12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Mar 7, 2006

ベサメムーチョ・鳴子ハナハル「かみちゅ!」

かみちゅ!(1)アニメーション「かみちゅ!」は、舛成孝ニ+倉田英之+羽音たらくという強烈なスタッフによる「プロジェクト」であるように思え、そして第一回を観るやあまりのクオリティに感心してしまったものですが、さて、その放送開始前のこと。

「コミカライズを鳴子ハナハルさんが!」と、連載がはじまったときの電撃大王を勇んで買ったはいいけれど、ねねね萌えであること甚だしいほどにたらく絵があまりにもツボな身としては、複雑な思いとともに読んだところ・・・
うん、さすがの出来映えだ、と。

同人誌即売会では参加者が殺到するという、そのラベリング効果とかではなしに、鳴子ハナハルさんの力量がはたして炸裂。
とらのあなの単行本購入特典のイラストシートで、倉田英之さんが「女子中学生に対するは」と宣っているのは、方向がなんかちょっと違うような気がするけれど、いや、この人のマンガがエ■いのは当然だけど、とにもかくにものハイレベル。

まあ、単行本を改めて読み直してみると、野郎や八百万の神の描き方がぞんざいという気がしないでもないですが、ゆりえに光恵、祀の三人を、そして瀬戸内の町で繰り広げられる不思議な物語をどのように見せるのか、それが作品の骨子なのだから、画力といい構成の妙といい、まさにこのプロジェクトにはうってつけの起用であったと言えましょう。

かくしてオタク系の書店おけるこの第一巻の入荷量は途轍もないものとなり、さらに初単行本とあっては凄い売れ行きだったようですが、ともあれそうした局地的な読者だけのものにしておくのは惜しい、より広く読まれるべきな作品、そして作家であることは間違いないように思います。


【関連記事】
アキバ・オブ・ザ・デッド on 060128
たかみち作品ONLY同人誌即売会「乙女たちの憂鬱」

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

ベサメムーチョ・鳴子ハナハル「かみちゅ!」

コメント
コメントを書く