横目にたんぽぽ定食。の合同誌を買って、さて。

ここでまた列が捌けたら買おうとか思っているとロクなことにならないのが最近の相場、捌きがすこぶる早そうなちくわぶだけはとりあえず確保しておくことにしたのは、あとでこちらに戻ってきた時にはもう完売していたのだからグッジョブだ、俺!

FirstKissそれはそれとして、11時18分にはとなりのFirstKissに移動した私。わあ、涼しい♡
でもさ、サークルリストを見ると捨てておけないんだよね、ここ・・・とSIONでペーパーを頂戴したあとはゆかい絵本へ。

・・・えっ?今日も新刊があるんですか?とペーパーともどもゲットして、お馴染みの実況イラストをじっくりと拝見、もう少しだけ買いものをしたあとで小鳥さんオンリーに戻ることに。

ここでさすがに列が捌けたMEGA DRIVEを買ったのはさておき、ぎゃろっぷだいなではフラットバッグのおそらくは最後の1枚、ノラクラの新刊コピー誌も最後の1冊を確保してしまう悪運で、心朗らかに会場内をさらに巡回していた11時30分、さーて、次はどうしよう?

あ。カタログは買ってあったのに、属性ではないあまりにおっぱいを失念していましたよ、ということで4階へ移動。

巨乳っ娘7うーん、この時点にしてすでに焦土だ・・・と、いつもながらに感心することしきり。
カレーライスコーナーがもう盛況なのも、なんかいいよね。

で、気のあるサークルさんは特にいないので全巡回。
モモカンや静岡さんの本はないかなあ・・・と思っていたけど、完売だったり見つけることができなかったりで、HATENA-BOXの時限列を横目に流弾屋の綺麗なペーパーを頂戴しただけで撤収、主戦場である2階に戻ったのは11時38分。

あとは、会場入りするやそれはもう丁寧にコピー誌を製本しているMiss Diamondが買えれば・・・で、同じことを考えている方々に出くわしたわけですが、@++さん、「Skirthikeに特攻しているleinさんをヲチしてましたw」とかはいいですから。

そして、12時15分頃に到着して準備をはじめたPetite*Cerisier&nEetestの列形成や頒布開始が、絶妙にMiss Diamondの製本終了とぶつかったのが本日のハイライト。
@++さんもCIAさんも私も、Petite*Cerisier&nEetestを買った人が流れ込んで来る前に!と祈りを捧げていたところ、Miss Diamondのそばでダマになっていた面々にスタッフさん曰く、「えー、みなさん静かに1列になってください」。

かくしてはしたないポジションで新刊コピー誌をゲットして、これでもう今日はじゅうぶんだよ・・・と安堵しながら入口の脇で@++さんと雑談。
列が数人になったのを見計らってPetite*Cerisier&nEetestの新刊セットを買って、ただいま12時54分

@++さんにはバンバンさんを捜索した上で蔑むという重要なミッションがあるし、私はヱヴァ序を観に行かないといけないしと、ここで別れて撤収することに。

今日の行動に反省点があるとすれば、今回は巨乳っ娘でカレーライスを食べようと思っていたことや、小鳥さんオンリーの12時の様子をヲチすることを忘れた余裕のなさ、かな・・・でも、まあ!

と、ウェンディーズでベーコンBBQバーガーをむさぼり食ってから、今日もまたアツかった浜松町をあとにしたのでした。

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

編集長はあたし・えっ、わたしもですか!?、灼熱の浜松町

コメント
コメントを書く