12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Sep 30, 2006

散歩はたぶん終わらない

18年間、いっしょに暮らしていた猫が昨夜、死んでしまいました。

会社から家へと帰ろうとしていた夜の駅のホームで、家族からその知らせを聞いて。
このまま電車に乗って、車内で泣いてしまったら・・・と、駅を出てタクシーで帰ることにして。

しかし、冷たく、硬くなってしまった彼女を抱いてみても、なぜか涙は流れませんでした。

それはたぶん、肛門腺の破裂で動物病院へと駆け込んで、そのあとしばらく通院することになった今年はじめの冬、バスケットの中の彼女と病院への散歩をしながら、高くて青い空を見上げながら、お別れをする日はもう遠くはないことを覚悟していたから。
病院が大嫌いな猫だから、たとえ血液検査の数値が異常でも、家で最期を迎えさせてあげようと思っていたこともあるし。

でも、やがてやってくるこんどの冬は、もしかしたらだめかな・・・と思ってはいたけれど、急に逝ってしまうことはないだろう?
せめてあと一時間、俺が家に帰るまで待っていてくれてもいいじゃんか。

ただ、この二日は急に食欲がなくなっていて、立ったり座ったり、歩いたりするのが辛そうだったから、楽にはなれただろうなあ・・・

若かりし頃の彼女そんなことを思いながら彼女を抱いていた私を見て、もう一匹の猫が小さく「にゃあ」と鳴いた、その声を聞いた途端に、ようやくぼろぼろと泣き出してしまいました。


今日はもう葬儀を済ませたのですが、ほんとうのお別れをする前に彼女をずっと撫でていた、そのふわふわの毛はなんか暖かかった。

そして、私のそばには小さな骨壺があって、その前に飾った写真の中の彼女は、大きな目で私のことをいまも見つめてくれています。

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

散歩はたぶん終わらない

コメント
コメントを書く