12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Jul 30, 2006

アキバ・オブ・ザ・デッド on 060729

ドージンワーク(2) 限定版とらのあな池袋店に行ったのは11時20分頃、「ドージンワーク」2巻【AA】発売記念のサイン会整理券はすでに配布終了、Passing Rimの「アカツキテレカ」は開店30分で完売したとのこと。

再来週はもう夏コミなのに、オタクのみなさまに安息のときはないのだなあ・・・と独りごちながら、小冊子「ドージンワークひみつブック夏外伝」つき「ドージンワーク」2巻と、メッセージペーパーつき「アニコン」1巻【AA】を買った私ですが、そんな悠長かつ他人事のように思っている場合ではありません。

今日は同人誌共同購入グループの相方2人と、夏コミの第1回事前打ち合わせ。
ビッグサイトを軽快に走り回るべく、散髪に行って髪を短めにして、さて、アキバへ向かうとしましょうか。

書店委託同人誌、メロンブックスでは同じ本ばかりを並べていたり、とらのあなのスカスカの棚には「居直るなよ」とツッコミを入れたくなる按配。
それでも新着はほどほどにあり、グループのリーダー・Uくんがまんだらけでぃれ~だーの本を買おうとするのを「こら、俺がサンクリで買ってきただろ」と止めてみたり、自分は自分でテッチテッチ黄鶏餅ハルヒ本をとらのあなでお買い上げしてみたり。

また、いちばん古い本で1999年発行の「SUPPLEMENT #2」、週なかにINKPOTの既刊数種を突然販売したとらのあな1号店の4階をチェックしていたら、WIREFRAMEの2004年発行のスクラン本を発見。
すかさず捕獲したところ、ビニールパックは、うわ、ベタベタ。リニューアルオープンのために棚卸しをしていたらやはり発見された、といったところなのでしょうね。

コミケ直前であれば、珍品が期待できる中古同人誌。しかし、DカルトのショーケースにD・N・A.Lab.の見たことのないコピー誌が陳列されていたこと以外はそう目を惹くものはなく。

ところで、中古同人誌ショップで夏コミの補完をするときのことを考えると、とらのあな3号店はよかったよなあ・・・と、その閉店が改めて惜しまれる今日この頃。
独走状態のDカルトで先日、久々にポイントカードを作ってもらった私ですが、最近また「らしさ」を見せはじめているマンガ王国に期待していたり・・・

で、夏コミについての共同購入打ち合わせをしたところ、メンバーが雁首を並べるまでもなく、東456ホールのサークル数の圧倒的な多さが改めて浮き立つ結果に。
まあ、グループ内では圧倒的にヨゴレなポジションにある私がまた、東123ホールで男性向けを攫いまくることになるかな・・・と薄々。
全員で突撃するのはデフォらしい、とらのあな秋葉原本店オープンイベントのある来週末に仔細は詰める予定ではありますが。

本日のお買い上げなどとアキバであれこれやったあとは、ふたたび池袋へ。アニメイト「月舘の殺人」下巻【AA】を買うまでは冷静だったものの・・・

夕食と一緒に飲んだビールで妙に酔ってしまったせいで、「もしつまらないと思ったら俺が買いとったる!」とUくんに「090 えこといっしょ。」【AA】1・2巻を買わせてみたり、自分は自分で「ハマっている俺がスルーした本をよりにもよって・・・」というUくんの失礼な発言は無視してローゼン本を2冊ほど買ったりして、都合7時間あまりの徘徊を終えたわけですが・・・

体力と煩悩はそろそろ温存しておけよ、俺。

Jul 22, 2006

アキバ・オブ・ザ・デッド on 060722

山手線のハチクロ列車も、秋葉原駅のホームで眺めるとまた違った趣があるよね・・・と思ったり思わなかったりしながらアキバ入りしたのは14時過ぎのこと、今日はK-BOOKSから徘徊するとしましょうか。

「サマーフェスタ第2部」って、そんなにそそられるものかなあ・・・?と思いつつ、混雑した店内を掻き分けて中古同人誌コーナーへ行き、夏コミカタログのCD-ROM版を買うことに。

レジの店員さんと「大感謝祭の対象外商品ですがよろしいですか?」「よろしいです ( ゚Д゚) 」などといった会話をしたあと、「タマゴサンドを食べちゃうぞっと」って言われてもなあ・・・wとコトブキヤ黄色い人【AA】やらなにやらのフィギュアを眺めてからラジオ会館を出ることにして、さて、次は。

このところ「こちら側」の世界ばかりにかまけているせいで、先週発売であることを失念していた「打姫オバカミーコ 実写版」【AA】を買わないと・・・と石丸電気SOFT2へ行くや、外には結構な人だかり。

SOS団ラジオ支部 公開収録夕方にはお茶の水寄りにビニールシートを広げるまでして行列ができていたそれは、明日(7/23)「SOS団ラジオ支部 公開収録」待ちの方々のようで、もうね(r
なんでもいいけど、喫煙スペースを駐輪場にするのはやめようよ・・・

それはそれとして4階へ行って、「イベント参加券つき」というプレートが貼られたパッケージを手にレジへ。
ISHiMARUそして、店員さん曰く、「イベントはもう終了していますがよろしいですか?」

「・・・俺はそっち側の人間じゃねえ!( ゚Д゚) 」

だから、そのあとドトールのカウンター席でジャーマンドッグを食べながら、萌バーガーのお姉さんたちの絶対領域をニラニラ眺めるなんてことはもちろんしていませんよ?

中古同人誌、コナシ新刊の相場は、しるまりる(スティックポスターなし)が複数のショップで1,050円、Petite*Cerisier(スティックポスターつき)が1,570円、ブドウ別館は2,100円といったところ。
で、参加していたことをイベント終了後に知ったCalvary13thのコピー誌とラミカしおりのセット(630円)を購入。今日は委託同人誌を含めて買うものはまずなかろうし、まあ、これくらいはね・・・

と思っていたら、別のショップでQP:FLAPPER(休足時間)の見たことのないコピー誌2種を発見、雫・痕本と格ゲー本で各々2,100円。さすがにこれは「買わずに後悔するよりも」だよな・・・と、まとめてレジへ。

また、某ショップのショーケースには、「ねこバス停の本.1」(31,500円)の美本もさることながら、あずまや松風LADY◆NAVIGATION の初めて目にするコピー誌があったりと、よくよく考えれば夏コミの資金作りにと放出されたレアなものが拝める季節なんだなあ、と。

書店委託同人誌では、メロンブックス専売のぐりーんぺっぱーローゼン本や禁断童話ハルヒ本、メッセサンオーあずまや松風禁則新刊などが目についたところ。
とはいえ、このところのハルヒオンリー新刊の新着がいちばん目立っていたのは、やっぱとらのあな1号店かな、と。

ただ、入店するや1階は、うわ、ぐちゃぐちゃ。
本店のオープンを 来週 再来週に控えてやむをえないところでしょうが、ともあれ2階の書籍フロアはなかなかに買いものがしやすそう。2号店がなくなってから、人大杉な1号店であまり商業を買う気にならなかった身としてはよきかなよきかな、と。

本日のお買い上げということで、わざわざ服を脱いで変身するお姫様の本【AA】や、中古ショップ(2店)がいまだに1,570円の値にしている5年目の放課後コナシ新刊(合同誌)は週なかに購入済みだったけど、今日も思わぬ買いものをしてしまったな・・・と思いつつ、16時40分に撤収することにいたしました。

・・・などと、今日もまたイタい日記を書いたあとは、さあ!カタロムも買ったことだし、本格的に夏コミのサークルチェックに勤しむことにしましょうか!

Jul 18, 2006

ディセント

THE DESCENT特報の映像を観たのはもうだいぶ前のこと。
ご多分に漏れず「CUBE」「SAW」を連想しながら、劇場公開を心待ちにしていたわけですが、その間の前評判は芳しくない上に、そこで引き合いに出されるのが「0:34 レイジ34フン」では萎えること甚だしく。

それでも、洞窟を舞台として、惨劇に襲われる主人公6人が全員女性というのは新機軸ではあることだしと劇場へ。
「サイレントヒル」はいまひとつ・・・だった身としては、さらに落胆することになるのかなあと思っていたら、なかなかどうして。

洞窟の闇の恐怖、その閉塞感は十分に描かれていると思うし、女性6人という設定は、やはり普遍的な無差別殺人ものとは違った衝突やら心理劇やらを成立させているよなあ、と。
だからこそ斜に構えた作りにする必要などないし、映像が淡白であることも、ホラー映画はその点に徒にこだわるとロクなことにならないのが相場、むしろストーリーに集中できるというもので。

そして、賛否両論あろうかとは思うけれど、ラストシーンも上々。
洞窟の闇と、ヒロインの心の闇をかけたストーリーであればこうした結末もまたもっともではあるものの、ホラー映画を見慣れた諸兄も「こう来るか」と、とりあえずは満足したのではないでしょうか。

ただ、怪物のデザインは、やはりあんまりというかなんというか・・・
また、壁画や矢印、死屍累々な洞窟の中に広がる脅威、さらに登場人物の葛藤やせめぎ合いをしっかりと描いていたのなら、かなりいいデキではあったろうとは思うけれど、なにはともあれ及第点。

ふりむいたジュノの目の前に・・・のシーンでは、「死霊のえじき」のローズ大尉を連想したりしてついニヤリとしてしまったことを含め、ゾンビ映画のテイストも伺えるゆえに、ロメロ信者としては評価が甘くなってしまうのかもしれませんが、それでも「CUBE」に及ぶべくはないまでも、「0:34 レイジ34フン」より上であることは間違いないでしょう。

そして、この監督 の次回作はゾンビものとのことですが、 はゾンビ映画を製作する予定があるとのこと、とりあえずは「28日後・・・」「ショーン・オブ・ザ・デッド」を凌ぐ出来となることを期待しておくことにいたしましょう。

(文中、ネタバレは背景色にしています)

ディセントディセント  THE DESCENT
2005年 イギリス
配給 エイベックス・エンタテインメント+トルネード・フィルム
製作 クリスチャン・コールソン
制作総指揮 ポール・スミス
監督 ニール・マーシャル
出演 シャウナ・マクドナルド ナタリー・メンドーサ アレックス・リード サスキア・マルダー ノーラ・ジェーン・ヌーン マイアンナ・バリング

Jul 17, 2006

福本伸行作品オンリーイベント「ざわけっと2」

ざわけっと2城北某所のフリー雀荘に1年あまり浮遊していた悪鬼としては、蒲田ならともかく、板橋ではねたりさえずったりされるのはな・・・ ( ゚Д゚)y-~~ と。

とはいえ、今は長い勝負をする体になっていないことだし、一呼吸で済ませよう・・・と、来ないと死刑だからをパスした上で、死線をくぐりに行くことにしましたよ!
まあ、とりあえずの目標は、黒服(スタッフ)に別室に連れて行かれないようにすることだけどw

ということで、 エスポワール ハイライフプラザいたばしに着いたのは開場50分前(14時40分)。
先客は40人くらいだったものの、開場直前には3列目を圧縮しなければならないほどに一般参加者が集まる盛況ぶり。7,000ペリカつきのカタログを手に、さあ、狂宴の舞、パーティーの扉が開きますよ!

初動はもちろん鷲巣麻雀卓!
でも、まだ黒服が仕切る風情がないし、一般参加者もさすがにまずはサークルスペースに向かっている状況ではと、自分も同人誌の物色へ行くことに。

でも、チェックしていたサークルさんはハルヒのSSだったりなんだりで。
今日はそういう気分じゃないし、イベントチラシを描いたサークルさんの本を読んでみたいカナ・・・と思っていたけど、列に並んでいるのがやはり女性ばかりではと空気を読んで、あとはもう1000点500ペリカで一局交代の鷲巣麻雀卓付近に陣取ることに。

そして、その闘牌を観戦していた16時ジャスト、最初の敗北者が黒服に別室へと連行されていくさまに、場内がワァッ・・・!と大爆笑。おいしいなあw

そのあと、ジャンケンに勝ってようやく卓につくことができたわけですが、用意された黒い軍手でとった配牌もツモも、黒牌がほどよく混ざっているのがいいカンジ。

で、7~8巡目あたりでイーシャンテン、一萬か四筒を暗刻にできればベストだけど、三面張の受けを引いてもリーチしてやれ・・・と思うも全く引けず、他家のアガリで終了。

しかしこれ、上家・下家の手牌はのぞき込まないといけないし、そうしたところでよく見えないもんだなあ。

ともあれ、はじめての鷲巣麻雀は和了どころかノーテンで終了。
まあ、それはそれとして、ペリカを掻き集めるのなら地下チンチロリンに挑まないとね!と、別室送りになった人がいて空きが出たテーブルに入れてもらい、300ペリカを班長に支払って、さあ勝負!

はじめてのチンチロリンはションベンでした・・・ orz

そのあとは、それだけには気を付けつつ勝負を続けるもじわじわと駒は減り、残り3,000ペリカくらいのところで親番に。スルーするのはチキンに過ぎるから受けるけど、別室送りピーンチ!
「いやだあー!」だの「お母さーん!」だの叫んだりしながら連行されるほどの芸はないしどうしよう・・・

でも、そこで出した目は456、よっしゃあ!

ペリカこれでしばらくは黒服の世話にならずにすみそうだ・・・と安堵するも、女性の方が豪快に賭けるわ、ピンゾロを多発させるわなのが・・・
流れを読みながら「優秀」であれ、などと考えていた俺の方がヌルいというもので。
結局、博奕の「張り」ってのはひりつかなきゃダメっ・・・!だよなあ。

かくして、何者かの寵愛を受けることもなく、班長がパンクして自然に場がお開きとなった時点での手持ちは8,900ペリカ。
はい、冒頭でさえずったのは、こういう華のない結果だからでしたとさ。

などとやりつつ、時すでに18時50分。ペリカ取得上位者が書かれているホワイトボードでも見に行くとしましょうか。で、148,500ペリカを掻き集めた第1位の御方の名前を見るや・・・

ベタにもほどがあるだろ、これ。

いや、勿論それこそが才気と感心しましたよ?
ただ、会場内における女性参加者の盛り上がりが凄かっただけに、申告の締め切り(19時)間際に本部に駆け込んでいた女性が、あと一歩で第4位(73,500ペリカ)に届かなかったらしいのは残念だよね・・・
とか思いながら、なにはともあれこの決勝戦は刮目だね!と、やがてはじまった鷲巣麻雀決勝戦のギャラリーに加わったわけですが・・・

そのさなか、別室行きが100人になったことに喝采の声が上がるのはもっともとしても、焼き土下座をしながら台車で運ばれるお兄さんや、黒服に抱えられたチャイナドレスのレイヤーさんがなおも絶賛連行中。
会場内は盛り上がってはいるけれど、決勝戦そっちのけでみんな麻雀やチンチロリンに興じているのってどうよ?w
あれっ?Eカード?と思うやインディアンポーカーをやっているテーブルもあるし、主催さんに至っては本部に座ってコンビニ弁当を食べている始末だしwww

それはそれとして、鷲巣麻雀決勝戦。
東2局東1局1本場、黒牌がからんだリャンメン待ち(3345)でいのけんさんを仕留めたその対面さんが、その後も一発ツモや、「今の場に沿っていた」のか七対子攻勢で圧勝。

この人、地下チンチロリンでも親でピンゾロを炸裂させたりして、強かったしな・・・
と、拍手で祝福をさせていただいたのちの20時20分、夏コミのカタログを買いにとらのあな池袋店に行きたいことだしと、まだ勝負に興じている人の少なくない会場をあとにすることにいたしました。

次回開催があったら、常軌を逸した闘いをすることにしよう・・・
そうしてこそ開かれるんだよな・・・ 勝ちへの道はっ・・・!

Jul 15, 2006

アキバ・オブ・ザ・デッド on 060715

夏コミカタログ(冊子版)の発売に賑わう灼熱のアキバ。とらのあなは来月オープンする本店前で路上販売、13時頃に突然降り出した雨にすかさず購入、その特典である折りたたみ傘を早速活用していた兵がいたとかいないとか。

といったベタなツカミはともかく、今日まずこなすべきはK-BOOKSの秋葉原店10周年記念イベント。
しゃあさんや蓮見江蘭さんほかの執筆陣、10周年記念本「萌絵スタ!」はゲットするしか!

で、「同人誌詰め放題\2,625円イベント!!」は人大杉だし、ショーケースでカタをつけるのもちょっと・・・ と、小一時間店内をうろうろ。
スパイシー大作戦BLACK LISTの古い本を5冊買い、どうにか2,500円のハードルをクリアしたけれど、俺って・・・と。 orz

書店委託同人誌、どのショップでも目立っていたのはやはりbolze.の佐藤山田3種。
いくらstereorange名義であるとはいえ、装丁を目にするや「いつぞやのコミティアの本が卸された?」と思うなど、どうかしているのはいつものことだからまあともかく、これ、微妙に持っているんだよなあ。

と言いながら、にわか雨というか雷雨というかをやりすごすべく、小一時間雨宿りさせていただいたことだしと、とらのあな1号店で3冊すべてお買い上げ。
bolze.の本を買うことは、この世界に足を突っ込んでいる者の務めでもあるしな・・・

090えこといっしょ。 (2)そのほかでは、やはりとらのあな「090 えこといっしょ。」2巻【AA】(イラストカードつき)を買って、今日は早めに撤収することに。「ディセント」を観に行かないとね!

ということで、末広町から渋谷へ移動。
しかし、ナウなヤングが溢れるこの街に、「携帯電話なのに女の子!!」なマンガやら、「だめ♡・・・っ だ♡め・・・えっ」な同人誌やらをバッグに忍ばせているバカヤロウはどれくらいいるのかなあ・・・

などとぶつぶつ思いつつ、シネセゾン渋谷でチケットに整理番号のナンバリングを打ってもらったのは上映開始1時間前のこと。さて、マルキューでもひやかすとしますかね!
といったワザとらしいボケはともかく、アキバからやってきたオタクが時間を潰しに行ったのは、当然まんだらけ渋谷店でしたとさ。

Jul 10, 2006

そこからは、死んでも逃げられない。

ディセント■ ていうか「マスターズ・オブ・ホラー」までおとなしくしてろ、と。

「『サイレントヒル』におぼえた憤りを胸に、『ディセント』の特別鑑賞券を買ってきましたよ!」
「・・・素直に『嫌われ松子の一生』でも観た方がいいんじゃないか?」


上連雀三平「となりの○液さん」【AA】の告知のコピー@とらのあな池袋店

 みさくらなんこつを“動”とするなら、上連雀三平は“静”。

(;´Д`)ノ 先生!意味がわかりません!

■ で、今日(7/10)買ったもの@とらのあな池袋店
■ 同人誌
 うつらうららか 「ハルヒ☆わはー」
■ 商業
 仏さんじょ 「ろりぽ∞(アンリミテッド)」1巻【AA】 (4P折本つき)

あとは夏コミの冊子版カタログを予約。まあ、その必要はないだろうけれど、これも業。
「オタクであることからは、死んでも逃げられない。」ということで。

Jul 9, 2006

サイレントヒル

サイレントヒルゲームの世界観を忠実に映像化したのだからと、この作品を賛美することを否定はしないけれど、では劇場に訪れた観客のどれほどがプレイしているというのか?
それをまず考えるべきで、だから、

 「これは現実よね。いったいどうなってるの?」

どうなってるのって、それはこの映画のことだよと思ったり、126分もの上映時間を途轍もなく長く感じてしまった人は少なくないことでしょう。

「母性」を前面に描きながら、だらだらと恐怖を煽るシーンばかりが展開したことが、個人的にはその冗長さに閉口した理由の最たるもの。
いくら原作が原作だからって、映画までジャパニーズ・ホラーに阿る必要なんかないだろう? 映像美というものも、時には邪魔になることがあるように思うし、ね。

そして、サイレントヒルの秘密が明らかにされる後半の展開はまあよしとしても、これがホラー映画であるのなら、「魔女もの」としてどうなんだ、といったあたりも苛立ちをおぼえたところ。

そこでアルジェント作品を引くまでしたらインネンではあろうけれど、少なくともローズとクリストファーがそれぞれにサイレントヒルの真実に迫る中で、その恐怖を描くことはできていないように思います。

それでも、CG臭が鼻につくことはさておいて、レッドピラミッドをはじめとするクリーチャーデザインはなかなかだし、シビルを含めて人物描写もそう悪くはなく、ラストシーンだけは天晴れと言ってもいいかもしれません。

しかし、鑑賞し終えてとにかく疲れてしまったのは、かえすがえすもその上映時間、そしてゲームの熱狂的ファンであるが故にその思い入れだけで突っ走った演出、さらにそうは練られていない脚本の稚拙さによるものか・・・
それは言い過ぎなのでしょうけれど、今夏いちばん期待していた作品であるがゆえに、ともあれ失望は拭えませんでした。
サイレントヒル


サイレントヒル  SILENT HILL
2006年 カナダ・フランス
配給 松竹
製作 サミュエル・ハディダ
監督 クリストフ・ガンズ
出演 ラダ・ミッチェル ローリー・ホールデン ショーン・ビーン デボラ・カーラ・アンガー

Jul 8, 2006

アキバ・オブ・ザ・デッド on 060708

丸の内ピカデリー「サイレントヒル」の座席指定券の確保に行くや、劇場入口にはナースなコスプレのお姉さんがいっぱい。
これって、めいど in じゃぱんだけの話じゃないのかよ・・・ おかげで劇場前には、そのスジと思しき風体のお兄さんたちがニラニラしながらたむろしている始末で、もうね(r

これからアキバであんな店やこんな店ばかりに行こうとしているヤツがどの口でそんなことを、といった話ではありますが。

とはいえ、このところ週末となるとカタギの友人と遊ぶことが多く、アキバをつぶさに巡回することができなかったり。まあ、これも社会を欺くためにはしょうがないしな・・・

それでも平日の寸暇を惜しみ、アキバやブクロでオタクとしての務めは全うしていましたよ?
UnisonBellハルヒ本を「蛍の光」が流れるとらのあな1号店で捕獲してみたり、ドラゴンエイジゲーマーズで買ったものの、ここの手提げ袋が透けることを忘れていたのは迂闊、のいぢ絵やメイドさんのイラストを一般人の目に晒すのは・・・電車に乗れないよ!ヽ(`Д´)ノ となってみたり、ね・・・

とらのあな秋葉原本店開店記念フェアところで、とらのあな秋葉原本店の開店記念フェアのチラシを眺めるに、テレカにせよ小冊子にせよ作家さんの顔ぶれがさすがに豪華。
PRIMILさんやまるいさんが描いている小冊子もさることながら、私屋カヲルさんのテレカは欲しいなあと思ったり。

でもこれたぶん、開店前行列が結構な人数になるだろうなあ。禁則事項ですキョン君(はあと)へと向かう道すがら、AKB48のチケット販売の行列をニラニラ眺めた天罰として、カタギの知人にもし目撃されたらヤバすぎだ・・・
まあ、夏コミ直前の肩慣らしにはいいかもしれませんけれど。

そして閑話休題、本日の巡回はとらのあな1号店から。書店委託同人誌、甲冑娘祭はともあれ、目を引く新着はあまりなかったものの、メッセサンオーアベルカインサンクリ新刊、そしてメロンブックスではpixel phantom東方兎月祭新刊(専売・2限)をお買い上げ。
ということで、目新しいものが少ないのは週なかにチェックしていたからで、この時期にしてはなかなかな入荷状況ではありましたよ。

中古同人誌、sanjigen禁則事項ですキョン君(はあと)新刊が1,570円~2,100円なのはともかく、偽MIDI泥の会は5つのショップともに判で押したように2,100円。協定でもあるのかしら?
また、しるまりるのコピー誌(840円)にはちょっと心が揺れたけど、「ハルヒ儲には困ったもんだ」(意訳)というメールを先週オタク友だちからもらっていることだし、ほどほどにしておこうとスルーしてみました。

で、今週購入した諸々はこちら。がんばってるな、俺。ていうか、これらの同人誌の中で非エ■がどれだけあるかというと(以下略)

■ 同人誌 ■ 商業
 UnisonBell 「アルヒノハレノヒ」  ドラゴンエイジPure Vol.2
 千歳烏山第2出張所 「ash!」  Key・桂遊生丸 「AIR」2巻【AA】
 篠原重工営業部 「HARUHIX」 (以上、ハルヒ本)  福本伸行 「賭博堕天録カイジ」7巻【AA】
 海通信 「孤独 Solitude」(ローゼン本)  口八丁ぐりぐら 「花と泳ぐ」1巻【AA】
 STUDIOふあん 「なのフェイ。」(なのは本)  
 アベルカイン 「かみさまイエス!」(かみちゅ!本)  
 pixel phantom 「うどんげのくすりB坐剤」(東方本)  

Jul 4, 2006

イベントとショップは別腹カナ・・・カナ?

さすがはアキバで開催されたイベント、アキバBlogさまが記事にしているや・・・ って、いくら笑い男で隠してもらえるとはいえ、俺、写ってないだろうな? などとガクブルしてしまったチキンな私ですが、それはそれとして。

禁則事項ですキョン君(はあと) いい 汗をかいたあと、通運会館を出るや雨。ジーン・ケリーを気取るにはちょっと疲れているし、なによりバッグには収穫物が。
さらにこれからアキバを徘徊するわけだしと、あきばお~で100円のビニール傘を買って、さあ、とらのあなへ!

いや、朝から何も食べていないのに、いきなりソレは人として間違っているだろう・・・ ということで、まずは喫茶店に行ってビールとバジリコのスパゲティを注文。
そして、一仕事終えたあとの昼酒はまた格別だね!とまったりしていたら、いやあ、なかなかに酔っぱらってしまいました。

でも、やるべきことはやりますよ? ということで、お買い上げしたものは以下。
ほんとうは「超図解メイドさん進化論」目当てに「ドラゴンエイジPure Vol.2」も買いたかったけど、この厚さと重さはやっぱ凶悪、今日ばかりはさすがに・・・ orz

■ 同人誌
 涼屋 「M@KOTO STYLE」(アイマス本)
 海通信 「夏の夜の夢」「Rosen Kreuzer」(ローゼン本)

■ 商業
 今野緒雪 「マリア様がみてる 仮面のアクトレス」【AA】

で、とらのあなの「お蔵だしプレゼントフェア」。おみくじチャンスに挑戦しよう!はいいけれど、正直欲しい作家さんはあまり・・・
お蔵だしプレゼントと言いつつ、上記のお買い上げで4階と5階のチケットが図らずも揃ってしまったので、5階のカウンターへ。

うわ、ほんとうにおみくじの器械だよ、と感心しながらガシャガシャふって引いたのはtsuinaさんの下敷き。告知のポスターにその名前って、あったっけ?
訓練されてはいないものの、いちおう葉者ではあるので嬉しかったけれど、今日のイベントが上々の戦果であったことと併せて考えるに、なんかこう徒に運を使っているような・・・

ということで、同人誌共同購入グループの相方諸兄、夏コミで粗相をやらかす伏線くさいので、覚悟しておくように。

Jul 2, 2006

禁則事項ですキョン君(はあと)・リリカルマジカル

入替制3回目のスタンプ通運会館に着いたのは9時25分、スタッフさんに入替制3回目のスタンプをカタログに押してもらって、さて、どうしたものか・・・って、デジャヴ?

それはともかく、すでに入替制1回目(10時30分)のスタンプを押してもらっている一般参加者は多いだろうに、パケットで形成された入場待機列は自分が会場に到着した時点でも、一歩間違うと末広町に届きそうな按配。
そして、会場周辺の人だかりたるや・・・ ('A`)

ローリングスタートはないにしても、早朝に会場に来るメリットがないような入場方法になるかもと、遅く来たのは失敗だったのかどうなのか。
まあ、今日は個人戦で責任やらなにやらがない上に、かなりの修羅が予想されるイベントであれば、目当てのものが買えなくてもしょうがないしね・・・と、多くを望んでなどいないスタンス。

でも。

入替制3回目に入場する参加者は11時45分に集合するようにとのことなら間に合うよな・・・と浅草への移動を決行、やることはやるぜ!


魔法少女リリカルなのは&なのはA’s オンリーイベント「リリカルマジカル」

リリカルマジカル会場内に形成された入場待機列の最後尾についたのは10時20分、この時点での一般参加者の数は450~500人といったところ。
アキバで地獄の門が開いているというのに、こっちも凄いなあ・・・

オタク友だちに、今日の行動を実況する迷惑なメールを送りつけたりしているうちに11時になり、スタッフさんの挨拶や参加者の雰囲気が、会場周辺に殺伐の2文字しか伺えない禁則事項ですキョン君(はあと)とは明らかに趣の異なる盛り上がりの中で・・・さあ、開場!

初動はstereo:type、10人ほどの購入列に並んで新刊をゲットしたあとは恋愛漫画家
その最後尾につくも、列がまったく進まないよ・・・しかしこれは購入列の折り曲げかたを変えたため、いざ動き始めたらスムーズにスペースに到着して、こちらの新刊も無事購入。

そして、・がろんtwinkle snowsがまだ来ていないことを確認したあと、サークルカットが気になる島中サークルはあるものの、11時16分に退場することに。これは外道な疥癬ですね。

でも、アキバに戻らないと!


涼宮ハルヒシリーズオンリーイベント「禁則事項ですキョン君(はあと)」

禁則事項ですキョン君(はあと)で、末広町に着いたのは11時32分。焦ってんじゃねえよ、俺。

あまり早くに会場付近をウロウロするのもなんだしと、コロボックルで一服していると、月厨のYくんから「入替制3回目じゃ何も買えねえよ m9(^Д^)プギャー 」(意訳)というメールが。やっぱ、そうかなあ。

実際、いざ始まった入場待機列の形成でなかなか肩を叩いてもらえずに、だいぶうしろの入場順になってしまったことだしね・・・まあ、なるようになってくださいな。

かくして、幾多の苦難を乗り越えて会場に突入!
初動はsanjigen(WIREFRAME+in my Heart+三弦回胴)にしようと思っていたけれど、そのスペースに向かう途中のあずまや松風に、サンクリで買えなかったコピー誌が積まれていて・・・さあ、どうする?

とりあえずsanjigenに並んで机の上をチェックすると新刊はオフセで、自分の前には7~8人。
偽MIDI泥の会のスペースを見やるとやはり大した列になっていなかったりして、みんなどこに行ったの?とか思ったのはともかく、あとまわしにしても買えそうだな・・・と。
だからあずまや松風を先にしようかと一瞬悩むも、虻蜂取らずになるのは・・・うん、動かないことにしよう。

などとやりつつ12時、スタッフさんの合図とともに各サークルさんとも頒布を開始、sanjigenの新刊をつつがなくゲットしたあとであずまや松風の最後尾へダッシュ!(5メートル)
よかった、コピー誌に間に合ったよ・・・・゚・(ノД`)・゚・

次はさすがに偽MIDI泥の会、最後尾札はあるけど並んでいるのは4~5人で、こちらもあっけなくゲット。
よりみちの新刊コピー誌は完売していたけれど、とりあえずの目的を終えたのは12時05分。なんか拍子抜け、みたいな。

キャパからしてもっと混乱しそうなものの、会場内の移動もすこぶる快適。空調が効いていなくて暑いけど、サンクリのDホールに比べれば!
ということで、退場しなければいけない12時30分まではまだ十分な時間があるしと、VISTAの新刊や電脳電波発令所のコピー誌、来ないと死刑だからのカタログを買ったのはともかくとして、3階もろともじっくりと、いろいろなサークルさんの本をさらにチェックすることにしましたよ。

おかげでノーマークだったサークルさんのよさげなコピー誌を買ってみたり、メガネっ娘のレイヤーさんが可愛すぎ・・・などという余裕もあったりと、予想していた阿鼻叫喚はどこへやら。

さぞやいいイベントになったであろうリリカルマジカルと比べると、カタログが入手しづらかったことや会場周辺の混乱からしてなんかやっぱ・・・と、蓋を開けるまでは思っていたわけですが、いざ入場してみればごくごく普通のオンリーイベントだったなあ、と。

禁則事項ですキョン君(はあと)・リリカルマジカル戦果ただ、その「入場」がひとつのハードルだったわけで、批判があるのももっともなんだろうけれど・・・
でも、参加者を捌いたスタッフさん、入替制での頒布の配分に気を遣ったサークルさん、お疲れさまです・・・などと思いながら、12時23分に退場したわけですが、客観的にみて今日の行動酔狂極まりなく、通運会館から外に出たバカモノの上には雨が降ってきましたよ。

それでも、今からまずとらのあなに行くわけだけどな!