12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Aug 27, 2006

せいしゅんティータイム・図書館島の休日 2日目

せいしゅんティータイム八月の曇り空の下に吹く仄かに冷たい風、声の限りに鳴き続ける蝉。
日曜日のビル街は人も少なくて、季節の移ろいがなおさらに感じられて・・・

んーん。

もう少しだけ、夏は続いていく。


今日の都産はオンリーラッシュ。
狙って、しかしハズしているであろうツカミはともかくとして、夏コミが終わろうとも「祭のあとの・・・」などとしみじみしている場合ではありません。
ティアは本日の相方、月厨のYくんが捌いてくれるし、心おきなく水面本やのどか本や夕映本を買い漁るですよ!

ということで、気合を漲らせて都産へと向かったわけですが、現地着は9時ちょうど。
最初に突撃するのはせいしゅんティータイム、そう早い時間でなくてもと、注意書きマンガに忠実にw
はたして先客は、ひーふーみー・・・12人ですね!

そして、入場待機列はなかなか伸びることもなく、これなら初動はリリーマルレーンでいいかもね・・・と、図書館島の休日SOS団活動日誌Hi-てないよのカタログをも眺めつつ、立ち回りを画策。
そうして時間を潰しているうちに、さて、開場の時刻が近付いてまいりました。

3階の会場入口に誘導されてから、あらためてその入場待機列の人数を数えてみたら25人くらい。
好都合ではあるけれど、ここまで少ないのもなんだかなあ・・・と思ったりしているうちに、真・夏祭と合同で主催さんの挨拶と拍手があって、さあ、開場!

で、入場した一般参加者は一人残らずリリマルへ!

・・・あのですね。
直前までCOTTON100%を初動にするかどうか考えていたのですが、いや、そちらは新刊を落としてペーパー配布のみだったわけですが、リリマル以外のサークルにまず向かうのには度胸が必要な状況ってどうよ、どうなのよ?

と言いつつ、リリマルのコピー誌をつつがなくゲットしたあとはCOTTON100%でペーパーを頂戴して、さて次は・・・って、即座に退場している君たち、それは道を外れると書いてだね!

いやいやいや。チラシを描いたCYBERIAと、あきらかに水面本のluv/labおよび黒蜜屋のコピー誌を確保したところで、11時05分には図書館島の休日へと移動した私にツッコむ資格などございません。

だって、個人戦だし、三弦回胴in my Heartのコピー誌に間に合うや否やだしさ・・・ということで、

アデアット! (何が)


で、スペースに直行するも、「只今製本中」ですか、そうですか・・・ orz

図書館島の休日 2日目いやいやいや。まずせいしゅんティータイムに突撃したとはいえ、今日はこちらも全サークルをチェックするつもりだし、もーまんたーい!

とはいえ、まずは速攻で確保しておくべきサークルを・・・と、月球観測機関犬屋敷!あびしにあ、そして5年目の放課後を買ったところでいきなり退場。
外道な疥癬なのはいつものことさ・・・いや、すぐに戻ってくるけれど、と11時12分に4階へ。

SOS団活動日誌&Hi-てないよ、列があるのはアーカイブくらい?
さすがにまあ・・・と、まずその長門本を買い、あとはこちらの目当てだった時間差攻撃の新刊をゲット、Hi-てないよのri:sが12時からの販売であることを確認して、再度図書館島の休日へ。

さあて、あらためてサークル全チェックですよ!
まあ基本的にはのどか夕映のどか夕映のどか夕映のどか夕映時々ちうという方針ではあるけれど、ともあれ会場内をつぶさに巡回。
初動一番人気のネギま!ファンブック計画は列が捌けたあとに確保、最近買わなくなった某サークルの委託コピー誌も、夕映×のどかでは買うしか!

などとしばらくジタバタしたあとは、さすがにいいかげんやることがなくなったので、ただひらすらに三弦回胴の販売を待つ回遊状態に。
イチかバチかri:sの確保に向かおうかとも思うけど、それでヘタを打つのもなあ・・・うん、ここは手堅く行くとしよう。

で、自主的な列ができてしまったのは12時頃のこと。でも、このまま購入列を形成することになるかもと思ったところで目に入ったのは、すぐそばを通った参加者が手にしているBLACK LISTの新刊コピー誌。
あれ?いつの間に到着してたの? 欲しいけど、いま列を離れるのはちょっと・・・

しかし、そこでスタッフさんに列が散らされて、これ幸い。即座にスペースに行って無事ゲット。
そのあとはまたうろうろ・・・しながら有明のYくんに電話をしてみたところ、Ko-wa's Innの「手書きバッグ」抽選頒布に挑むべく、13時過ぎまではティアにいるとのこと。とりあえず徒に待たせることなく済んでいるのは幸いだ・・・

そして、製本もようやく終わり、夥しい数の購入希望者が挙手しながら会場内を誘導されたのは12時30分頃で、飛ばされた会場奥のスペースで頒布が始まったのは12時35分。
列が反転されることもなく、無事2限のうちにゲットできたのは僥倖、ああ、これでひと通りやるべきことはやり終えたよ・・・

あとは、いったんスルーした本を「やっぱ買おう!」と捕獲したり、入場フリーになったARIA CARNIVALを覗いてみたり。
さらに、13時頃に販売が開始された図書館島の休日の開催記念紙袋&小冊子を購入。
これで、せいしゅんティータイムの開催記念コピー誌をゲットできたら・・・なんだけど、女装喫茶やらなにやらで会場はいきなりあやしい風情、ティアのYくんもそろそろ撤収している頃合いだろうしと、13時20分に都産をあとにすることにいたしました。

8/27の収穫物ということで、買い逃しは展開上やむをえなかったri:sのみ。
ゆびさきミルクティー本をあれこれ、さらにショップではエヴァ本ばかりが目につく中で、のどか本や夕映本をかなりゲットできてそれはもう大満足。

さらには、つちのこ準星群やKo-wa's Innだけでよかったのに、そのほかにリストアップしたサークルすべてを、ティアでYくんが買ってきてくれたことが申し訳なさすぎ・・・という結果となった、夏の終わり、今日のイベント。

そのお礼にと、アキバで合流した後にひと息つくべく入ったCafe with Catでは、Yくんによりネコを観察しやすい席に座っていただいたのは言うまでもありませんよ?

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

せいしゅんティータイム・図書館島の休日 2日目

コメント

お疲れ様です。

何か時限ばっかりに見えますが、気のせいでしょうかwww
有明から移動し、12:35に都産貿に着いて色々悩んだあげく、
結局どこにも入らないで秋葉原に移動した私の決断は○or×??

投稿者: Motherland (Aug 28, 2006 12:01:32 AM)

> Motherlandさま

お疲れさまでした。
ティアではいろいろおありだったようでw

時限販売は「図書館島の休日」で少なくとももう1サークル、購入列が壁を埋め尽くしたところはありましたが、まあ、あんなものかなあ、みたいな。

うつらうららかの新刊が早速メロンに入荷されていたりと、(←夏コミの本でした。吊ってきます) アキバに移動したのはおそらく○だったのでしょうけれど、メロンにせよとらにせよ、あの混雑ではどうにも・・・ではありましたね。

投稿者: lein (Aug 28, 2006 12:43:19 AM)

イベント参加お疲れ様です。コミティアは比較的空いていたようですよ、行った人のレポを
見ましたら、隣で開催のイベントに人が多かったとか?
昨日は午後6時頃に秋葉の虎に行ったら、凄い人でした・・そうか・・よく考えたらみんなイベント
帰りなんですねー、虎の4階が入れない(入れない事は無いですがキツイ!)です、
入り口でたむろしている新人オタがやたら邪魔でしたよ。

投稿者: JW1 (Aug 28, 2006 1:45:56 AM)

> JW1さま

ティアについては友人も同じ感想だったようです。乙女の方がやはり圧倒的な数でスゴス・・・とか。

私が行った16時頃のとらは、5階のレジの列は店内を一周しようかといった按配でしたが、一転4階にはレジに客がいないこともあったりして、なんだこれは、逆だろう?と思いました。
で、メロンはと言えば相変わらずなのが・・・

投稿者: lein (Aug 28, 2006 8:14:30 PM)

イベント参加お疲れさまでっす
自分はコミケ以外のイベントには顔出さなくなったので
レポート楽しく読ませていただきました
まー・・・昔は池袋のレボとか行ってたんですけどねぇ
コミケ買いと店売りの本の補完で充分賄えるようになってきたかなぁと思います
最近はどこも店売りしますからね。昔とは随分環境も変わったもんだなぁとしみじみしてしまいますw

投稿者: アバンテJr (Aug 28, 2006 11:38:13 PM)

> アバンテJrさま

私も昔はコミケとレヴォだけで、あとは好きなサークルさんが参加している場合に限り中小イベントにも、という感じだったのですけどね。

ジャンルはもちろんのこと、たとえば「ちらけっと」や「素敵空間」のようなネタっぽさとか、欲しい本がゲットできるかどうかのスリルとか、そして、新しい出会いがあるかも・・・といった「イベントならでは」が楽しくて、ふと足を踏み入れただけの世界にすっかりハマってしまいました。

投稿者: lein (Aug 29, 2006 10:17:39 PM)

コメントを書く