12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Feb 11, 2007

サンシャインクリエイション34

サンシャインクリエイション34前夜、ローゼン儲の友人を誘ったところ、「あ、ヌルーで」というつれない返事が。
冬コミが終わるや、もうCOMIC1への気合を漲らせている彼だからまあしょうがないのですが・・・

そんなに市○さんがいいのっ!?

ていうか、大手厨はジャンクにしてあげる・・・ふふふ・・・と思いながら、サンクリに忠誠を誓う買い専としては今日もまたただ出撃するのみ!

ということで一人寂しくサンシャインに向かい、西友側の外周通路に形成されていたA23ホールの入場待機列の最後尾についたのは7時45分。
列はやがてスペイン広場の後方へと誘導されて8時12分頃に固定されたものの、日陰にこのビル風はシャレにならねえ・・・ orz

あまりの寒さにマッチを擦って暖まろうかと思うも、3時間しか寝ていないこともあれば嫌な幻が見られそうだし、そもそもマッチなど持っていないのでただひたすらに我慢。

開場時間が近付いてようやく列の誘導がはじまって、陽のあたるワールドインポートマート入口前でほっとひと息・・・つく間もなく、さあ、戦闘開始ですよ!

さて、今日の初動は、買い専としての初心に返ってみようということで・・・bolze.
大手厨は(ryなのはともかく、こうした「無茶しやがって・・・」なことをやらかすとあとに響きそうなものですが、再版コピー誌めがけてスペースに突撃するや、なにもなくて一件落着でしたとさ。

・・・ああ、もう!ネタになりゃしねえ!と外周通路を進んでまずは三弦回胴の新刊コピー誌を確保して、
死ぬぞー!」「MEKONG DELTAに並んでいるみなさーん!」などとスタッフさんの怒号飛び交う中を突き進み、本来初動とするべきサークルさんのいるNの島へ。

そして、COTTON100%に新刊コピー誌があることを喜ぶあまり、「ほんとうに同人活動をお辞めになるんですか・・・?」と訊いてしまったことは、なんていうか、すみません・・・

複雑な思いとともに逆側へと回り、SECOND CRYの新刊とペーパーをゲット、そのあとはお子様ランチKEY TRASHの無料配布本、Mの島でぶきとぼうぐのみせのペーパーを頂戴して・・・
さすがにいいかげんハウス オブ KARSEAに向かうべきだよなあ。

ギリギリまで間合いを計る作戦もアリだろうけどね・・・と最後尾に並んで、Digital Lover列との兼ね合いで導線がひどいことになっている中で7~8分で買えたのはいいとして。

外周通路を進みたくても進めないわ、人波をどうにか掻き分けるも、Gぱんだ列がL島とM島の間の通路に形成されているわで・・・Cradleはどこー?・゚・(ノД`)・゚・

その新刊をどうにか買ったあとはまた人大杉な外周通路に突入、でぃれ~だーの冬コミの本とこのはのペーパーをゲットした時点で・・・もう、ダメです。HPが削られすぎです。

オシャバンはやはり列の進みが悪そうだし、ぽてねこについてははじめからスルー、ていうか暗い階段でギラギラと光る眼も恐いしどうでもいいのですが、この時点でまだ買っていないサークルさんがいくつか。

でも今日はいかんせん個人戦、もう11時32分だし、そろそろ移動しないとこのあとが!と、A1ホールへと移動することに。
そっちはたぶん人が少ないだろうし、ひと息つきながらね、という目論みもあったのですが・・・

入口から左へ折れて外周を進もうとするや、千歳烏山第2出張所列が凄まじいことになっていて・・・
珍譜堂はどこー?・゚・(ノД`)・゚・

お兄ちゃん、やめて!と思いつつ確保したあとで、あれ?リリーマルレーンのスペースに列がないよ?と、あっけなくこちらの新刊もゲットできたのは僥倖、彦二部屋を経由して、さあ、次はCホールだ!

しかし、この時間にしてA23ホール入口へと向かう入場待ちの列があるのって・・・と思いながら、郵便局側の外周通路を進んだものの、どうやって行けばいいかよく分からないし考えるのも面倒と11時42分、先にDホールを捌くことに。
で、絶対領域死守同盟UnisonBellkunichikaほか数サークルのみをまず買って早々に退場、誘導に従っていまだに慣れないCホールへとようやく移動。

11時51分に入場して、まずは2週連続して新刊コピー誌を準備したTAIRAGIに喝采を贈ったあとで、その9つ右のスペースに行くと新刊はなく、ていうか、本当にペーパーじゃ(ry(コピペ(違

と、 ピ ー を贈ってw外周へ向かうも、ゆうやけのーとちゅうにのペーパーはつつがなく配布終了。
wasabiのコピー誌もめずらしく時限ではなかったようですでに完売。ああ、せっかくwasabi cardを持ってきたのに・・・とか思いつつ、ともあれこれでいちおう全ホールの巡回は終了。

即売会の朝は水分あまり取んなやwさて、とりあえず主戦場のA23ホールでさっきの続きを・・・と、12時01分に退場しようとしたものの、はい、Cホール出口は今日もすばらしく大手列でした。
ハウス オブ KARSEAなみに並んだぞ・・・ だからCホールは嫌いよっ!

で、12時08分にどうにか脱出して、A23ホールへ再入場。
入口付近でいっとくたんの「うーん、いっぱいいっぱいだにょろ~!」という叫び声を拝聴しつつ、じゃらやに向かうも・・・さすがに完売。

あびしにあの無料配布本ももちろん終了していて、MPは先週使い切ったことだしなあ・・・と、藤ノ宮ミレニアムの風香本を残り2冊のところで確保できただけでじゅうぶんだよ、と。

瀬浦さんマタキターそのあとは、Cホール以外をふらふらと巡回して、13時25分に撤収することにしたのですが、えーとですね・・・
これはほんとうにサンクリですか? しかも、年明け最初の開催ですよ?

いや、この程度で消耗していたのでは、春サンクリやぶっちゃけレヴォでどうにもならないことは判っているのですけれど。

個人戦でこれならまあ上々という戦果ではあったものの、かくしてアキバへ移動する気力などなく、とらのあな池袋店を軽く覗いて帰るとしようと思うや、「こどものじかん」3巻限定版【AA】を予約するのを忘れてた・・・と、さらにダメージを受けることに。 orz

池袋駅構内のグランドキッチンみかどに行って生ビールと焼きそばで腹を満たし、気を鎮めたあとで家路につくことにしたものの・・・明日はどっちだ?

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

サンシャインクリエイション34

コメント

いやあもう本当にペーパーしかだせず/(^o^)\ナンテコッタイ って感じでした、すいません。
COTTON100%の人には俺も思わず聞きそうでした。
何があったのかしらないけど寂しいですね。

投稿者: 園衛 (Feb 11, 2007 10:32:51 PM)

> 園衛さま

サンクリ、お疲れさまでした。
また、分をわきまえないネタ、失礼いたしました。これもCホールの魔力かもw(違

COTTON100%さんについては、ほんとうに寂しいとしか言えませんね。
私も静岡さん(ウミショー)の色紙を持っているのですが、それが思い出になってしまわなければいいのに・・・と、どうしても思ってしまいます。

投稿者: lein (Feb 11, 2007 11:04:16 PM)

はじめまして。COTTON100%の中の人です。
以前からこちらのサイトは拝見しておりました。

何があったかっつーのは本家でも述べていますが
新刊を発表できない(=皆様の期待にこたえられない)
不義理を重ねる自分が嫌いになったというのが最大の原因ですか。

色んな方々から励まされたりなんかしていくうちに
作品を描ききれないまま活動を終えてしまうことこそが
最大の不義理だとだいう結論になったわけです。

そんなわけで、新刊にも書いてますがもう少し活動しますので、どうかご心配なさらずに。

投稿者: きよさ (Feb 11, 2007 11:57:10 PM)

サンクリお疲れ様でした!本当に寒かったっす!!暖冬なんてシンジラレナイ~風の冷たい事・・。
初動A23でしたがハウスオブカーシを買った時点で私的にはほとんど終了と言うか、久々に机を
押してしまうほど混んでましたね~移動が大変困難でした、島途中に長い待機列とか出来てるし
過去に無い混み方してたように思います。bolzeお休みでしたね・・駄目もとで見に行ったら何も
無くて、まぁそんな事もありますわねぇ・・。瀬浦先生落書きコーナーに11時半ごろ描いてらしたかな?
描いてる所見ましたよ。

投稿者: JW1 (Feb 12, 2007 12:30:20 AM)

> きよささま

はじめまして。

まず、サンクリ34で開場早々に不躾な質問をしてしまったことを、あらためてお詫びいたします。

そして、新刊のあとがきに「もう少し先の話」とあることが気になっていたのですが、サイトを拝見してほっとしました。
「ぼちぼちと」活動を続けてくださるだけで、ファンの一人としてほんとうに嬉しく思います。

でも、「やっかいな人」ですね(笑)

という冗談はともかく、千葉さんの話の続き、そしてこれからの作品を楽しみに、心待ちにしています。
ぼちぼちと。


> JW1さま

サンクリではバスターミナルに待機することが多く、あの風には免疫がないせいで、そりゃあもう走馬燈が見えるほどに凍えてました。はい。

bolze.さんについては、今日(2/12)のアキバに「なんだこりゃあ!」なものがありましたよ。

瀬浦さんのイラストですが、ラクガキコーナーの前で否応なしに足が止まりますよね、あれは。
なんだこのとんでもなくうまい絵は・・・と。

投稿者: lein (Feb 12, 2007 9:47:23 PM)

コメントを書く