12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Oct 29, 2006

アキバ・オブ・ザ・デッド on 061028

Fate/stay night (2)今日はまず池袋、「Fate/stay night」2巻【AA】と「14 ジューシー」1巻【AA】、そしていったんスルーしたけれど再入荷されたことだしと、うつらうららか「あさくら☆わはー」をとらのあなにてお買い上げ。

荷物になるだけなんだからあとで買えや>俺とか思いつつ渋谷へと移動。
このレイティングはエ■さゆえかグロさゆえか・・・と、R-18ホラー「ホステル」を鑑賞などしたりしたあとの、15時10分からの徘徊となりました。

まずはメロンブックスで、イベントカタログを4冊購入。・・・いきなりバッグが重くなったのは気のせいでしょうか?

まあ、書店委託同人誌の新入荷に特に目を惹くものはなく、先週のオンリー新刊がそこそこ卸されてはいたものの、やはりどうにも目立っていたのは「にょろーん☆ちゅるやさん」「あさくら☆わはー」の大量再入荷くらい、こちらであれこれ買うことがなかったのは幸いとは言えましょう。

中古同人誌についても目新しいものはなく、某ショップでイベント当日に陳列されていたARESTICA巨乳っ娘5新刊コピー誌、4,200円ナリが姿を消していたことに( ´_ゝ`)フーンと思ったくらい。
ただ、某ショップの「収穫祭」は、またかというかなんというか・・・

開店直後にまたぞろ濃ゆい何かがあったかどうかは知りませんが、その「収穫祭」、私が店内をチェックした時点でも、うはwwwな風情が。

まず、「コピー誌一挙放出」について、今回はダンボールではなしにコンテナに詰められていたことには、とりあえず営業努力は認めましょう(´ー`)y-~~ みたいな。
軽くチェックするもアレがアレだったりして、さすがにちょっと・・・と食指の動くものはありませんでしたけれど。

で、レジ右手のショーケースを眺めるに、将司さんの描いたあさぎ&よつばの色紙はまだ捌けないわけすかwとか思いつつ、初めて拝んだしゃあさんの色紙にはちょっとぐらっと来てみたり。
まあ、ともに同人誌が60冊ほど買えるお値段もさることながら、これを買うのは(ry

また、ぴめこさんが描いた初音のイラスト、日付が2002年3月17日ということはサンクリ15?なスケブが売られていたことにはさらに「あーあ」と。
ちなみにこちらは同人誌が16冊ほど(ry

そうした按配であれば、今日のあとのお買いものはほぼ商業。
ただ、もちろん大野さんのぷるぷるフィギュアのために買ったアフタヌーンについては、その重さを考えるにこの街で買う必要があるのか?と。まあいちおう、秋葉原エンタまつりだからね・・・なわけですが。

ということで、UDX 2Fの抽選会場へ・・・って、ねえこれどこの大手列?
抽選器を回すまでに並んだ時間は35分という始末でもちろんなにかが当たるわけもなく、参加賞はケータイ用ステレオイヤホンマイクはまあともかく、デ・○・キャラットのシールコレクションについては嫌がらせですか?と思ったりw

最後にK-BOOKSに行って、これまた重い「真説 ザ・ワールド・イズ・マイン」5巻【AA】と、なぜか他のショップでは見かけなかったティアズマガジンを買ったのは17時40分頃のこと、今日はこれで撤収するとしよう。

かくして本日お買い上げしたものは以下の通り、計ってみたら約4キロでしたとさ。 orz

商業 7冊+雑誌1冊(5,828円)
 TYPE-MOON・西脇だっと 「Fate/stay night」2巻(とらのあな特製小冊子つき)
 朝田光・亜桜まる 「14 ジューシー」(メッセージペーパーつき)
 丸川トモヒロ 「成絵の世界」9巻
 遠藤浩輝 「EDEN」15巻
 有馬啓太郎 「月詠」12巻
 えすのサカエ 「未来日記」2巻
 新井英樹 「真説 ザ・ワールド・イズ・マイン」5巻
 月刊アフタヌーン12月号

同人誌 1冊(578円)
 うつらうららか 「あさくら☆わはー」

イベントカタログ 5冊(4,288円)
 Brand New Leaf 18
 コスチュームカフェ17号店
 紺色の天使達4&紺色の天使達 B-Limited2
 めがっさにょろ
 COMITIA78

Oct 28, 2006

ホステル

ホステル コレクターズ・エディション 無修正版凄惨な「何か」が繰り広げられたであろう部屋の映像と口笛、というオープニングはともかく、バックパッカーたちの乱痴気騒ぎを延々と描く序盤と、そのあとにようやく疾走する狂気。

あるいは、観客にはジョッシュが主人公であるように思わせておいて実は・・・という意外性や、だからこそヒーローへと転化するパクストンの逃走、そして逆襲。

いや、とにかくあざといんですよ、この作品。

「俺ってウマイだろ?」とでも言いたげなロスの演出や、タランティーノ臭がどうにも鼻について、拷問映画と謳われた新機軸のホラー、ファンタスティックを観客がみな純粋に楽しめたのかがどうにも微妙、で。

その拷問や殺人のシーンにしても、もっと執拗に残酷に描写されていればこそで、三池崇史の「痛いって美しい!」というコメントに期待したような圧倒的な暴力などは伺うことができません。

ゴアはまあともかくとしても、一人、また一人と「チェックアウト」してしまうこと、姿を消していくことの緊張感があまりにも希薄なのがまたどうにも・・・
序盤であえて恐怖感を煽る描写を排除したのであれば、いざそのあとがそんな按配では話にならないでしょう。

とはいえ、クライマックスはさすがに楽しめはしたものの、見え見えの伏線にやらなにやらがそうした不満とあいまって、素直に誉めることができない始末、というのはさすがに言い過ぎなのでしょうけれど・・・

演出の技量に関しては確かに向上してはいるものの、観客をどのようにして楽しませようかという思慮を欠き、マスターベーションや驕りが払拭されていることもなく。
ともあれ作り手としてのマインドは「キャビン・フィーバー」からあまり進歩はしていないように思えます。

シアターN渋谷


(文中、ネタバレは背景色にしています)

ホステル  HOSTEL
2005年 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
製作総指揮 クエンティン・タランティーノ ボアズ・イェーキン スコット・スピーゲル
監督 イーライ・ロス
出演 ジェイ・ヘルナンデス デレク・リチャードソン エイゾール・グジョンソン

【関連記事】
キャビン・フィーバー

Oct 27, 2006

同人イベント特攻カレンダー

さすがにこの週末は天皇賞をまったりとテレビ観戦したり、部屋に溢れる同人誌の整理をしたりする予定ではありますが、ふと暦を見やると冬コミまであともう2ヶ月。

11月のイベント参加予定をまとめておいて、冬の祭典、あるいは大晦日の狂乱に備えたく思います。

 11/3(金・祝) Brand New Leaf 18 都立産業貿易センター(浜松町館)
伺かEXPO@東京 ハイライフプラザいたばし
 11/4(土) まきますか?まきませんか?4 都立産業貿易センター(浜松町館)
 11/5(日) コスチュームカフェ17号店 都立産業貿易センター(浜松町館)
紺色の天使達4
紺色の天使達 B-Limited2
めがっさにょろ
 11/12(日) COMITIA78 東京ビッグサイト
 11/19(日) こ~みっく 東京流通センター
 11/23(木・祝) かばんの中から ハイライフプラザいたばし
THE iDOLC@RNIVAL 都立産業貿易センター(浜松町館)

かつて「ガチ」とまで言い切ったスキフェスをはじめとする蒲田はスルーして、11/3(金・祝)はBNLをきっちりとこなすことにしようかな、と。
なお、血で血を洗うようなイベントになりかねない浅草だけは、謹んで辞退させていただきます。

紺色の天使達で、三連休いちばんのヤマ、やる気がかなり漲っているのは11/5(日)。
初動は紺天の予定ではありますが、この日の浜松町は個人戦では苦しいものがあるので、友人が出動してくれることを祈っていたり。

ティアの翌週は浅草に行くのがスジだとは思うのですが、まあまたこ~みっくでまったりと「同人誌即売会」に参加することにしましょうかね。
ただ、このイベントの難点はまったりしすぎることなわけですがw

11/23(木・祝)は募集が10スペースって・・・?( ゚д゚) と、かばんの中からをヲチするのがよさげ。(えー
ていうか、ハイライフプラザいたばしの1階会議室ってどんなでしたっけ?

Oct 24, 2006

好き好き!さっちんほかの戦果一覧

10/22の戦果全イベント合計の戦果は、オフセ:7冊、折本:2冊、コピー誌:12冊、CD-ROM:1枚、ペーパー:2枚でした。

ところで、あっとまーく・いんくりめんとさまも書かれていますが、白織あまねさんの本はなかなかの逸品。
それだけに、サイトで新刊の表紙を見たときに「・・・小箱とたん?」とか思ったのは内緒です。

好き好き!さっちん オフセ:4冊 折本:2冊 コピー誌:4冊 CD-ROM:1枚
 白花雨&ぐりーんぺっぱー 「好き好き!NOVAさっちん」(コピー)
 白織あまね 「Flight in the Night 7 Light」(折本)・「Flight in the Night 6」(オフセ)
 猫が九匹! 「路地裏3LDK」(折本)
 ハルトモ 「さっちんオンリー記念本」(コピー)
 trianglesquare 「俺さっちん」(コピー)
 壱式所+@saba-Kan 「ようこそ路地裏へ!」(オフセ)
 ひなたぼっこ倶楽部 「さつきPLUS」(オフセ)・「さつき EARLY DAYS」(CD-ROM)
 組換DNA&すぱいしーぽてと 「さっちんのぱんつはしましま!」(コピー)
 組換DNA&ののの通信 「Ru-ko Hiyori」(オフセ)

PERFECT COMMUNiC@TION オフセ:1冊 コピー誌:2冊 ペーパー:2枚
 くるめにゃん吉 ペーパー
 のえる 「Twin☆Strawberry」(オフセ)・ラミカつきペーパー
 M.L.P.YGGDRASIL 「1.5.1.1::another scene hiddentr@ck.idolplanet!」(コピー)
 M.L.P.YGGDRASIL 「1.5::2nd label hiddentr@ck.idolplanet!」(コピー)

ぷにケット14 オフセ1冊 コピー誌:2冊
 ヒロカワールド 「こじかぼん2」(コピー)
 藤ノ宮ミレニアム 「レベッカ宮本と秘密の部屋 追加補訂版」(オフセ)
 オロリヤ鉛筆堂 「オモニ バターカップノホン(ヒョウシハ ブロッサムナノニ)」(コピー)

巨乳っ娘5 オフセ1冊 コピー誌:4冊
 チタンカラーブランド 「きょにゅうっこ-コピ本-」(コピー)
 新日本ペプシ党 「オレが好きなキャラのおっぱい」(コピー)
 Queen's Lunch 「おさげのご」(コピー)
 RADIO STAR 「素敵な地球船宇宙号。その3」(コピー)
 怨床 「たわわ。」(オフセ)

とらのあな秋葉原1号店
 こもれびのーと+ケイガロウ+Cradle 「KUUKAN * GENDAI No Knee-socks ,No Life!」

Oct 22, 2006

好き好き!さっちん&PERFECT COMMUNiC@TION、あと蒲田。

好き好き!さっちんこの会場のイベントに参加するのは実は初めて。
俺ってかなりの方向音痴だし・・・と早めに家を出ることにしたものの、迷いようなどない一本道をJR川崎駅から歩きつつ、京急川崎駅がどこなのかを確認しながら、川崎市産業振興会館には9時10分頃に着いてしまいました。

はたして好き好き!さっちんの先客はわずか9人。
暖かな陽射しの中で1時間近くそれはもうまったりしたおかげで、入場待機列が整理された10時頃、その10分後にカタログが販売された頃には戦闘意欲が薄れてしまったり。

とかほざいている場合ではありません。さあ、立ち回りの検討を!と己に喝を入れつつカタログをチェックしたらですね。
・・・この島端に配置されているD・V・Dとかいうサークルはなんなんだ、と。

サイトのリストには載っていなかった上に、いかにも臭うサークルカット。もしやまたサプライズが仕掛けられているのでは・・・・

アドリブのきかねーヤツは勝てねえ!と、初動で突撃してやれと急遽予定を変更したりしているうちに列移動がはじまって、会場入口で拍手があがり・・・ さあ、開場!

まずはその謎のサークルのスペースへと向かうことにするも・・・机には「欠席」の貼り紙。
人騒がせなことするんじゃねえっ!
と、初動としての本筋であるあかねのねへ・・・って、来てないし!

そうしたこともあって、初動一番人気となったのは白織あまね。まずは白花雨&ぐりーんぺっぱーの新刊コピー誌を買ったあとで、自分もその新刊・既刊をまとめてゲット。

引き続いては、猫が九匹!trianglesquare壱式所+@saba-Kanを捌いたあとで、ひなたぼっこ倶楽部の購入列へ。
新刊とCD-ROMを買うべく並んでいるその間に、反対側の組換ぽてとのコピー誌の頒布がはじまったのをみて、買い終えるやそのスペースへと回ってつつがなく確保。
そして、そのあとはもういちどじっくりと会場内を巡回したわけですが。

参加サークルは少ないけれど、スペースの本の表紙がさっちんだらけなのって・・・ 素敵♡
月厨の友人が参加していたら漏らしそうだよな・・・とか思いつつ、ミッションはいちおう終了したことだし、さあ、蒲田へ移動するぜ!

ということで11時13分に退場、京急川崎駅から11時18分の各停で蒲田へゴー。てってれー!

ぷにケット14そして、京急蒲田駅を出てPiOへと向かうや、こちらへ駆けてくるお兄さんの手にはとらのあなの手提げ袋。
「これから浜松町ですか?それとも川崎?」と、心の中でエールを送ったり送らなかったりしながら、入口でカタログを買ってぷにケット14の会場に突入したのは11時30分になるかならないかの頃。

搬入数次第だけど、UROBOROSに間に合うかも!とスペースに直行したところ・・・ 来てないし!
じゃあ!と次はでぃれ~だー。・・・30分もたずに完売ですかそうですか。ていうか頒布物の告知、「5限」に線を引いて「1限」にしているのってちょっと・・・ orz

まあ、こちらには買えたらラッキーというつもりで移動してきたのだからいいのですけどね。
まして、さっちんオンリーから移動してきた身にとって、この会場の雰囲気とスメルは違和感を感じたこともあれば、ヒロカワールド藤ノ宮ミレニアムの新刊を買ったあとの11時36分、早々に退場することに。

さて、次は巨乳っ娘5に突撃・・・ ううん。今日は川崎が主戦場と心に決めているの。
それが俺のジャスティス!

で、京急蒲田駅へ向かうや、今度は先週の某イベントの主催さんとすれ違ったりしつつ11時41分の特快に飛び乗って、川崎市産業振興会館へと戻ったのは11時50分頃。

しかし、これほどまでに速い移動が可能とは・・・ 西村京太郎? などとわけのわからないことを考えつつ、まずはいったん4階へ。
この時点での、好き好き!さっちん会場内の一般参加者を数えてみるや12~13人で、まったりにもほどが、といったところ。
そして、あかねのねやD・V・Dがやはり来ていないことを確認しつつ会場内を一周して即座に退場、12時開場のPERFECT COMMUNiC@TIONへ突撃するです!

PERFECT COMMUNiC@TION開場7分前に入場待機列の最後尾について、ほどなく会場へと誘導されたあと、入口から伸びている列の一般参加者にカタログを持っているかどうかの確認をしていたのはいっとくたん。
ハリセンを手に練り歩いているのがいいですねwとウケたりしているうちに、こちらも開場時間となりました。

そして、初動はGP-KIDS。はい、もちろん来てません!

さて、どうしたものかと、そのすぐそばのM.L.P.イグドラシルのコピー誌を拝見するやよさげ。買おうと思うも、まだ頒布はしていないとのことなので移動。
まず、くるめにゃん吉のペーパーを頂戴して、アイマスジャンルのサークルはよく分からないけれど、ここはキホンと言われているんだよなあ・・・と、のえるの購入列に並ぶことにして、既刊にペーパーとラミカのセットをゲット。

しかし、ステージ前のスペースを広くとっているせいで、サークルスペースは会場の半分ってのはどんなものなんでしょうね?
会場内の混雑はどうにもならないほどではないけれど、奥側の通路が通りにくいことこの上ないしなあ。

などとぶつぶつ思いつつ、みたび4階へ行って状況に変化のないことを確認。壁際で待機している人がいるから、まだなにかあるのかもとは思うけれど、今日はこちらはここまでにしよう。さっちん、またね!

そして1階へと戻り、12時半にはじまったM.L.P.イグドラシルのコピー誌を買い終えた12時35分に、川崎から撤収することにしたわけですが。

さて、入荷されていることをあっとまーく・いんくりめんとさまに教えていただいた、こもれびのーとs素敵空間3新刊を買うべくアキバへ移動するとするか・・・

そう、いつもの私ならイベントでジタバタするのはもう勘弁・・・となるところなのですが、今日は自らに試練を課すことにしたのでございます。

京急川崎駅から12時45分の特快に乗って、さあ、いまふたたび蒲田へゴー!

そして、12時52分にぷにけに再入場。ぜえぜえぜえ。
で、UROBOROSのスペースには荷物があったりして、うーん、やっぱなにかやったのかなあ・・・と思ったりしつつ、そこらで勃発している時限販売も、その最後尾札でどこのサークルかを逐一確認したものの、食指はどうももうひとつ。

島中を巡回してよさげな本を1冊だけ買ったものの、まあこちらはこんなところだよな・・・と淡白に退場、さて、次の試練は巨乳っ娘へと突撃することですよ!

巨乳っ娘5ということで13時05分にして小展示ホールへと移動。入口でカタログを買って、「マックスください!」とか言いかねないほどの気合とともに入場。

するといきなり目の前で時限販売がはじまっていたので並ぶことにするも、遠くからスペースを伺うに好みの絵ではないので軽やかに列を抜けることにして会場奥へ。

今日はなんかこう、ちょっとだけ物足りない気分、みたいな?と感じていたのは、時限販売にあまり挑んでいないからだね・・・
と、この時間の入場であれば、いちおう目当てではあったサークルさんは完売だったり欠席だったりしていることだし、今日も人としての心を(ryな行動に出てみることにしましたよ!

まずは会場奥、新日本ペプシ党の既刊・新刊の時限販売の購入列がなかなかの人数。
ここの本って買ったことないしと並んでいたら、その列を抜けて入口近くのサークルさんへと駆け出す人が何人もいてなんだあれは、と。

じゃあ、自分もそれに倣うことにするか・・・と、ことさらに外道な行動に出たところ、その時限販売はチタンカラーブランド。つつがなくゲットしたあとであらためて新日本ペプシ党に並び、まだ残っていた新刊のみを購入。

そしてここでようやく落ち着いて会場内を巡回したものの、もぬけのからの机がやはり多く、あとはコピー誌を製本しているところをたまたま通りかかったQueen's Lunchが、あ、好みの絵♡と思ったくらい。

購入列を会場外に隔離した、その時限販売をこなしたあとで、琴線に触れた本をもう2冊ほど購入した13時40分、さすがに今日はこれでせいいっぱい・・・と、ようやく完全に撤収することを決意。
ここまでやったなら、さすがにヘタレとは言われないだろう・・・(誰に?)と独りごちながら、アキバへと向かうことにいたしました。

超大手が降臨した浜松町では血飛沫のあがるような即売会が展開されたようですが、いや、そういう修羅場は嫌いではないのですが、いつもとは違う立ち回りにトライしてみようというのが今日のテーマ。
冬コミ前に参加するイベントはもうそう多くはないし、そうして自らを鼓舞した上で11月のイベントに臨もうと思う次第でございます。かしこ。

Oct 21, 2006

アキバ・オブ・ザ・デッド on 061021

12時半を回った頃に電気街口からとらのあなへと向かうや、いきなりハルヒの紙袋を提げたお兄さんを目にして、なんだあれは、と。
そして、中央通りを歩く人の数の多さに「いったい何ごと?」と思うも、あー、今日から秋葉原エンタまつりだったんですね。

去年はポストカードをもらったりシールラリーに参加したりしたけれど、今回はまあどうでも・・・
まして「涼宮ハルヒの袋詰」などはなにをかいわんや、抽選券をもらえないような本を今日もあれこれ買うとしましょうか。

とらのあな1号店の平台で目を惹いた新着は床子屋むうんるうらあくらい、棚をつぶさにチェックして買ったのもゆうやけのーとサンクリ33新刊のみ。
このところのオンリー新刊で食指の動くものもいまひとつ、今日は書店委託同人誌をあれこれ買うことはなさそう・・・と思いつつ、ホワイトキャンバス2号店へ。

すると、LALASTUDIOみみけっと15新刊が卸されていたりして、さすがにこれは捕獲するしかありますまい、と。
1,260~1,570円で陳列している中古同人誌ショップ諸兄は注意されたし、ていうか、ホワキャンはやっぱ迂闊に巡回を怠るといけないなあと再認識させられたりしましたよ。

そして、メロンブックスでは珍譜堂のサンクリ新刊キタコレ!と、Cyprusのみみけ新刊ともども、珍しく空いていたレジへ。
今日もいい買いものができたなあとは思うものの、中古同人誌ショップでまたぞろ散財することになったのですけどね・・・

で、中古同人誌は何をお買い上げしたかと言えば、QP:FLAPPERs素敵空間3新刊と、しにゃ☆プ~絵本のみみけ新刊、しめて3,150円ナリ。
いろいろな人に「負け犬pgr」と蔑まれそうだけど・・・ ふーんだっ!

ところで、国産牛ホルモンのコピー誌が3,150円なのはまあともかくとしても、書店委託される気配ぎゅんぎゅんなこもれびのーとsのオフセが2,100円だったりしたのは、やはり素敵すぎですよね。

同人誌以外、商業では「090 えこといっしょ。」3巻【AA】を買ったくらい。
なお、小梅けいとさんの「花粉少女注意報」【AA】は「印刷所にトラックが突っ込まないかぎり今月下旬に発売」という告知をとらのあなで目にしましたw (10/30頃らしいですね)

などとやりつつ、このところの仕事の疲れのせいか、徘徊しているさなかになんか吐き気がしたこともあって14時50分に撤収。オアシス@akibaをチェックするのを忘れたのは痛恨かもだけど、明日はイベント、とっとと家に帰ってまったりするとしよう。

好き好き!さっちんということで、オタクのみなさまが明日の数あるイベントからどれを選択するかは興味深いところではありますが、私は予定通り好き好き!さっちんへとまずは出撃させていただきます。

今日、どのショップにも見当たらなかったことからして、カタログは当日販売だけなのか・・・とは思いますが、サークルチェックはもう済ませてあることですし、コミケ神に負けないようにがんばりますよ!

あー、無理。

Oct 15, 2006

デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2

デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2ファイアフライ一家がスクリーンの中で笑い、踊り、殺戮のかぎりを尽くした極彩色のショータイムから3年。
その「マーダー・ライド・ショー」のようなゴアを期待すると裏切られることになるわけですが、それはロブ・ゾンビが「続編は嫌いだ」と言うとおりに、まったく異質な作品になっているから。

16ミリフィルムで撮影された映像の質感、それにあまりにもマッチしたサウンド。
観客に供されるのはステレオタイプなホラー映画ではなしに、70年代のクライム・ムービー、ロード・ムービーであり、しかしながら、「マーダー・ライド・ショー」の続編ではあることの意味を考えると・・・ ロブ・ゾンビ、凄すぎ!と言うしかありません。

逃げるファイアフライ一家と、それを追うワイデル保安官。
繰り広げられる殺人のサディスティックとファンタジー、そして「役柄の解釈」。

なにが悪でなにが正義なのか、物語が進むにつれて観客は困惑することになって、そして、あの痺れるラスト・シーン。
もう、どうしようもないですね。どうしようもないほどにクールです。

また、ベイビーの半ケツも健在。ていうか、さらにサービスしていたりするわけですが、それはともかく、ケン・フォリー(「ゾンビ」)が出演していることにも大満足。

「誰かの機嫌をとるための映画」に唾を吐きかねないゾンビであるからこそ、それはもう上機嫌で映画館をあとにする観客はさぞや多いことでしょう。

最後にもういちど。これはホラー映画ではありませんよ!


デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2  THE DEVIL'S REJECTS
2005年 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
製作 マイク・エリオット アンディ・グールド マルコ・メーリッツ マイケル・オホーヴェン ロブ・ゾンビ
監督 ロブ・ゾンビ
出演 シド・ヘイグ シェリ・ムーン・ゾンビ ビル・モーズリイ ウィリアム・フォーサイス ケン・フォリー

【関連記事】
マーダー・ライド・ショー

Oct 14, 2006

アキバ・オブ・ザ・デッド on 061014

素敵空間、ずっと参加してたのに・・・・゚・(ノД`)・゚・急な仕事で明日はPiOに行けなくなっちゃったよ、うわあん!ヽ(`Д´)ノ
ということで、いや、今日も仕事だったのですが、早めに切り上げてアキバへ。

「あたしなんか、もうどうなってもいいのよ!」と、捨て鉢になってあれこれ買い漁ることを厭わないつもりながら、こういうときに限ってオタク系ショップのポイントカードをすべて家に忘れてきてしまったのがどうも・・・ orz

だからというわけではなく、今日いちばんお金を使ったのはホラー映画のDVD。
石丸電気SOFT1の新譜コーナーで、まずは再入荷された「マニアック」【AA】と「変態村」【AA】。
さらに、廉価版コーナーでは「蝋人形の館」【AA】に、デキが ピ ー なのは分かっているけど、「ホステル」にちなんで「キャビン・フィーバー」【AA】。
しめて11,589円、定価(+ポイント10%)での購入。これこそ大人買いというものだよな! (違う)

書店委託同人誌、恋愛漫画家サンクリ新刊、SDF1008新刊などをはじめとして、恥骨マニア十月のロザリオ新刊ほか、順調な入荷状況。
などとイベントでゲットしているものばかりが目につく中で、北高祭で買い損なったりべるて「シャミセンの暴走」がとらのあなに卸されていたことには、わーいヽ(´ー`)ノ と。

あとは、サイトでプッシュされているのもさることながら、そもそも中古で買おうかどうしようかずっと躊躇っていたサークルOUTER WORLD「もも姦」(おお振り)をお買い上げ。
篠岡本の続編マダー?チンチンなどと思いつつ、この2冊で今日はもうじゅうぶんだよ、と。

中古同人誌についてはマンガ王国Q-X5周年記念祭新刊を数種陳列、このところの「強さ」を顕示していましたが、電脳電波発令所のサンクリコピー誌など、今日はDカルトも「らしら」を見せてくれていたような気がいたしました。
それにしてもとらのあな1号店6階は、捌けているのかもしれませんが、相変わらずスカスカなのがなんていうか、3号店カムバーック!というか・・・

あとはメロンブックスでとある商業のコミックスをお買い上げ。・・・はい、どうせエ■本ですよ!
あえて伏せるのは、ホラー映画と ピ ー なマンガではあまりにも猟奇犯罪な方々の嗜好に過ぎるし・・・と。@niftyでこんなブログをさんざん書いていながら、なにをいまさらといった話ではありますが。

などとつらつら書き散らしつつ、明日蒲田に行かれるみなさまのご武運を祈らせていただくと同時に、来週末の川崎からは、このところのヘタレぶりからの脱却を誓うことにいたします・・・ (いちおう)

Oct 9, 2006

SDF1008ほかの戦果一覧

10/8の戦果全イベント合計の戦果は、オフセ:7冊、折本:8冊、コピー誌:15冊、ペーパー:4枚でした。

SDF1008 オフセ:3冊 折本:5冊 コピー誌:14冊 ペーパー:2枚
禁則事項ですキョン君(はあと)2
 TTT 「フェティシズム本」(コピー)
 しるまりる 「HYBRID-CHILD24 SIDE-H」(折本)
 阿修羅屋 「ながもん天国」(折本)
 volunteers 「涼宮ハルヒの仲間」(コピー)・「ビッグバン 涼宮ハルヒのはじまり」(折本)
 東京友達公園 「上ヶ原パイレーツ式 みくるでもわかる!守備の上達法!」(コピー)
蒼月祭15
 しるまりる 「HYBRID-CHILD24 SIDE-F」(オフセ)
キミトノキスヲ
 恋愛漫画家 「たいせつなキミ」(オフセ)・「桜蘭高校ホスト部ヒミツ倶楽部」(オフセ)
 JO-HTB 「i.i.i.U!」(折本)
 しのびのやかた 「SISTER RAPED の続き」(コピー)
 なぐもカレー部 「らくがきのほん in 2006おーたむ キミキスっぽい」(コピー)
 SONIC WINTER 「Melty Suite 3.」(コピー)
 シモボード 「きみちゅ! 暫定版」(コピー)
 crazy alicetale 「SEXY MAID SERVICE -ROUGH SKETCH-」(コピー)
 海底神殿 「ナナタマ」(コピー)
Loけっと2
 ジャックとニコルソン 「準備号。つづく」(コピー)
 お子様ランチ ペーパー
Bright Season23
 GP-KIDS 「はんくら 性別反転クラナド プレビュー」(コピー)
雛見沢村綿流し祭5
 なぐ茶 「Reccuring Nightmare」(折本)・ペーパー
アイドルプロジェクト2
 ほげろー企画 「カモンレッツダンス☆カモンレッツダンスベイビー♡」(コピー)・「(無題)」(コピー)
RAG-FES14
 背・骨 「ダダンダンダンダイナマイッ!!」(コピー)
▽ その他
 SDF&同人アークティック 「SDF10.8 Memorial Book(SDF8イベント合同記念誌)」(オフセ)

Mighty Heart! コピー誌:1冊
 よりみち 「Berry Lascivious Berry」(コピー)

東鳩祭2-E オフセ:1冊 ペーパー:1枚
 しるまりる 「HYBRID-CHILD23R」(オフセ)
 瞬間最大風速 ペーパー

十月のロザリオ オフセ:2冊 折本:3冊 ペーパー:1枚
 恥骨マニア 「しまこ魔子」(オフセ)
 宇宙猫軍団 「あなたのいるせかい」(オフセ)
 Skirthike 「マリみちょ17プレビュー版」(折本)・ペーパー
 黒猫堂&上海蜂蜜 「Witch's kiss」(折本)
 TUGUMIX 「大きな可南子小さな瞳子」(折本)

とらのあな秋葉原1号店
 沖縄体液軍人会 「藤岡ハルヒとえっちをしよう。」・「藤岡ハルヒとえっちをしよう。02」

SDF1008

SDF1008会場を目の前にして京急の踏切に10分間足止めを喰らおうとも、この晴れ渡った空のように心は穏やか。
スペースの数からしてローリングスタートはできないと思うけど、もっと遅い時間の出陣でなんら問題はない仕掛けがあるような気がするしね。

まあ、ロケット燃料★21が欠席、ちゅうには新刊なしでは・・・( ´・ω・`) と、同人誌買い漁りフラグはクリアされてはいるけれど、だからこそ今日はまったりとイベントを楽しむことにしよう。

・・・チョットマテ。PiO正面のあの行列はなんだ。
この時間にして、まさかアレが最後尾かよっ!と思うやそれはカタログ購入列。
脅かすなよ、ベイビー・・・と、いつもの場所の入場待機列に並んだのは9時35分。先客は250~280人くらいかな?

で、マップに書き込みなどしているとカタログがすぐザラザラになるような強風、しかし麗らかな陽射しの中で立ち回りの最終確認。
スペースが複数のイベントにわたるサークルさんの頒布情報をいまいちど整理したりなんだりしているうちに、さあ、列移動がはじまりました。

そして、11時を少し回ったころにスムーズに入場。
初動は禁則事項ですキョン君(はあと)2、こちらでのみ新刊を頒布するTTT・・・なんだけど、即売会の開始は一般参加者全員が入場してから、とのアナウンスが。

次に買いに行くつもりのしるまりるのスペースの様子を伺いつつ、また、会場中央でアイドルプロジェクト2早くもヤバげな風情なのを傍観しつつ、しばし待機。
そして、11時10分にようやくかけ声と拍手があって、さあ、今日も戦闘開始ですよ!

かくしてまずはTTTの新刊コピー誌をゲットして禁則事項のしるまりるへ移動するも、再版スティポのおかげで列の進みが悪そうとみて列を抜け、蒼月祭15の方のしるまりるを先に確保することに。
で、あらためて並んでハルヒ本の新刊を購入、volunteersもちろんまだ店開きしていないことを確認した、そこまではいつも通りの立ち回りだったのですが・・・

さて、次はアイプロのBLUE DRAGON、しかし委託のみで本体はまだ頒布がはじまっていない状況。
そして、もうしばらくかかるだろうと読んで、真反対のキミトノキスヲ恋愛漫画家へ向かったことが、今日の負け組スパイラルへの第一歩だったのでございます・・・

ていうか、ただいま11時25分。ここまでなんで15分もかかってるんだ、俺。フットワーク悪すぎだろう・・・

ともあれ、Loけっと2のちゅうにのスペースを念のため確認した上で、壁際に形成された恋愛漫画家列の最後尾に。新刊もさることながら、サンクリ新刊のホスト部本がむしろ目当てだったのですが、双方つつがなく購入して、さて、どうしたものか。

まあ、経路からして壁沿いに進むことにしよう、とへっぽこ幼稚園へ。
やはり夏コミの本だけだね・・・とスペースを確認したあとはてすた厨房。しかし、配置されている通路がなんか混乱しているのを見て軽やかにスルーしてみたり。
いや、いつかのサンクリでなかなかに修羅場だったトラウマが、ね・・・

それはそれとして、雛見沢村綿流し祭5と禁則事項の一帯に戻ったのですが、そこで生来の方向音痴が炸裂。
カタログの細かすぎるマップが見づらい、ていうか館内の照明ではまるで見えなかったため、しばらくうろうろしたことが今日いちばんの敗因だったわけなんですよ、奥さん!

電脳電波発令所のペーパーは、スペースのそばで張っていなかったしまあしょうがないとしても、KEY TRASHのペーパー、そしてなによりBLUE DRAGONの新刊コピー誌を買い逃す痛恨。いつの間に売り始めたんだろう・・・ orz

動揺を抑えつつ、ほかの買うべきものを買い終えてから、Mighty Heart!へと移動。
まず、よりみちの新刊コピー誌を確保して、浜ん町ジプトへ。
一般参加者にとってはもはや幻の逸品である新刊コピー誌の見本をしばし拝見させていただいて、他のサークルさんのチェックもした上で、次は東鳩祭2-E

東鳩祭2-E入口でカタログを買って入場するや、うん、実に穏やかな空気が流れているね!
で、さらにしるまりるの新刊オフセを買い、瞬間最大風速でペーパーを頂戴した上でやはりひと通り巡回したのちに退場、SDF1008へ戻ることにしたものの・・・

いまだに立ち回りのミスを引きずっているせいか、あれこれ予定外のサークルさんの本を購入。いや、これはこれで間違った行動ではないけれど、でも、どうにも気持ちが晴れないなあ・・・
とりあえず喫煙スペースで心を落ち着けて、もう12時になったことだし、さすがにそろそろ十月のロザリオへ行くとしよう。

十月のロザリオ・・・ああ。なんか空気が澄んでいる気がするよ。 ヽ(´ー`)ノ

カタログはとうに購入していながらまるでチェックしていない外道ですが、謹んで参加させていただきます・・・と独りごちつつ、まったりと会場を巡回。
知ってたり知らなかったりするサークルさんの本をあれこれ買って気を鎮めたところで、さあ、あらためてSDF1008へ!

そして、いつの間にやら製本が終わり頒布がはじまっていたらしいvolunteersの新刊コピー誌とサンクリの既刊をまず買ったのはいいとして、ここからはふだんはまずそんなことはしない、流されるままの時限販売地獄へと身を委ねることになったのでした。

まず、12時30分頃にはじまったなぐもカレー部。これは難なく確保したものの、12時45分頃のWASABIは玉砕。
今日はどうにも・・・ orz あるいは、人の幸せが憎(rとさらに荒みつつ、Bright Season23で13時頒布開始のGP-KIDSだけは、さすがに待機した上でゲットしてやる!と、付近で張り込み。

アイプロのUSKTプロダクションの時限販売に、時間と列形成の場所が重なったんでは、付近のサークルさんは迷惑だ・・・などと疥癬が思ったところで詮ない話、新刊コピー誌をつつがなく確保してキトキスの方へ行ってみると、おや、また不穏な空気が。

13時10分、いつの間にか到着していたSONIC WINTERの時限販売開始。これも問題なくゲットして、スペースを離れたそのそばにはまた行列が。
この島であと時限があるとしたらシモボードだな・・・とは思ったけれど、どのスペース、サークルさんからの列かを確認することなく並ぶことに。

人としての心を見失っています。

さらに、13時40分にはじまったシモボードの新刊コピー誌を買ったあとで、ちゅうに、いつの間にペーパーを配布した・・・ orzと、いまだにスパイラルの渦中であることにクラクラしたり。
十月のロザリオへ行こう・・・

さーくるちけっとで、また気を鎮めてみたわけですが、SDF1008に戻って会場内を巡回してみると、なんでこんなところにいるのさ・・・と、NEKOHIGEが禁則事項のスペースで新刊コピー誌を頒布したことに気付かされる始末で、もう吊ろうかと。 ・゚・(ノД`)・゚・

とはいえ、そうした気分を引きずりつつあてどなく会場をうろうろしていたおかげで、ノーチェックだったサークルさんのよさげな本をさらにあれこれゲットしたりして、まあそう悲観するほどでもない結果ではあったのですけどね。

不要になった「サークル入場証」の配布では前川たんに手渡ししてもらえたし、14時25分頃にはじまった色紙の展示ではいっとくたんが「見るだけです。触っちゃダメです」と、どこのなんの台詞ですかwという芸をしていたことだし、面白いイベントではありましたよ。

色紙オークションただ、不完全燃焼であることは事実だし、色紙オークションに挑もうか!と一旦退場して松屋で遅い昼食をとったあとでPiOへと引き返し、ようやっと展示されたちゅうにやしるまりるの色紙をしばし眺めるも・・・

今日の流れではまたぞろなんか・・・という気がするし、作法や相場がよくわからないこともあって、15時35分に撤収することにいたしました。

いろいろと黄昏れながら、「おーい、赤とんぼやーい。どこに行くんだーい?」などと喫煙スペースでひと休みしていたときに、オタク友だちのUくんから素敵空間3には参加するというメールが届いたのですが、なにはともあれ来週のPiOでは、今日の反省を活かしたく存じます。

たとえまたあの修羅場が展開しようとも!

Oct 7, 2006

サンクリ新刊をめぐる冒険

雨はいつしかあがるもの。そして、金木犀薫る風と晴れ渡る十月の空。
ああ、かかる日のかかるひととき・・・ という時候のツカミはさておき。

サンクリ33に参加しなかったからにはと、今日はかつてないほどに同人誌買い漁りフラグ立ちまくりでアキバへと向かいましたよ、奥さん!究極の同人誌お買い上げスキル、「値段を見ない」ことすら辞さないですよ!

嘘はともかく、11時ちょうどにJR秋葉原駅のホームに降りたって、まずはK-BOOKS。「萌絵シチュ!」をゲットしないとね!

で、「緑のラベルが特価の証!」なバーゲンセールは、なるほど、夏コミ新刊がねこバス停(スティックポスターつき)であれCUT A DASH!!Blazer One(ボトルキャップフィギュアつき)であれ、お値打ち価格。
でも、サンクリ新刊については、おそらくはほかのショップの方が ピ ー

でもまあ、古い本に特に欲しいものもないことだしと、bolze.オシャバンの新刊に、今まで見た中で最安値だった日本ワルワル同盟ElectromagneticWaveの夏コミの本で2,625円のお買い上げ。おまけ本を確保して、さあ、あらためてじっくりとサンクリ新刊のチェックに向かうとしましょうか。

書店委託同人誌、とらのあな1号店の5階では、56冊・44,915円もお買い上げしている兵、いや、に畏敬の念をおぼえつつ、まずはTTTWIREFRAMEハルヒ本を購入。
4階では、平台にあまり食指の動くものがないなあと、ぶきとぼうぐのみせNEKOHIGEの新刊を手に店内をチェックしていたところ、BREAKTHRUがひっそりと、しかも見本誌のみが陳列されているのを発見。つまりは最後の1冊、確保するしか!

さらに、ホワイトキャンバス新2号店ではりべるての下敷きつきの夏コミ新刊とTACOのサンクリ新刊、メロンブックスではDragon Kitchen千歳烏山第2出張所天軸屋の新刊を購入して、今日はこんなところで勘弁してやろう、と。ていうか、勘弁してください。
その間に、中古同人誌ショップでちょっとした葛藤やらなにやらがあったのですから・・・

では、中古同人誌でなにをやらかしたか、についてなのですが。
まずですね、bolze.の新刊を630円で売っているショップがあってですね。 _| ̄|○|||

ほかのショップでは1,050円~1,575円だったり、痕(梓)のペーパーつきで2,620円だったりしたわけですが、ああ、やはり・・・と。
でも、漆黒のJ.P.S.は最安値の1,570円で買ったもん!という負け惜しみはともかく、むしろ悩ましかったのはねこごろの新刊。

コピー誌でさえなければいつもはもっと安いのに・・・と思いつつ、3つのショップで同じ値段ならやむなしと、こちらもやはり1,570円でお買い上げ。
・・・書店委託したことがないはずのサークルさんだし、今回もしないですよね?(どきどき)

ということで、週なかにとらのあな池袋店を巡回したときのものを含めて、今週お買い上げしたサンクリ新刊を中心とした同人誌は以下の通りでございます。

●書店委託 15冊・8,127円
 ロケット燃料★21 「IT IS SHIFTLESS.」 (東方) 「A'S STRIKERS」 (なのは/合同誌)
 THE FLYERS 「N2」 (ハルヒ) ※下敷きつき
 KALMIA 「ALDHクライシス」 (ハルヒ)
 MASULAO MAXIMUM 「深緑の宴」 (蟲師)
 TTT 「ユキんこLOVER」 (ハルヒ)
 WIREFRAME 「BAD SECTOR+」 (ハルヒ)
 BREAKTHRU 「乙女の港リアライズ」 (オリジナル)
 ぶきとぼうぐのみせ 「DAGGER-15」 (ゼロ使)
 NEKOHIGE 「I Who Cannot Become Obedient.」 (ゼロ使) ※スティックポスター4種つき
 りべるて 「幻想怪生物魔理沙ちゃん」 (東方/夏コミ新刊) ※下敷きつき
 TACO 「弾幕(たま)ごっち」 (東方)
13,892円分の煩悩 Dragon Kitchen 「厳戒処女」 (聖剣伝説3)
 千歳烏山第2出張所 「ナイショノキモチ♡」 (ゼロ使)
 天軸屋 「3P」 (ペルソナ3)

●中古 5冊・5,765円
 bolze. 「FF3.」 (よろず)
 オシャバン 「ふゆこみじゅんびごう」 (オリジナル) 
 日本ワルワル同盟+ElectroMagneticwave 「Only a week until the Comiket」 (よろず/夏コミ新刊)
 漆黒のJ.P.S. 「GREATEST HITS2」 (よろず)
 ねこごろ 「Lo-OK!」 (ちょこシス)

さて、マップをきっちりと作ってはいたサンクリカタログを、ここで取り出してみるわけですが。
まず、珍譜堂あずまや松風といったあたりはおそらく大丈夫だろうとは思うけれど、沖縄体液軍人会ハルヒ本ついては、今回ばかりは書店委託を激しく祈ることにしよう・・・と。
また、新規開拓予定だった無名のサークルや、新刊がコピー誌だったところはあきらめて、補完はあとはほどほどにするつもり。

コピー誌も、リリーマルレーン三弦回胴はいちおう中古ショップに陳列されていたから(各々3,150円、1,260円)、どうにかしようと思えばどうにかなるけど、QP:FLAPPERのペーパーやStylish Private Note.の新刊は無理だろうしね・・・

などと書いてあるのを読んで、いろいろとヌルいやつだ・・・ ( ゚Д゚)y-~~ と思っている方はさぞかし多いことでしょうけれど、でも、各同人誌ショップをほぼ2回ずつ、4時間も巡回してたんだからっ!

とまあそれはそれとして、ともあれ明日のSDF1008にはフラグはそのままに、気合を入れて出動させていただきます!

Oct 1, 2006

米澤代表逝去

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
二日前に逝ったうちの猫を見かけたら、凶暴なので気をつけてくださいね。

■ コミックマーケット公式
 http://www.comiket.co.jp/info-c/C71/061001.html

■ マンガ評論家の米沢嘉博さん死去 コミケ代表長く務める 【asahi.com】
 http://www.asahi.com/obituaries/update/1001/001.html

■ コミケの中心人物、米沢嘉博氏(漫画評論家)死去 【Sankei Web】
 http://www.sankei.co.jp/news/061001/bun003.htm

「魔女の宅急便」は名作だよ、うん。

さすがにこの週末ばかりは、サンシャインエ■本を漁るのは・・・とサンクリは不参加。
かといって、家に引きこもって鬱になっていてもしょうがないし、ついふらふらと須藤真澄さんの「長い長いさんぽ」を取り出して読もうものならシャレにならないので、軽く外出をすることに。

ゲームオーバー・ストラップまず、シネマサンシャイン「SAW3」の前売鑑賞券を購入。今日発売だからって必死にならなくても・・・とは思うけど、「ゲームオーバー・ストラップ」はゲットしないわけには、ね。
はたして「トリック・ドール」フィギュアは悪くないデキでしたよ。 (・∀・)

そして、11時30分頃にとらのあな池袋店へ。
徒歩二分ほかのサンクリ33新刊が早速あれこれ入荷されてはいるものの、むしろ目についたのはbolze.丸太道場THE FLYERS彦二部屋などの既刊。
ていうか、目当てだったロケット燃料★21の新刊がまだ店頭に見当たらなかったのは残念だなあ。

で、SDF1008のカタログも未入荷なのね・・・と、十月のロザリオのカタログを手にしたまではいいものの、もう1冊お買い上げしたのはドウガネブイブイ夏コミ新刊。エ■本だ・・・ orz

非国民馬券小雨がパラついてきたことだしと、あとはマツキヨに寄ったくらいで帰宅。まったりとスプリンターズSの検討をするとしよう。
ということで、サンケイスポーツの星占いの金運に「外国がらみにツキが」と書いてあったからではないけれど、◎テイクオーバーターゲット・○サイレントウィットネス・▲レザーク・△ベンバウンの4頭で勝負することに。

・・・非国民馬券はやっぱよくないよなorzと反省しつつ、今夜の凱旋門賞は正座をして観戦させていただきます。はい。

とまあ、いちおうは静かな一日を過ごしたわけですが、これからはまたいつものように、ドタバタとした戯れ言を垂れ流させていただこうと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。