12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

May 8, 2005

アキバ・オブ・ザ・デッド on 050508

3,000円以上のお買い上げで週替わりの下敷きがもらえるメロンブックスプレゼントフェア。そんな餌に俺がクマー!と言いながら、本日から配布されるのはlifeの中の人のイラストであれば、そう欲しくもなかった「アキバのディープな歩き方」と、発売されてはや一年の「マリ・アン・ゼロ」を今さら購入(計3,825円)、案の定釣られたところから本日の徘徊の始まり。

東方祭でこのところとんでもないことになっていたとらのあな1号店、13時時点では三階よりも四階の方が混雑している状況。ただそう真新しい入荷はなく、買わないまでもやはりむしろ東方コーナーの新刊に目を惹かれました。また、例大祭でがんばってゲトした某サークルの本は委託されていないようで、友人・Yくんはとりあえず安堵している模様(未確認)。

某中古DVDショップ、あの死霊のえじき・最終版」はさすがに2,980円に値下げ。ネタとして所持するとしたら妥当な値段ではありますね。しかし問題は「サンゲリア」、高画質が期待できる25周年アニバーサリー版が3,990円で今週発売されるのに、「稀少(レア)」のプレートを付けて4,380円(定価4,935円)ってのはいかがなものかと。ちなみに「地獄の門」は4,980円、まだ石丸電気やamazonで買えるのですが・・・?

その石丸電気SOFT1、ホラーコーナーは依然として投げやり。相変わらずの「悪魔のいけにえ ドキュメンタリーパック」に加えて「メサイア・オブ・デッド / ザ・ゾンビ 黒騎士のえじき」が目立つように陳列されているのはよしとしても、あとは今さらのタイトルをおざなりに置いている状態。
上述の「サンゲリア 25th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION」や「サスペリア アルティメット・コレクション DVD-BOX」といった大物が控えているだけに、しょうがないような気はしますけどね。

同人ショップの中古コーナー、ゴールデンウィーク中のイベント新刊で目に付いたのはLeft side(オフセ)が4.2K~5K、けもこも屋(コピー誌)が4Kといったあたり。前者が5Kで売られているのを以前確認した店では、今日見たらなくなってはいましたが。ちなみにレヴォ・ファイナルの新刊はまだそう値崩れしていない状況でした。

050508とらのあな2号店が「同人ソフトに特化した店」として今週リニューアルをするとのことで告知のチラシが。1号店は人大杉になることしばしばだし、こっちの方が駅から近いしと、同人誌を買うのに2号店の方を利用することが多かったのに・・・という人は少なからずいるはず。商業を買うにも一階入口すぐそばが新刊コーナーになっている1号店は使いづらいですしね・・・

などとやりつつ本日は、アキハバラデパートの古市庵でアキバそばを食べた後14時に撤収。地元で国際興業バスを降りる際、なんか妙なチラシがあるのをオタクの嗅覚で察知、一枚取ってみると学生専用の年間定期券についてマンガで説明したもので、登場人物が通う高校は「聖リリヤン女学院」とのこと。サイトはこうで、まあ以前から腐女子によるものと思しき同人的な絵柄の宣伝ポスターを車内に掲示してはいたのですがここまでやるか、と。あ、もちろん誉め言葉ですよ?

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

アキバ・オブ・ザ・デッド on 050508

コメント
コメントを書く