12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

May 27, 2006

アキバ・オブ・ザ・デッド on 060527

さらば、とらのあな2号店!・゚・(ノД`)・゚・1号店との統合による、その閉店を惜しむ涙雨の降るアキバ・・・ということで、今日は当然とらのあな2号店から徘徊開始ですよ!

・・・えーと、まだ10時40分なんですが、なんで3階も4階もレジの列が店内を一周して入口にまで伸びているのでしょうか?

あまりのことに怯んで、そのまま踵を返そうとするも、いや、「真のとら」の最後なんだから!と、突入を決意。
抽選(1,000円ごとに1回)でもらえるタペストリーを手にしている人が結構いるなあ・・・と思いながら、こもれびのーとロケット燃料★21などの例大祭新刊を手に最後尾に並んだわけですが、まさかレジに辿り着くのに35分もかかるとは・・・ orz

まあ、1万円前後のお買い上げをしている人が少なくないからでしょうが、だからこそタペストリーをゲットすることは珍しくもないんだろうなあ・・・ どの絵柄が当たるかはともかく、レジで自分の前に並んでいた人は13Kのお買い上げで二つもらっていたし、確率は1/10くらいかな?
で、2千円買っただけの私はアタリを引くことなど叶わなかったわけですが・・・ ふんっ、別にそれほど欲しくなかったんだからねっ!

ところでそのころ、オタク友だちのUくんは「秋葉原店4周年感謝祭」が開催されている某同人誌ショップへ突撃していたり。
開店待ちのオタクの行列がビル周辺にとぐろを巻いたらしく、いざ開店したあとで「とりあえず言えること。有名人大集合」という報告のメールが届いたりしてテラワロスwww

それはそれは高価で激レア!な「幻の一品」を躊躇うことなしに買っている人や、安価な中古品や委託同人誌で3,150円にして100枚限定の瀬浦沙悟さんのイラストテレカをゲットしようとしている人で溢れかえった店内は、かなり濃かったとのことでした。

といった話を喫茶店で聞いたあとで、自分もUくんと一緒にその某同人誌ショップに突撃することに。
あいすとちょこ「ぽてアン」はK-BOOKSより安いねとか、Sound Horizon「Chronicle」のお値段スゴス・・・とかやりつつショーケースをチェックしていたら、あっ、前は21,000円だったぴめこさんの色紙が8,400円に値下げされているよ。

この値段ならやはり捕獲するべきか・・・と考えていたら、「開店直後はなかったのに」と言うや姿を消していたUくんが店員さんを引き連れて、「その右から二番目の色紙をください」と指さす先にはぴめこさんの色紙が・・・
ということで、悩んでいるうちに身内に狩られました・・・ orz

なんか友情に亀裂が入った音がしたのは空耳かしら・・・と思いつつ、そのあとはいつも通りに同人誌ショップをかたっぱしから巡回。
委託同人誌では、bolze.はともかくとして、やっぱ例大祭新刊ばかりが目立つなあとか、Dカルトのショーケース、ぽっかりと空いているスペースにあったものはやっぱアレかなあwとかやりながら、さて、もうすぐ14時だねと、また某同人誌ショップへ。

「秋葉原店4周年感謝祭」のひとつ、14時からの「イベント限定コピー誌販売」はやっぱ気になるしね!
・・・でも、委託同人誌を陳列する平台にダンボールを三箱置いて「はい、どうぞ!」ってのは、なんか違うんじゃないか?

ということで、販売が始まるやいなや、周辺にたむろしていたオタクたちが我先にとダンボールを漁る光景が展開、エサに群がる猿山の猿かよっ!

さすがにこれは人間の尊厳というものが・・・と、ダンボールに触れることなくギブアップ。レジ付近の店員さんと一緒にニラニラ眺めることにした俺に足りないのはやっぱ覚悟だよな。
「自分で漁れない箱は他人が漁るのをチェックして、確保されなかったら横から抜くようにしたよ」などと、10冊ほどお買い上げしてrefeiaさんの下敷きまでゲットしたUくん、君はホント立派だよ。(棒読み)

なお、オークションでの販売となった七尾奈留さんの色紙は20万円、池上茜さんの色紙が15万円という開始価格。前者は落札されなかったものの、後者はどこかの勇者がお持ち帰りしたようで、もうね(r

ところで、店内を近々レンタルショーケースにするらしい某中古同人誌ショップのレジでは、店員さんと常連さんが「色紙を売るのはなんかなあ・・・w」とかなんとか会話をしていたり。
・・・まあ、なんというか、とりあえず今日のアキバではとらのあなメロンブックスは霞んでいたのかもしれません。

アキバでやるべきことはやったので、いや、自分は大したことはしてないけれど、なにはともあれ池袋に移動。
アキバでは配布が終了しているコミック版「Fate/stay night」1巻の特製小冊子がまだもらえるのならと、とらのあな池袋店でUくんともどもクマーとなったり、某中古同人誌ショップでみみけっとボロニャーズ「BLACK×PINK」が参考展示であることに、「ヤフオクを参考にしようと思ってますと、素直に書けばいいじゃんw」と思ったり。
そして、買ったばかりのサンクリ32のカタログを喫茶店で軽くチェックしたあとで、ようやく家路につくことにいたしました。

で、サンクリ32についてのUくんとの会話。

「Uくん、前回はDホールでやらかしたんだから、今回もDホールを担当して名誉挽回するべきだよ」
「Dホールを担当して汚名挽回するのはどう?」
「・・・チョンギルよ?」

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

アキバ・オブ・ザ・デッド on 060527

コメント

こんばんは。おおぅ!秋葉ではFateの小冊子は終了でしたか、今日池袋で買った時に
貰えたのはラッキーだったんですね・・。
今日は車の納車で秋葉まで行けなかったのですが・・行けばよかったかな!
そう言えば虎2号店が今日で終りでしたね・・寂しいなぁ。
沙悟荘のテレカ欲しかったですが、大混雑だった感じですね、無理もありません100枚
では・・・。
猿山の猿?ああっ見たかったですよ?と言うか実際居たら私も猿になりそうで怖いです。
ぴめこさんの色紙2万1千円が8千4百円!いやまだ高いです、でも身内がご購入とは
何となく分かります、ほら友達とかですと好きな絵とか似てきませんか?時々全く逆の人も
いますけど、概ね趣味が似ちゃいます。

投稿者: JW1 (May 29, 2006 12:27:36 AM)

> JW1さま

とらのあな池袋店は同人誌であれ商業であれ、アキバでは刈り尽くされたものが残っていることが多いからいいですよね。

で、沙悟荘さんのファンのJW1さんでしたら、某同人誌ショップの100枚限定テレカはそそられたことでしょうけれど、そこそこ必死にならなければいけなかったかもですよ(笑)
また、その某同人誌ショップの名誉のために記しますが、「イベント限定コピー誌販売」は結構お値打ちな価格ではありました。

> ほら友達とかですと好きな絵とか似てきませんか?

楽屋オチなネタをブログで書くべきではないことは重々承知ではありますが、Uくん、JW1さんのこのコメントについての感想(あるいは弁明)を、来月のサンクリまでに30字以内でまとめておくようにw

投稿者: lein (May 29, 2006 11:14:11 PM)

コメントを書く