12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Feb 12, 2006

三都物語(池袋・浜松町・秋葉原) on 060212

都産貿に行きたかったものの、用事があって昨日はカタギな一日を過ごした私。今日はやります!
・・・と、誰に息巻いているのか分かりませんが、なにはともあれ「8周年大感謝キャンペーン」第2週、QP:FLAPPERの2枚組テレカをゲットするべく、開店前のとらのあな池袋店にゴー!

060212はす向かいのパチンコ店に並んでいる人たちの方がむしろ真っ当だよな・・・などと、一般人の視線に羞恥プレイな気分になりつつ、さて10時。
30人ほどの開店待ちの行列は黙々と階段を上り、2階や4階に逸れる人などいるはずもなくみな一路3階へ。

しかし、この時期に5,000円以上お買い上げするのはなかなかに困難だ・・・と悩んでいてもしょうがないので、いくらこのブログが恥知らずとはいえ、さすがに書き記すことは憚られるブツでもってハードルをクリア、引換券を確保。

アキバでは完売した「A-ZONEへようこそ!」とか、いとうのいぢさんのCG集とかで5,000円にした方がよかったかな・・・というのはあとから考えたこと。
10時50分時点で引換券の配布が終了していたことを考えれば、速攻でレジに並んだのは悪くない判断だったよな・・・と、自分を正当化しながらさらに4階で買った、いくらこのブログが恥(中略)なシロモノもろともコインロッカーに放り込んで、アキバへと移動するとしますかね。

ということで、今日都産貿へと出陣したのはオタク友だちのYくんで、主目的はアイドルマニアックス
しかも、前日になり行くかどうか迷いが生じながら、「いや、やっぱLALASTUDIOの新刊をゲトしてくるよ! ( `・ω・´) 」とメールで宣言、自ら退路を断つ天晴な姿勢で、8時に現地入りしての参加。

とはいえ、その他のお目当てのサークルは、ことごとく欠席だったり頒布物がなかったりする憂き目に。ならば返す刀で!とばかりにふたけっとSDFイベントに突撃するも、状況は変わらなかった模様。
おつかれさまでした・・・ていうか、東方まんがまつりに遠征してもよかったかもねw

なお、参加サークルがひと桁で話題の某イベントは、確かに閑散としてはいたものの、同時開催のコスプレイベントの方にはそれなりに人がいたとのことでした。

そして、来週のコミティアコスチュームカフェ二元共同購入の打ち合わせの必要もあれば、疥癬グループのリーダー・Uくんを含めた三人でアキバに集合。
昼食をとりながら、桃月祭アイドルマニアックスのおみやげ交換をしたり、来週ゲットするべきサークルのリストアップをしたりしたのちに、さて、アキバを巡回するとしましょうか。

書店委託同人誌、この週末のイベント新刊が早速あれこれ入荷されている中で、とらのあな1号店で目を惹いたのはやはり再入荷された亜星建設。以前入荷された折には瞬殺、今回も勿論1限でした。

メロンブックスには珍譜堂ローゼンメイデン本がようやく入荷。
まんだらけではSPINERGY桃月祭新刊もさることながら、にじいろ桜冬コミの本+クリアファイルがまた売られていたことに感心してみたり。

中古同人誌ショップにおける、この週末のイベント新刊の相場といえば、ARESTICAのオフセ折本が1,575円、沙悟荘の無料配布ペーパー(コピー誌)は3,150~4,200円。
心ないイベント参加者のために、同人活動への意欲が萎えてしまった某サークルさんの本は2,100~3,150円でしたよ・・・ といったあたりが大概のショップで目にしたもの。

また、あるショップでのみ 神様にお願い! ふたけっとGAME DOME浜松町店の新刊、3,150円ナリを目にしましたが、これはさすがに書店委託してくれるよね・・・

コインロッカーのあやしいブツを回収するために池袋へと戻り、とらのあな池袋店で朝はなかったはずのどろぱんだTOURS冬コミの本が再入荷されていることにビックリしたり、某中古同人誌ショップでは沙悟荘のペーパーは2,100円か・・・というのをチェックしたのちに帰路につくことにしたわけですが、最後に今日、関東在住のオタクを早起きさせたもうひとつのイベントの話題を。

まんがの森町田店における「かみちゅ!」1巻【AA】、鳴子ハナハルさんのサイン本販売。さる筋の情報によれば、用意されたのはおそらくは20冊で、9時半頃にその旨が伝えられた時点、開店(11時)待ちの行列は 50 70人くらいだったとのこと。

ふとヤフオクを覗いてみると、コミック失楽天「鳴子ハナハル特集号」が出品されているのはまあもっともとして、K-BOOKSの下敷き+テレカセットがなかなかの値段になっていたりと、いくら旬であるとはいえ、いつもながらにオタクのリビドーってやつは・・・
と、人ごとのように思ったり思わなかったりしながら、日曜の夜が暮れようとしているわけでございます。

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

三都物語(池袋・浜松町・秋葉原) on 060212

コメント

こんばんは。都産のイベントは欠席が多かったのですか・・ふたけっと行こうとしてましたが
体調悪くて断念でしたので正解だったかな・・それでも秋葉には行きましたが。
沙悟荘のペーパー高杉!無料配布のペーパーなのにね、誰が買うのだか・・ああ言うのはもはや
見るだけですよ。A-ZONEへようこそ!は池袋の虎にはまだあるって聞きましたけど、秋葉では
無かったですねぇ。今の時期は5千円以上は難しい!冬コミ直後なら、いざ知らず私なんか今日
虎で買ったのは秋葉虎3号店で100円本3冊のみでした、もうそろそろ冬コミ新刊は打ち止めです。

投稿者: JW1 (Feb 13, 2006 1:52:56 AM)

沙悟荘のペーパーは再録集本にも載るらしいのでちょっと安心しました。

投稿者: 通りすがり (Feb 13, 2006 6:57:06 AM)

> JW1さま

欠席や新刊なしが多かったのは、友人や私が欲しかったサークルの話ですけどね。巻田佳春さんとか。
「A-ZONEへようこそ!」は、とらのあな2号店に完売の告知がありましたね。17時頃の池袋店では「残部僅少」のプレートが貼られてはいたものの、まだ入口正面で売られていましたけれど。

で、やはり5千円はしんどかったです・・・
私も冬コミ新刊はほぼ打ち止め、同人誌では無理だから、ピー(自粛)な同人ゲームで強引にカタをつけました・・・


> 通りすがりさま

コピー誌やペーパーまでおさえ続けるのは難しいですしね。
だから、好きなサークルさんには「コピー誌はなるべく出さないで・・・」と祈ったりして(笑)

投稿者: lein (Feb 13, 2006 9:50:19 PM)

コメントを書く