12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Jun 11, 2006

アキバ・オブ・ザ・デッド on 060610

ADSLモデムが逝去、このひと月あまりのネット環境は32KのPHSだったりするのですが、カタログの予約受付もはじまったことだし、このままでは夏コミのサークルチェックに支障が・・・
などという理由でもって、朝イチでサポートに連絡して新しいモデムやらサービス変更やらを申し込み、晴れ晴れとした気分で今日もアキバへと向かいました。

書店委託同人誌、いち早く入荷されたメロンブックスでは完売しているものの、他のショップにはこの週末に入荷されるはずのアンニュイ赤蛸例大祭新刊(コピー誌のオフセ版)が今日いちばんの目的・・・だったのですが、とらのあな1号店に行くも見当たらず、ホワイトキャンバスなら!と思うや本店・新2号店ともに入荷なし・・・ orz

まあ、瞬殺されることもなかろうし、されたとしても再入荷があるだろうけれど・・・などと店内でうなだれていたら、オタク友だちのUくんから電話が。
サンクリの事前打ち合わせなんだけど・・・ あ、いまホワキャンにいるの?w」

新2号店では、「アキバに来たらホワイトキャンバス~!」などとアニメ声の音声を流しているから居所が即座にバレたわけですが、それはともかく、Uくんや月厨Yくんも今からアキバに来るかもとのこと。
じゃあ、彼らにヲチされていては買いづらいブツを買うこともあるだろうし、さっさと巡回を済ませることにしましょうかね。

中古同人誌、某ショップにおけるキトキス新刊はロマンティック身体検査のコピー誌+イラストカードが1,260円、Petite*Cerisierのコピー誌は1,570円、ポストカード付きだと2,100円と、各々他のイベントの本よりも値付けが高め。さもありなん。
すでに売れてしまっているし、本のみではあったものの、池袋の某中古同人誌ショップでは400~600円だったことを考えるとなんだかなあ、ではありますが。

また、今までアキバで現物を目にすることのなかったあいすとちょこみみけっと新刊は、本だけで29,400円(B級品)~31,500円、下敷き付きは73,500円。各ショップともようやくヤフオクの相場チェックが済んだようで、複数のショップでショーケースに陳列されていました。

今さらコミック版「涼宮ハルヒの憂鬱」1巻【AA】を購入したのはともかく、同人誌については特に食指の動くものはなし。
ただ、やはり商業で買いたいものがあるのだけど、友人2人にチェックされた日には人格を疑われるようなブツだし・・・と躊躇っていたら、一向に連絡がなくどうやらアキバには来ない模様。

ならばと、K-BOOKS商業コーナーの奥で売られているそれらを購入して撤収したわけですが、そのあとでYくんから連絡があり、夕方から池袋でサンクリの事前打ち合わせをしようかという話に。
アキバで何を買ったかチェックされることは必定、ヤバス・・・

ハルヒで誤魔化そうかと思うも、バッグが膨らみすぎでかなり無理。
会うまでにコインロッカーに隠匿するしか!などと思っていたら、Uくんが明日のローゼンメイデンオンリー「薔薇の紅茶会」のサークルチェックに忙しいらしく(未確認)、結局ボツに。ラッキー♪

ということで、晴れ晴れとした気分でマンガ喫茶へ行き、今さら「おおきく振りかぶって」【AA】を全巻読破したりしたあとで帰路につくことにいたしました。

ラブ★コンパスネットりんかい線でコミケに行くときに、パスネットに刻まれる「国展」の二文字はオタクの烙印、もしカタギの友人に見られたら・・・

まあ、その意味が解るはずもないのですが、ともあれカミングアウトしていないオタクかつチキンとしては、夏コミ専用にこのようなパスネットを買ってみたり。
そして、オタクとして読むべきマンガすら読んでいなかったりする半可通であれば、映画化もされるというこの作品がなんであるか、もちろん分かっているはずもありません。

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

アキバ・オブ・ザ・デッド on 060610

コメント
コメントを書く