12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Oct 9, 2006

SDF1008

SDF1008会場を目の前にして京急の踏切に10分間足止めを喰らおうとも、この晴れ渡った空のように心は穏やか。
スペースの数からしてローリングスタートはできないと思うけど、もっと遅い時間の出陣でなんら問題はない仕掛けがあるような気がするしね。

まあ、ロケット燃料★21が欠席、ちゅうには新刊なしでは・・・( ´・ω・`) と、同人誌買い漁りフラグはクリアされてはいるけれど、だからこそ今日はまったりとイベントを楽しむことにしよう。

・・・チョットマテ。PiO正面のあの行列はなんだ。
この時間にして、まさかアレが最後尾かよっ!と思うやそれはカタログ購入列。
脅かすなよ、ベイビー・・・と、いつもの場所の入場待機列に並んだのは9時35分。先客は250~280人くらいかな?

で、マップに書き込みなどしているとカタログがすぐザラザラになるような強風、しかし麗らかな陽射しの中で立ち回りの最終確認。
スペースが複数のイベントにわたるサークルさんの頒布情報をいまいちど整理したりなんだりしているうちに、さあ、列移動がはじまりました。

そして、11時を少し回ったころにスムーズに入場。
初動は禁則事項ですキョン君(はあと)2、こちらでのみ新刊を頒布するTTT・・・なんだけど、即売会の開始は一般参加者全員が入場してから、とのアナウンスが。

次に買いに行くつもりのしるまりるのスペースの様子を伺いつつ、また、会場中央でアイドルプロジェクト2早くもヤバげな風情なのを傍観しつつ、しばし待機。
そして、11時10分にようやくかけ声と拍手があって、さあ、今日も戦闘開始ですよ!

かくしてまずはTTTの新刊コピー誌をゲットして禁則事項のしるまりるへ移動するも、再版スティポのおかげで列の進みが悪そうとみて列を抜け、蒼月祭15の方のしるまりるを先に確保することに。
で、あらためて並んでハルヒ本の新刊を購入、volunteersもちろんまだ店開きしていないことを確認した、そこまではいつも通りの立ち回りだったのですが・・・

さて、次はアイプロのBLUE DRAGON、しかし委託のみで本体はまだ頒布がはじまっていない状況。
そして、もうしばらくかかるだろうと読んで、真反対のキミトノキスヲ恋愛漫画家へ向かったことが、今日の負け組スパイラルへの第一歩だったのでございます・・・

ていうか、ただいま11時25分。ここまでなんで15分もかかってるんだ、俺。フットワーク悪すぎだろう・・・

ともあれ、Loけっと2のちゅうにのスペースを念のため確認した上で、壁際に形成された恋愛漫画家列の最後尾に。新刊もさることながら、サンクリ新刊のホスト部本がむしろ目当てだったのですが、双方つつがなく購入して、さて、どうしたものか。

まあ、経路からして壁沿いに進むことにしよう、とへっぽこ幼稚園へ。
やはり夏コミの本だけだね・・・とスペースを確認したあとはてすた厨房。しかし、配置されている通路がなんか混乱しているのを見て軽やかにスルーしてみたり。
いや、いつかのサンクリでなかなかに修羅場だったトラウマが、ね・・・

それはそれとして、雛見沢村綿流し祭5と禁則事項の一帯に戻ったのですが、そこで生来の方向音痴が炸裂。
カタログの細かすぎるマップが見づらい、ていうか館内の照明ではまるで見えなかったため、しばらくうろうろしたことが今日いちばんの敗因だったわけなんですよ、奥さん!

電脳電波発令所のペーパーは、スペースのそばで張っていなかったしまあしょうがないとしても、KEY TRASHのペーパー、そしてなによりBLUE DRAGONの新刊コピー誌を買い逃す痛恨。いつの間に売り始めたんだろう・・・ orz

動揺を抑えつつ、ほかの買うべきものを買い終えてから、Mighty Heart!へと移動。
まず、よりみちの新刊コピー誌を確保して、浜ん町ジプトへ。
一般参加者にとってはもはや幻の逸品である新刊コピー誌の見本をしばし拝見させていただいて、他のサークルさんのチェックもした上で、次は東鳩祭2-E

東鳩祭2-E入口でカタログを買って入場するや、うん、実に穏やかな空気が流れているね!
で、さらにしるまりるの新刊オフセを買い、瞬間最大風速でペーパーを頂戴した上でやはりひと通り巡回したのちに退場、SDF1008へ戻ることにしたものの・・・

いまだに立ち回りのミスを引きずっているせいか、あれこれ予定外のサークルさんの本を購入。いや、これはこれで間違った行動ではないけれど、でも、どうにも気持ちが晴れないなあ・・・
とりあえず喫煙スペースで心を落ち着けて、もう12時になったことだし、さすがにそろそろ十月のロザリオへ行くとしよう。

十月のロザリオ・・・ああ。なんか空気が澄んでいる気がするよ。 ヽ(´ー`)ノ

カタログはとうに購入していながらまるでチェックしていない外道ですが、謹んで参加させていただきます・・・と独りごちつつ、まったりと会場を巡回。
知ってたり知らなかったりするサークルさんの本をあれこれ買って気を鎮めたところで、さあ、あらためてSDF1008へ!

そして、いつの間にやら製本が終わり頒布がはじまっていたらしいvolunteersの新刊コピー誌とサンクリの既刊をまず買ったのはいいとして、ここからはふだんはまずそんなことはしない、流されるままの時限販売地獄へと身を委ねることになったのでした。

まず、12時30分頃にはじまったなぐもカレー部。これは難なく確保したものの、12時45分頃のWASABIは玉砕。
今日はどうにも・・・ orz あるいは、人の幸せが憎(rとさらに荒みつつ、Bright Season23で13時頒布開始のGP-KIDSだけは、さすがに待機した上でゲットしてやる!と、付近で張り込み。

アイプロのUSKTプロダクションの時限販売に、時間と列形成の場所が重なったんでは、付近のサークルさんは迷惑だ・・・などと疥癬が思ったところで詮ない話、新刊コピー誌をつつがなく確保してキトキスの方へ行ってみると、おや、また不穏な空気が。

13時10分、いつの間にか到着していたSONIC WINTERの時限販売開始。これも問題なくゲットして、スペースを離れたそのそばにはまた行列が。
この島であと時限があるとしたらシモボードだな・・・とは思ったけれど、どのスペース、サークルさんからの列かを確認することなく並ぶことに。

人としての心を見失っています。

さらに、13時40分にはじまったシモボードの新刊コピー誌を買ったあとで、ちゅうに、いつの間にペーパーを配布した・・・ orzと、いまだにスパイラルの渦中であることにクラクラしたり。
十月のロザリオへ行こう・・・

さーくるちけっとで、また気を鎮めてみたわけですが、SDF1008に戻って会場内を巡回してみると、なんでこんなところにいるのさ・・・と、NEKOHIGEが禁則事項のスペースで新刊コピー誌を頒布したことに気付かされる始末で、もう吊ろうかと。 ・゚・(ノД`)・゚・

とはいえ、そうした気分を引きずりつつあてどなく会場をうろうろしていたおかげで、ノーチェックだったサークルさんのよさげな本をさらにあれこれゲットしたりして、まあそう悲観するほどでもない結果ではあったのですけどね。

不要になった「サークル入場証」の配布では前川たんに手渡ししてもらえたし、14時25分頃にはじまった色紙の展示ではいっとくたんが「見るだけです。触っちゃダメです」と、どこのなんの台詞ですかwという芸をしていたことだし、面白いイベントではありましたよ。

色紙オークションただ、不完全燃焼であることは事実だし、色紙オークションに挑もうか!と一旦退場して松屋で遅い昼食をとったあとでPiOへと引き返し、ようやっと展示されたちゅうにやしるまりるの色紙をしばし眺めるも・・・

今日の流れではまたぞろなんか・・・という気がするし、作法や相場がよくわからないこともあって、15時35分に撤収することにいたしました。

いろいろと黄昏れながら、「おーい、赤とんぼやーい。どこに行くんだーい?」などと喫煙スペースでひと休みしていたときに、オタク友だちのUくんから素敵空間3には参加するというメールが届いたのですが、なにはともあれ来週のPiOでは、今日の反省を活かしたく存じます。

たとえまたあの修羅場が展開しようとも!

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

SDF1008

コメント

おはようございます、イベント参加お疲れ様です。京急の踏み切りは目の前ですからね、
あそこで閉められるとイライラしますよ・・・。所で狭くなかったですか?何となく詰め込みすぎな
雰囲気がしますが、サンクリの代表が確か話していた所によると、pioは安い部類の会場なのですって
でも8つは詰め込みすぎ!通路とか狭そう!今回のレポを読まさせてもらって大変だったのがヒシヒシと
伝わります。

投稿者: JW1 (Oct 9, 2006 5:02:00 AM)

> JW1さま

詰め込みすぎもさることながら、あとりえ雅さんやGUNPさんをはじめとするアイプロの配置がやはり問題だったような感じですね。

おかげでその一帯の通路が混雑すること甚だしく、会場両端の禁則とキトキスが主戦場だったためにひと苦労でした。

投稿者: lein (Oct 9, 2006 11:55:44 AM)

コメントを書く