12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Apr 10, 2005

TVアニメーション「AIR」 DVD Vol.1

AIR 1 通常版これが私の御主人様」の第一話、肌色スパッツネタや風呂はグッジョブでしたが、全体としてはなんだかなあ、と。そこで2ちゃんのアニメ板へ行ってみると、後番組であるというだけで「AIR」と比較されてなかなか賑やか。

それはそれとして、ファンの方々には悪いのですがあの絵がどうにも・・・とゲームをやったことがない人間としては、この作品は映画版は勿論、BS-iでTVアニメ版の放送が開始された時にも当然スルー。しかし、とらのあなしかりゲーマーズしかり、どこへ行っても耳にする主題歌を「いい曲だなあ」と思ってしまった上、あまりの評判のよさと初回限定版のパッケージの綺麗さに、ついふらふらとDVDを買ってしまいました。あ、そこの関係者、ツッコミは不可ですよ?

ともあれそういう人間がこうしたネタを書くのは不適切であり、実際に第一話の序盤、観鈴の「にゃはは」でいきなり逃げたくなった私。その後の「がお・・・」は一般常識として知っていたので無問題だったんですけどね。
そして、その後若干無理気味にキャラクター紹介的な話が続く展開には正直やれやれ、と。ただ、予想していた通り作画は綺麗だし、佳乃の「魔法が使えたらって、思ったことないかなあ」のくだりの演出も上々、評価する人がいるのは解るけど、といった感じで観ていたのですが・・・

 「ただ、もうひとりの自分がそこにいる、そんな気がして・・・ それって、ロマンチックだよね?」

おそらくはこの物語のテーマが提示されるラスト、誇張ではなしに鳥肌が立ってしまった以上は自分の負け。
Key/ビジュアルアーツの作品が好きな人というのは、おそらくはこうした世界観に同調しているのでしょうけれど、まるで知らない人間をも唸らせる科白と演出、これがこのアニメの評価に繋がっているのだろうな、と。

第二話もまた全体的にはまあ・・・といった感じで、ラストで佳乃が光っているのはなんなんですか?などと全く物語が分かっていないわけですが、今後のDVDリリースを楽しみにしてみよう、そう思うクオリティではありました。初回限定版で全巻買うとして、定価ベースで約36Kか・・・と思わないでもないですが、それもまあオタクの業、いつものことですしね。

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です

TVアニメーション「AIR」 DVD Vol.1

コメント
コメントを書く